現代によみがえった病、結核。

かつては不治の病と言われ、恐れられていた結核、一旦絶滅したかのように思われていたのに・・・改めて、結核についてとその治療方法等をまとめました。

view648

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 結核の定義

  •  

    この自画像は、イラストレータの人が後から描いた模写のようです・・・

  • 「労咳」という言葉があります。明治維新の頃に新撰組の沖田総司、作家の正岡子規は労咳が元で亡くなりました。かつての日本で「亡国病」と呼ばれるほどに猛威を振るった時期があり、発展途上国では今も死亡率の高い病気です。現在では「結核」と呼ばれています。

  • 結核はマイコバクテリウム属の細菌、主に結核菌により引き起こされる感染症です。1882年、細菌学者のロベルト・コッホによって発見されました。

  • 空気感染が多い為、肺などの呼吸器官においての発症が目立つ病気です。中枢神経(髄膜炎)、リンパ組織、血流(粟粒結核)、泌尿生殖器、骨、関節などにも感染し、発症する器官も全身に及びます。結核菌は様々な器官において細胞内寄生を行い、免疫システムはこれを宿主細胞もろともに攻撃するため、広範に組織が破壊され、放置すれば重篤な症状を起こして高い頻度で死に至ってしまいます。激しい肺出血とそれによる喀血、窒息死がこうした病態を象徴しています。

  • 感染者の大部分は症状が出る事が少なく、無症候性、潜伏感染が一般的です。潜伏感染の約10分の1が最終的に症状が発生し、治療を行わない場合発病者の半分が死亡してしまいます。

  • 健康21 39 復活する結核 その1 - YouTube

  • 2004年、死亡率および罹患率は慢性活動性の患者が1460万人、890万人の患者が発症し、160万人が死亡しました。その大部分は発展途上国で、先進国においても免疫抑制剤を使用している患者やエイズの患者、薬物乱用により増大傾向にあります。

  • 結核について.wmv - YouTube

  • 結核患者の分布は一定ではなく、多くのアジアやアフリカの国では約80%の人が結核の感染検査では陽性を示すが、一方アメリカ合衆国では5〜10%が陽性です。

  • 健康21 39 復活する結核 その2

  • アメリカで毎年25,000人が新たに発生し、その40%が結核の流行地域からの移民であると推定され、日本では、年間3万人(毎日80人)の患者が発生していると言われています。

  • 結核の症状

  • 全身倦怠感、食欲不振、体重減少、37℃前後の微熱が長期間にわたって続きます。就寝中に大量の汗をかいたり、咳嗽(痰は伴うことも伴わないこともあり、また血痰を伴うことがある)が疾患の進行にしたがって発症してきます。

  • 結核の治療

  • かつてはストレプトマイシン単剤の投与で効果があったようですが、現在は耐性獲得の危険があるため単剤での治療は行いません。 イソニアジド、リファンピシン、ピラジナミド、エタンブトールの4剤併用療法を行うべきであると考えられています。しかし各薬物には副作用があり注意しつつ投与する必要があります。

  • 一度発症した場合、6〜9ヶ月の投薬療法が一般的です。治療を正確に完了すれば、再発率は5%未満です。ただ治療中断により結核菌に耐性ができ、集団感染することが問題となっています。その為確実な薬の服用を目指した直接監視下短期化学療法の実施拡大が求められています。

  • 肺結核は空気感染します。排菌のある結核患者は感染症予防及び感染症患者に対する医療に関する法律により、結核病棟への入院が義務づけられています。

  • 結核の予防方法

  • 子供の頃に記憶のあるBCG、あのハンコのような丸い形状のものを集団接種したと思います。今でもそのあとが残ってませんか?あれこそ予防接種です。しかし効用は10~15年と言われています。

  • 「結核と斗う 」日映科学映画製作所1956年製作 - YouTube

     

    ちょっと古い映像、時代背景もあって露骨なシーンも若干ありますが・・・結構興味深い内容です。

  • 尚、成人を対象としたBCGワクチンの有効性については、確かめられていないので成人には接種を行っていません。