逆流性食道炎、最近聞く病名ですけど・・・

テレビCMでも聞くので、この逆流性食道炎ってポピュラーな病気なのでしょうか?その症状の主なところを中心に、色々とまとめてみました。

view437

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 試しに、セルフチェックを!

  • 逆流性食道炎(ぎゃくりゅうせいしょくどうえん)とは、胃酸や十二指腸液が食道に逆流することです。食道の粘膜を刺激しびらん・炎症を引きおこします。

  • 胃酸は1日2リットル以上分泌されているそうです。そして逆流しないように閉まっている仕組みになってるなのですが、胃と食道の境目が何らかの原因で開いてしまい胃液が食道に逆流することで生じます。

  • 逆流性食道炎、症状はいろいろあります。

  • ■胸焼け、ちりちりとした胸の痛み
    ■呑酸(どんさん)
    ■むかつき
    ■食べ物がしみる
    ■食道部の痛み
    ■胃が重い、痛い
    ■喉のつかえ
    ■喉の圧迫感
    ■喉の異物感
    ■物を飲むときにひっかかる
    ■胸の痛み
    ■食欲不振
    ■口が酸っぱく感じる
    ■口の中に苦い水が上がってくる
    ■起床時の違和感

  • 原因はなんでしょうか?

  • 逆流性食道炎 - YouTube

  • 食生活・生活習慣・加齢等によって食道の「括約筋」と「横隔膜」の適度な圧力が緩む事で起こると言われています。健常者でも1日数回逆流することはありますが、短時間で少量なことから症状は特にありません。しかしこの括約筋の働きや横隔膜の圧力が弱くなることで、食道と胃の蓋が緩み胃酸などが逆流し、強い酸性の胃酸によって食道が「火傷」のような症状を起こし、荒れてしまうわけです。

  • 逆流性食道炎は、こんなヒトが罹りやすい

  • ■脂っぽいものをよく食べる方
    ■暴飲暴食な方
    ■太っている方
    ■ストレスの多い方
    ■刺激物を多く摂る方
    ■高齢者、特に腰の曲がった方
    *高齢の場合、胃・食道の蠕動運動の低下や、腰の曲がった方は、胃を圧迫し逆流が起こりやすくなります。

  • 診断の方法は?

  • 診断は殆どが問診、内視鏡検査が基本です。内視鏡検査によって炎症の有無や度合いが確認出来て、場合によってはそれ以外の原因を見つけることが可能です。

  • 逆流性食道炎、その治療は?

  • ■薬物療法
    胃酸の逆流を抑えることで多くの症状が軽減します。胃酸は胃にものが入った刺激や、ヒスタミンが刺激して分泌されます。
    なので治療にはヒスタミンがスイッチを押さないようにする「H2ブロッカー」、胃酸の蛇口を止める「プロトンポンプ阻害薬」の2つの系統、これらを症状に合せて使用されます。

  • ■外科的治療
    薬剤の治療で改善が見られない場合、内視鏡や腹腔鏡による手術などが適用となることもあります。3日~1週間程度の入院を必要とし、専門医の診断がなされます。

  • 療中・療後に必要なことは?

  • 逆流性食道炎、胃炎など、胃腸のお悩み解決のヒント - YouTube

  • ■食生活の改善
    胃酸分泌を亢進させるような食べ物(甘いもの、刺激物、脂っぽいもの)を出来るだけ控えるようにしましょう。また食後すぐに横にならない、早食い、食べ過ぎにも注意しましょう。

  • ■生活習慣の改善
    いわゆる姿勢の問題です。お腹に圧がかかると胃酸が逆流しやすくなります。背筋を伸ばしベルトや下着で締め付けたり、重いものなど持ち上げることも出来るだけ避けることが望ましいです。お酒やたばこも控えましょう。就寝時には頭をなるべく高くすることで胃酸の逆流がしにくくなります。

  • そして、ここがポイント!

  • 逆流性食道炎を克服するヒント、それは「ストレスを解消する生活を送る」ことです。ストレスとは自分自身が感じるものだけではなく、知らず知らずに体が感じています。脂っこいものがあれば、それに費やす為に体内活動は過剰に活発化し、ストレスが自然と貯まります。太りすぎて体重があれば、臓器や筋肉様々な個所にストレスが溜まります。

    ■どれだけ食べるか
    ■何を食べるか
    ■どこまで痩せるか
    ■どれくらい走るか

    という考えは効果に繋がりません。

    今やっていることはが体にストレスなのかどうか?を考えることです。