【自分では気づかない!?】歯周病の症状まとめ

日本人の半数、30代以上では80%がかかっていると言われる歯周病の症状についてまとめました。こまめにチェックして早期に治療を行いましょう。

view435

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 歯周病の症状

  • 歯周病の初期の段階では歯を磨く時に血が出たり、歯ぐきがムズムズするといった症状しかありません。

    しかし、歯周病がさらに進行すると歯がグラグラしてきたり、歯並びが悪くなってきたりします。
    出典 :歯周病(歯槽膿漏)になるとどうなるの?
  • 歯磨きで血が出る、というのは誰もが一度は体験したことあるのでは?

  • 歯周病のチェックポイント

  • 自分が歯周病にかかっているかそうでないか?
    自分の歯周病が今どの程度まで進行しているか?

    これらをセルフチェックするためのポイントです。

  • まずは初期段階。

  • ○歯みがきの時、歯ぐきから血が出る
    歯ぐきに炎症が起こっています。これは歯と歯ぐきの境目に歯垢(プラーク)が付着したまま時間が経ち、歯垢に含まれる細菌によって炎症が起きたものです。

    ○歯みがきの時、歯ぐきが痛む
    歯ぐきの炎症が広範囲に広がり、重症度が増しているからです。さわると痛みがあるので歯垢が上手く除去できず、ますます悪化することになります。

    ○朝、口が粘かったり臭かったりする
    歯ぐきの炎症が強くなると目では見えないところ(歯と歯ぐきのすき間)に膿が溜まってきます。その膿が自然に口の中へ出てくるため、臭いがしたり、ネバネバした感じになります。
    出典 :歯周病の進行と症状 | トピックス | 歯のページ
  • 中期はこちら。

  • ○歯ぐきが時々腫れる
    歯ぐきの炎症が強くなれば、歯ぐきやその内側の組織に膿が溜まってくるので、歯ぐきが腫れて見えます。痛みを伴う場合とそうでない場合がありますが、自然に元に戻るときもあります。

    ○歯が少し動く
    歯は骨の中にしっかりと植えられていますが、歯ぐきの炎症がどんどん進んでいくと歯ぐきの内側にある歯を支えている骨も溶かされていきます。そのため歯が動くようになります。

    ○歯と歯の間に食べ物がよくはさまる
    歯は健康な状態では、隣の歯と正しい位置関係で接触しています。1本でも歯が動くようになると隣の歯との接触関係が変わるため食べ物がよくはさまるようになります。
    出典 :歯周病の進行と症状 | トピックス | 歯のページ
  • どうでしょう?当てはまることはありませんか?

  • 歯周病になりやすい時期・人もいる

  • □ 45歳以上の方
    □ 喫煙者
    □ 妊娠中
    □ 糖尿病にかかっている方
    □ 歯みがきの悪い方
    出典 :歯周疾患の自覚症状とセルフチェック|e-ヘルスネット[情報提供]
  • 思い当たるポイントがあったら一度診察を受けましょう