内臓脂肪から燃やす!発酵食品ダイエット

内臓脂肪から燃やして減らす、発酵食品を使ったダイエット方法について解説していきます。

view402

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 発酵って?

  • 発酵とは、ある物質が微生物(菌や酵母)の働きによって有益な方向へ変化する現象のことを指します。いわゆる発酵で働く微生物は、物を腐らせる腐敗菌とは別のもの。食品が発酵すると、においや形状が変化しますが、腐っているわけではありません。
    出典 :ダイエットに活かす!発酵食品パワー - gooダイエット
  • 発酵食品のパワーとは

  • 食品を発酵させると3つのパワーが食品に宿ります。

  • 1.体によい栄養成分が増す

  • 食品が発酵すると、栄養素やその機能がそれぞれの微生物の働きで変化します。例えば納豆は納豆菌の働きにより、独自の成分「ナットウキナーゼ」が生まれて血液の流れを良くしたり、ネバネバ成分の「ポリグルタミン酸」はお肌の潤い保持に効果があります。ヨーグルトの場合では、酵素の働きで牛乳に比べ、カルシウムが体内で吸収しやすい形に変化しています。ほか、例を挙げてもつきないほど、食品それぞれに発酵の効果が見られます。
    出典 :ダイエットに活かす!発酵食品パワー - gooダイエット
  • 2.味わい深く、風味豊かになる

  • 微生物の働きにより、発酵食品は独特の風味が増加します。一癖あるとも言える発酵食品の風味は、やみつきになる人もいれば、逆に敬遠したいという人もいるでしょう。けれどこの場合、味が苦手、というよりもにおいが苦手……という場合が多いのではないでしょうか。なぜならば発酵すると、グルタミン酸などのうまみ成分は増加しているからです。普段、調味料として欠かせない醤油やみそも発酵が生み出した味、香りなのです。
    出典 :ダイエットに活かす!発酵食品パワー - gooダイエット
  • 3.保存性が高まる

  • 発酵は、食品の保存性を高める加工法ともいえます。発酵食品は塩を使って仕込みをするものが多い、ということがまず挙げられますが、そのほか発酵作用のある微生物には、ほかの微生物の繁殖をおさえる作用があるのも大きな理由。この作用によって、腐敗菌の繁殖がある程度おさえられるので、生の状態の食品よりも長い期間保存することが可能であり、さらに「熟成」といううまみを上げる効果も期待できます。
    出典 :ダイエットに活かす!発酵食品パワー - gooダイエット
  •  

    牛乳をチーズに発酵させると、保存がきくようになり、賞味期限が長くなる。

  • 発酵食品にはダイエットにどんな効果をもたらすか

  • 発酵食品をダイエットに用いると、どんな効果があるのかどうかを解説していきます。

  • ◇脂肪が溜まりにくい!!

  • 発酵食品には必須アミノ酸やビタミンB群がたくさん含まれています。
    これらの成分は、脂肪の合成を抑え、脂肪細胞をたまりにくくさせる効果があります。
    また、ビタミンB群はエネルギーの代謝に不可欠な栄養素です。
    出典 :内臓脂肪を減らす!今話題の発酵食品ダイエット | 脂肪を落とす!お腹まわりダイエット
  • ◇代謝がよくなる

  • 発酵食品に含まれる酵素のおかげで代謝があがり、余分な脂肪が排出しやすくなります。
    内臓脂肪を落とし、お腹まわりダイエットを成功させるだけでなく、
    発酵食品は他にも健康増進作用があります。
    出典 :内臓脂肪を減らす!今話題の発酵食品ダイエット | 脂肪を落とす!お腹まわりダイエット
  • ◇抗酸化作用でエイジレス!!

  • ビタミンCやカロチンなどの抗酸化物質は、生では十分な働きをしないのですが、発酵過程でさまざまな酵素が働き、非常に強い抗酸化作用を発揮することが知られています。
    出典 :内臓脂肪を減らす!今話題の発酵食品ダイエット | 脂肪を落とす!お腹まわりダイエット
  • ◇おいしくなる!

  • 発酵すると、グルタミン酸などのうまみ成分が増加するので、料理そのものがおいしくなります!
    出典 :内臓脂肪を減らす!今話題の発酵食品ダイエット | 脂肪を落とす!お腹まわりダイエット
  • オススメ!発酵食品の食べ合わせ

  •  

    組み合わせ次第によって美味しくなり、さらに効果もアップ

  • ダイエットや健康のために発酵食品を取り入れてみたいけれど、独特のにおいや酸っぱさが苦手……という方のために、ちょっとした工夫で美味しく食べられるコツをご紹介しましょう。

    ・ 納豆×梅干、酢、薬味
    →納豆は梅干や薬味を入れて食べるとニオイが和らぎます。

    ・ チーズ×果物
    →リンゴなどの果物と一緒に食べると食べやすくなります。

    ・ キムチ×炒め物
    →細かく刻んで、肉や野菜と炒めたり、チャーハンの調味料代わりに使うと◎。

    ・ ヨーグルト×塩×サラダ
    →ドレッシング代わりにヨーグルトを活用するとヘルシーです。また、お味噌汁に少し混ぜるのもコクがアップします。

    ・ 塩麹×鍋の付けダレ
    →鍋の際は、ポン酢などに塩麹を混ぜると味に深みが増します。

    発酵食品のパワーを上手に活用し、毎日継続して食べることで、健康・ダイエット・美容に嬉しい効果が期待できるでしょう!
    出典 :2/2 発酵食品でダイエット! [食事ダイエット] All About