お肌や骨にも効果的!!コラーゲンを食べて若返ろう!!気になるコラーゲンの入ってる食べものまとめ☆☆

コラーゲンには若返りの魅力がたっぷり詰まっています!!
コラーゲンたっぷりの食材を食べて若返りしましょう!!

view204

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • コラーゲンって一体何???

  • コラーゲンは、たんぱく質の一種で、身体の皮膚や筋肉・内臓・骨・関節・目・髪等あらゆる全身の組織に含まれており、主にそれらの細胞をつなぎとめる働きをしています。
     たんぱく質は、多くの食品にも含まれる栄養素として、その名は誰もが知っているものですが、その正体はアミノ酸が多数結合してできたものです。
    出典 :コラーゲンとは・・ ㈱)ホーペック
  • コラーゲンにはどんな健康効果があるの???

  • コラーゲンの持つ健康効果!!

     

    ◎美肌効果
    ◎関節痛を改善する効果
    ◎骨を丈夫にする効果
    ◎動脈硬化を防ぐ効果

  • ●美肌効果
    コラーゲンを摂取することによって体内のコラーゲン合成が活発になり、肌にハリや弾力を与え、しわやたるみを防ぐ効果があると期待されています
    出典 :コラーゲン | 成分情報 | わかさの秘密
  • ●関節痛を改善する効果
    コラーゲンを積極的に摂ることで、軟骨そのものの新陳代謝を活発にすることができるため、関節痛を緩和する効果があるといわれています。【
    出典 :コラーゲン | 成分情報 | わかさの秘密
  • 骨を丈夫にする効果
    骨を構成する成分の80%がカルシウムやリンなどのミネラル、20%がコラーゲンなどのたんぱく質です。
    支えとなるコラーゲンの周りにカルシウムなどのミネラルが付着することで、丈夫な骨がつくられます。近年の研究で、 コラーゲン線維が古くなりカルシウムやリンなどの骨の構成成分がコラーゲンに付着しにくくなると、骨がもろくなり骨粗しょう症につながることがわかっています。【
    出典 :コラーゲン | 成分情報 | わかさの秘密
  • ●動脈硬化を防ぐ効果
    血管壁の強度と弾力性は、血管の主成分であるコラーゲン線維によって保たれています。
    血管が傷ついた際、通常であれば自然と血管を修復する機能が働きますが、コラーゲンが不足すると修復機能がうまく働かず、血管がボロボロになってしまいます。
    血管内の傷ついた箇所には、コレステロールなどが付着して血栓ができやすくなります。血栓が増えると次第に血管が狭くなっていき、動脈硬化の症状が現れやすくなります
    出典 :コラーゲン | 成分情報 | わかさの秘密
  • コラーゲンを含む食べものまとめ☆☆

  • 豚足

     

    豚足にもコラーゲンがたっぷりです!!

  • フカヒレ

     

    高級食材ですがフカヒレにもコラーゲンが沢山詰まってます!!

  • 鶏軟骨、鶏皮

     

    美味しくて人気の鶏肉にもコラーゲンが沢山!!

  • 魚皮

     

    普段は捨ててしまうことの多い魚皮にもコラーゲンが沢山入っています!!

  • コラーゲンの接種はこんな方におすすめ!!

  • ○肌のハリや弾力を保ちたい方
    ○しみ、そばかすが気になる方
    ○関節痛を緩和したい方
    ○骨粗しょう症を予防したい方
    ○動脈硬化を予防したい方
    ○白髪・脱毛を予防したい方
    出典 :コラーゲン | 成分情報 | わかさの秘密
     

    悩みがある人は是非コラーゲン食材を食べるようにしましょう!!!

  • コラーゲンの1日の摂取量の目安とは???

  • コラーゲンの特徴としては年を重ねていくといった老化に伴い、体内のコラーゲンも減少していくのですが、こういったところもヒアルロン酸と同じです。ちなみに、コラーゲンの1日の摂取量としては約5gとされていますが、一般的な食生活では不足しがちになると言われています。
    出典 :コラーゲンを含む食べ物・食材【納得!情報知恵袋】