【心身症】の【治療】が適切に受けられていない人が多いようです。患者に寄り添った適切な【治療】とは。 

【心身症】の【治療】は基本的に心療内科でのカウンセリングなどによって行われます。
【心身症】は自分の悩み、心配、不安、恐怖などが社会の人間関係などに影響しストレスとなり、それが原因で現れてくる身体疾患の事です。
社会が複雑になり、このようないわば「ココロの病」を発症する人が増えてきました。

view353

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 【心身症】ってどんな病気?

  • 【心身症】は単なる心の病ではない

     

    【心身症】はストレスなどが原因で、身体に色々な症状として現れる病態の事。

  •  心身症とは「身体疾患の中で、その発症や経過に心理社会的因子が密接に関与し、器質的ないし機能的障害が認められる病態をいう。ただし、神経症やうつ病など、他の精神障害に伴う身体症状は除外する」と定義されています(日本心身医学会,1991)。
    すなわち、心身症は独立した疾患単位ではなく「病態名」であり、主にどの領域に病状が出現するかによって分類されるのです。
    以前より、1.神経性皮膚炎,2.関節リウマチ,3.気管支ぜんそく,4.本態性高血圧症,5.消化性潰瘍,6.潰瘍性大腸炎,7.甲状腺機能亢進症,の7つの疾患は「Seven Holy Disease」と呼ばれ、代表的な心身症として知られています。
    出典 :勤労者医療に係るデジタルアーカイブス > メンタルヘルス
  • 【心身症】はなぜなるの?

  • 仕事がうまくいかない、家庭生活で嫌なことが続く。大切な人と死別したなど、過剰なストレスが続くと、胃潰瘍や十二指腸潰瘍など、体の病気となって現れることがあります。これが「心身症」です。
    心身症は、心の病気そのものの名前ではなく、持続したストレスがかかっているために、体に障害が起きていると認められるときのみ使われる病名です。
    一般に、心身症は自分の感情を言葉に表現できにくい子供や、感情を抑制しやすい人に多くみられます。また、真面目で、責任感が強く、几帳面、完璧主義、自己犠牲的で、よい子すぎる傾向が強いといわれています。
    自分の内的感情に気づきにくく、その表現も下手で、身体の全体的調和の維持に不可欠な身体感覚の自覚症状が低下しています。
    そのため、治療には単なるストレス環境の除去のみならず、心理的にも長い時間がかかります。心理的な治療が不完全だと最初の症状が治っても次に別の症状が現れたりします。




    出典 :心身症とは
     

    現代は子供にもストレスが多くかかるようになってしまいました。
    子供の心身症にも注意が必要です。

  • 子供にも心身症がみられます。
    小児科領域の心身症としては、起立性調節障害や心因性の発熱、腹痛などが知られています。
    特に、起立性調節障害は、小学校の高学年から中学生にかけて最もよく発症する病気で、思春期の心身症ともよばれています。
    起立性調節障害の症状としては、頭痛や疲労感、目まい、立ちくらみなどが主なものとしてあげられます。
    また、起立性調節障害では、朝なかなか起床できないことが特徴で、遅刻や休むこともしばしばあり、不登校(登校拒否)と誤解されることが多いといいます。
    出典 :子供の心身症|心身症の症状と治療
  • 子供の【心身症】【治療】はどうするの?

  • 【心身症治療】はストレス解消が一番なんだけど・・・・

  • 人間はストレスを受けると、そのストレスから心身を防御しようとします。
    人間にはもともと、内外の変化に適応できるような仕組みが備わっていて、主に、自律神経系、内分泌系、免疫系の3つの機能で構成されています。
    そして、ストレスを受けても一定の範囲を逸脱しないように、自動的に上手く調整されるように仕組まれています。
    これをホメオスターシスといいます。
    ホメオスターシスの機能は、人それぞれ異なり、当然ストレスの受け止め方も異なります。
    ストレスを受ければ誰でもストレス反応が生じますが、ストレス反応が正常範囲を超え、ストレスに対する身体反応が病的に現れたものが、心身症です。
    出典 :心身症とストレス|心身症の症状と治療
  • タレント・中山秀征のストレスなしの人生を送る方法!中山流ストレス0%のスタイルとは? - YouTube

     

    ストレス0で暮らしたいですよね!

  • 【心身症】が原因か・・・・あってはならない事ですが、あってもおかしくない事故なのです!

  • 米旅客機機長が心身症か、機内の様子撮影したアマチュアビデオ - YouTube

     

    日本でも昭和50年代に旅客機が羽田沖に墜落したことがあります。
    その時の機長は【心身症】と診断されました。

  • 心身症型自律神経失調症とは・・・・どこも悪ないのに調子悪い・・・・