生活習慣病、がん予防のワクチンについてのまとめ

現代病ともいえるもっとも多い病気「がん」。そのワクチンについてのまとめです。

view425

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 気になるがんワクチンとは?

  • 任意で受けられるワクチン

     

    予防のために受けるか否かはアナタ次第。

  • ワクチンの定期接種化

  • 子宮頸がんなど3ワクチン定期接種化へ 厚労省(12/05/23) - YouTube

  • がんワクチンとは、がん細胞に多く発現し正常細胞には全く発現せず、がん特異性で、かつ強い免疫原性(抗原が抗体の産生や細胞性免疫を誘導する性質)をもつ、がんの予防や治療を行なうために用いる(ワクチン)製剤である[1]。通常はワクチン製剤が樹状細胞によりヒト白血球型抗原 (HLA) を介しリンパ球(細胞傷害性T細胞、細胞傷害性リンパ球)に抗原を提示して活性化させ、そのリンパ球ががん細胞を攻撃することにより、治療を行なうワクチン製剤である。ワクチンの効果を高めるため、アジュバンド(免疫賦活剤)と呼ばれる補助薬剤を通常併用する。このアジュバンドによりワクチンの効果に大きな違いが生じる場合がある。がんワクチンは必ずしも腫瘍の縮小を目指さないことから、抗がん剤などとは違った薬効の評価がなされるべき、と主張する研究者もいる[2]。

    なお、一般にワクチンとはウイルスや細菌などによる特定の感染症を予防する製剤であり、そのようなワクチンの中には子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)への感染を防ぐものもある(このワクチンは子宮頸がんを治療するワクチンではない
    出典 :がんワクチン - Wikipedia
  • 以下、発がんウイルスの感染予防目的のワクチン治療がある

  • B型肝炎ワクチン

  • B型肝炎ワクチンとは、B型肝炎の成分を使って免疫をつける不活化ワクチンです。免疫を高めるためのアジュバントという免疫増強剤にアルミニウムを使っています。しばらくすると抗体が下がってしまうため、何回かワクチンをする必要があります。B型肝炎ウイルスを持った母親から生まれた赤ちゃんには保険診療で予防ができますが、一般的には任意接種として自費になっています。
    出典 :B型肝炎ワクチンの接種・時期・副作用 [予防接種・ワクチン] All About
  • B型肝炎のワクチンを知って、子供を守ろう

     

    B型肝炎ワクチンはとは任意のワクチンです。
    任意接種でもみずぼうそうやおたふくかぜワクチンは多いのに、B型肝炎ワクチンはあまり知られていません。
    はじめて耳にする人もいるかもしれませんが、B型肝炎は、だれでもかかる危険性があります。
    赤ちゃんのために、B型肝炎ワクチンのことをきちんと知って、大切なお子さんを守ろう。

  • HPV(ヒトパピローマウイルス)(子宮頸癌)ワクチン

  • いずれのワクチンもワクチンに含まれているタイプのヒトパピローマウイルス感染症を防ぎ、子宮頸がんなどの発病を予防します。子宮頸がんを引き起こすウイルスには多くの型があり、できる免疫が弱いので、一度だけでなく何回かかかることもあります。ワクチンの種類によって効果のあるウイルスの型が異なり予防できるVPDが異なります。
    サーバリックス(2価ワクチン)は子宮頸がんの原因ウイルスの2つの型に効果があり、ガーダシル(4価ワクチン)はさらに尖圭(せんけい)コンジローマの原因ウイルスの2つが追加され4つの型に効果があります。両ワクチンともに、効果は20年くらい続くと予想されており、追加接種は不要と考えられています。本当にそうかどうかは、日本より7~8年前からワクチン接種をはじめた欧米の結果を参考にすることができます。いずれにしても、ワクチンに含まれていないタイプのウイルスによる子宮頸がんもありますので、必ず子宮がん検診を受けてください。検診を受ける率は、欧米では約80%ですが、日本ではなんと約20%とたいへん低いのが問題です。ワクチンを受けた方でも20歳過ぎたらすべての女性は子宮がん検診を受けることが大切です。
    出典 :HPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチン(子宮頸がんなどの予防ワクチン)- Know VPD!
     

    ヒト乳頭腫ウイルス(ヒトにゅうとうしゅウイルス)とも言われる

  • ヒトパピローマウイルス (HPV) ワクチン

     

    子宮頸がん、尖圭コンジローマ、等その他のあまり一般的でないがんの発生に関係するヒトパピローマウイルスのうちある種の感染を予防するためのワクチン。

    決してこのワクチンは子宮頸癌検診の代わりとなるものではないので、ワクチンを接種しても、キチンと子宮頸癌検診の受診や、性感染に対して注意することが重要。

  • ちょっとまって!子宮頸がんワクチンうける前に - YouTube

  • ただちょっと待って!一方では子宮頚がんワクチンにこんな声も

  • 子宮頸がんワクチン接種被害者映像 副反応のリスク - YouTube

  • 女医が教えるHPVワクチン

  • 前立腺がんワクチン、ペプチドワクチン療法

  • ペプチドとは、複数のアミノ酸からできるタンパク質で、新しい癌ワクチンといってもおかしくないと言われています。
    前立腺がんなどの癌細胞の表面にはタンパク質があり、このタンパク質は癌になると異常な数に増えるものや突然現われたりするものもあります。
    このようなタンパク質がペプチドで、癌を特定するための目印になっており、癌抗原とも呼ばれているものになっています。
    出典 :ペプチドワクチン療法とは?「前立腺がんのガイドブック」
  • TBS総力報道。ペプチドワクチン

  • このワクチンは一日に4本打つらしい。

  • ペプチドワクチンについて

  • またしても一方ではこんな声が上がっている

  • そのしくみとして

     

    賛否両論あるが、様々な情報を踏まえた上で受けましょう。