朝、スッキリ目覚めるための幾つか

特に冬の寒い朝、すっきり目覚めることができずに、なかなか布団から出ることができません。冬に限らず、十分な睡眠ののち、すっきり目覚めるためには、どんなことをすればいいのでしょうか?

view218

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 人それぞれ、様々な方法があるかと思いますが・・・。

  • 言うまでもないですが、まず基本中の基本は、早寝することですね

  • 基本ですが、なかなかできないのもこれ

  • 朝早くおきる一番のコツは、早く寝ることです。

    つまり寝る時間を前倒して見るのです。5時に起きたいのであれば、6時間前の11時に、4時に置きたいのであれば10時に、というように時間を逆算して寝る時間を決めましょう。

    早く起きるための目覚ましアラームよりも、決めた時間に寝るための早寝アラームをつけるようにすると良いです。
    出典 :朝、仕事が6倍はかどる!朝にスッキリ目覚める方法 | 埼玉で朝活!自分磨きをはじめよう「埼玉biz garden(ビズガーデン)」
  • 誰もが言うのは、朝、太陽の光を浴びること

  • ■太陽の光を浴びてみよう
    体内時計をリセットするには、太陽の光を浴びること。カーテンを開けて光を浴びましょう。太陽の光を浴びながら深呼吸するのも効果的。
    出典 :2/2 目覚めスッキリ! 朝のだるさを取る方法 [疲労回復法] All About
  • 朝の光が寝室に差し込む環境を作ると随分違うと言われています。

  • 睡眠のリズムを考えたときには・・・

  • レム睡眠の周期

  • これでも大事なこと。自分の睡眠のリズムを把握し、それに合わせた目覚めを心がけると全く違います。

  • その他にも、このような幾つかがあります。試してみましょう。

  • ■太陽の光を浴びる
    体内時計をリセットするに、太陽の光を浴びる必要があります。朝起きたら、まずはカーテンを開けて太陽の光を浴びましょう。

    ■ストレッチをする
    朝はカラダが活動に向かっていく時間。ストレッチは、低血圧で寝起きが悪い人にもオススメ。布団の中で寝たままでもよいでしょう。伸びをしたり、寝たまま足を曲げて胸に抱えたり、膝を立てて左右に倒したりするだけでもカラダが動き出します。

    ■深呼吸をする
    深呼吸によって新しい酸素が取り込まれることで、気分がリセットされ、さわやかな気分になります。最後に、カラダに貯まった悪いものを吐き出すつもりで、息を吐きながら「はぁー」と声を出してみましょう。

    ■水分を補給する
    寝ている間に失われた水分を補給するために、コップ1杯の水かお茶を飲みましょう。冷たすぎる飲み物は胃腸に負担をかけるので常温がよいでしょう。

    ■シャワーを浴びる
    寝ている間は副交感神経が優位。カラダがリラックスしてゆったりとした状態です。朝はなるべく早く交感神経を目覚めたいもの。そこで、シャワーを浴びることをオススメします。シャワーはやや熱めの41℃以上がよいでしょう。時間は短めの5分以内がベストです。

    ■ 朝ごはんを食べる
    寝ている間は低体温になるので朝ごはんを食べることにより体温をあげウォームアップ! 脳はブドウ糖をエネルギー源としているので、朝ごはんで炭水化物(糖質)を摂って、脳を働かせると、やる気や集中力が出て仕事や勉強もはかどるはず。また便秘を解消する効果もあります。

    ■ 歩く
    歩くことにはいろんな効果がありますが、足の裏を刺激したり、目や耳からの情報を取り入れることで脳が活性化します。歩くことでひらめいたりヒントを得られることもあります。また他にもカロリー消費、骨を強くする、血行をよくする、生活習慣病などよい効果がたくさん。また太陽の光を浴びるので、体内時計もリセットされます。通勤の10分でも効果があります
    出典 :疲れを持ち越さない! すっきり目覚める7つの方法 [疲労回復法] All About
  • 1:朝一のご褒美を用意する

    朝ご飯に自分の好きなものを用意します。筆者は超がつく甘党なので、朝のご褒美に「コンビニスイーツ」を買っておきました。スイーツを食べるというご褒美があると思うと、朝起きることも辛くなくなります。

    2:起きる時間を一定にする

    平日も土日も同じ時間に起きるようにします。土日長く寝ているとその時は気持ちが良いのですが、月曜日に朝早く起きることが辛くなってしまうからです。起きる時間をいつでも◯◯時と習慣化することで、朝スッキリ起きられるようになります。

    3:朝一で電話をする

    同じ時間に起きなければいけない同じ勤務先の友人と、1日交代で電話を掛け合う約束をします。相手が担当の日に時間通りに電話が掛かってこない場合は、起きた方がフォローし合います。誰かのために起きることが良い緊張になり、朝スッキリ目覚めることができるようになりますよ。

    4:タイマーを起きる10分前にセットする

    エアコン、炊飯器、CDプレイヤーのタイマーを起きる10分前にセットします。エアコンで室内が適温になり、ご飯の炊ける良いにおいで嗅覚が刺激され、音楽の耳からの刺激で、目覚ましが鳴る前に自然と起きられるようになります。

    5:カーテンやシャッターを開けておく

    寝る前に、カーテンやシャッターを開けておきます。朝日が差し込み、部屋が明るくなることで体が自然と覚醒するようになりますよ。

    6:睡眠時間を90分の倍数にする

    人間は、浅いレム睡眠と深いノンレム睡眠を交互に繰り返しながら寝ています。朝、スッキリ起きるためには浅いレム睡眠の時に目覚めることが効果的だと言われています。人間のレム睡眠とノンレム睡眠のサイクルがおよそ90分なので、筆者は90×5=450分で、7時間30分寝るようにしています。
    出典 :朝スッキリ起きるための5つのコツ | nanapi [ナナピ]