脳を活性化する仮眠法まとめ

お昼ご飯を食べた後や、夕方など、仕事をしていると眠くなる事は多いですよね。
そんな時は思い切って仮眠を取るといいですよ!

view413

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 眠い事ってありますよね

  •  

    寝てはいけないけど、どうしても眠い!って思う事、ありますよね。

  • 今日午後2時半すぎまで寝てたはずなのに眠い
     

    うんうん、こういうのあります。

  • 明日は仕事…。明日は、えー、また会議資料作成か。眠いなー(^_^;

    昼過ぎと、夕方が、非常にマズい。睡魔神なる睡魔が、猛攻撃してくる…( ̄▽ ̄)
     

    この気持ちは痛いほどよく分かる・・・

  • そんな時は寝ちゃいましょう!

  •  

    少し仮眠を取る事で、脳がリフレッシュします。

  • 人の睡眠については、まだまだ分かっていないことも多いそうですが、短時間
    仮眠の効果や、うまい仮眠の取り方については、いくつかの研究があります。

    お昼に(または午後2時くらいまでに)短時間の仮眠を取ると、午後の眠気を
    防止したり、注意力の低下による「うっかりミス」を減らしたり、あるいは気分
    そのものを改善したり、血圧が下がるなんて効果もあるそうです。
    出典 :お昼休みの仮眠で、午後の仕事の効率アップ!(1):時間管理術研究所 □□ 仕事と生き方、幸せの研究所 □□
     

    仮眠が脳を活性化するという研究データもあるようです。

  • 具体的にどういう風に仮眠を取ればいいの?

  •  

    昼寝過ぎて夜寝れないのも困りますよね。

  • ダメだ。仮眠し過ぎた…。一時間だけと思ったのに。どーしてこんなことに。
     

    あるあるですね。

  • 帰って来て少し仮眠したら全然眠れない(..◜ᴗ◝..)レジュメやるか
     

    逆に翌日寝不足って事もありますよね。

  • ポイント1:仮眠時間

  • 仮眠は、15〜20分の間でとることが最も効果的です。 30分以上の仮眠をとった場合、あなたの自律神経は副交感神経というものが優位に立ち、脳は熟睡するモードになっていってしまいます。この状態になってしまうと、仮眠をとった後もしばらくは眠気が続いてしまうため、逆効果となってしまうのです。

    また、仮眠を取る時間帯については、眠気が起きる前にとるとより効果的です。なぜなら、眠気が起きるということは、既に脳に疲労物質が溜まりすぎたということだからです。眠気が起きる前に脳に休息を与えることで、あなたは集中力を維持しながら、仕事や勉強に取り組んでいくことができるのです。
    出典 :効果的な仮眠をとろう!仕事の能率を上げる仮眠のメカニズムと4つの方法 | iGotit
     

    15〜20分程度というのがポイントですね。

  • ポイント2:睡眠姿勢

  • 寝るときの姿勢は、学生が授業中に寝るように机で寝るのが一番です。
    横になってしまうと起きるのが辛くなり、また睡眠も深くなってしまいます。
    眠気を覚まして頭をクリアにするのが目的なので、浅い睡眠を目指しましょう。
    出典 :よい昼寝のための5つのコツ - 遥か彼方の彼方から
     

    ソファーやベッドに行きがちですが、そうすると睡眠が深くなってしまうのですね。

  •  

    クッションなどのグッズを使うと効果的です。

  • ポイント3:寝る前のカフェイン

  • なぜ寝る前に飲むかというと、カフェインの効き目が出始めるまでに、30分ほどかかるからです。コーヒーを飲んで、20分ほど昼寝をし、起きてしばらくすればカフェインが効き始め、スッキリする、となるわけです。
    出典 :午後の仕事をスッキリこなそう!効率的な昼寝を取る5つの方法 - ライフハックノート | ライフハックノート
     

    コーヒーではなく、カフェインが入っている緑茶などでもいいですね。

  • ポイント4:起きた後の行動

  • 仕事中の仮眠の目的は、脳をリフレッシュさせて、失いかけた仕事の効率を取り戻すことなので“熟睡”は必要とされません。うとうとするだけで十分なのですが、その際に「私は今回復している」「眠ったら仕事の効率が上がる」というメッセージを自分自身に向けて発信してあげましょう。
    出典 :仕事中の眠気に対処する「仮眠」のコツ – ガジェット通信
     

    意外と自己暗示が重要なのですね。起きた後に日光を浴びる事も効果的です。