めまいの種類、その原因を調べてみました

めまいには、ぐるぐる回るめまい、ふらつきのするめまい、クラッとするめまいの3種類があり、発生源も違います。その種類と原因をまとめてみました。

view419

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • めまいとは?

  • めまいは、目が回るようなくらくらとした感覚の総称である。眩暈・目眩・眩冒などと書く。眩は目がかすみ目の前が暗くなることで暈はぐるぐる物が回ってみえたり、物が揺れ動いて見えること。目眩は目がかすみ頭がくらくらすること。眩冒はひどく頭がくらくらして目の前が暗くなることとなる。単にめまいと言われたとき、人によって表現したい現象が異なっていることがめまいの特徴である。
    出典 :めまい - Wikipedia
  • めまいの種類

  • めまいの3つの種類

     

    ●ぐるぐる回るめまい(回転性めまい)
    ●ふらつきのするめまい(動揺性めまい)
    ●クラッとするめまい(眼前暗黒感=立ちくらみ)
    の3種類があり、発生源も違います

  • ぐるぐる回るめまい(回転性めまい)原因

  • 主に耳の中にある三半規管です(まれに脳の場合もある)。リンパ液が増えてしまったり、また、炎症を起こしてめまいが起こしたりする場合があります。リンパ液が増える病気はメニエール 病、炎症を起こす病気は内耳炎や前庭神経炎などがあります。これらは原因がみな同じです。
    出典 :回転性めまいの原因 - めまい大辞典
  • 主な症状

     

    見ている景色が右から左、あるいは左から右へ、ぐるぐる回転するようなめまいを言います。

  • ふらつきのするめまい(動揺性めまい)の原因

  • このめまいの発生部位は、主に脳の脳幹というところになります。また、小脳という部位でも起こる場合もあります。脳幹や小脳は中枢神経と言われ、とても重要な個所と言われています。そのため、動揺性のめまいは危険と言われることもありますが、危険か危険ではないかは動揺性・回転性・眼前暗黒感だけでは判断できません。動揺性のめまいでも、軽いふらつき程度のめまいだけの方は多くいます。
    出典 :動揺性めまいの原因 - めまい大辞典
  • ふらつきの種類

     

    動揺性のめまいは、「中枢性めまい」「全身性めまい「薬剤性めまい」「心因性めまい」に分かれます。

  • クラッとするめまい(眼前暗黒感=立ちくらみ)

  • 立ちくらみ

     

    眼前暗黒感は、文字通り目の前が急に暗くなることを言います。
    原因は脳の虚血状態(血流が悪くなる状態)です。
    脳の虚血状態が起こるのかというと、その原因は主に5つあります。
    1. 血圧低下・不整脈などの循環器系の障害によるもの
    2. 体位の変動によるもの
    3. 出血によるもの
    4. 薬によるもの
    5. その他の原因

  • 文字通り目の前が急に暗くなることを言います。分かりやすく言うと立ちくらみです。これが酷くなると失神に至ります。失神とはきわめて短時間だけ意識を失うことを言います。そのため眼前暗黒感のことを失神前兆と呼ぶこともあります
    出典 :眼前暗黒感の原因 - めまい大辞典