ハチミツがスキンケアに良い4つの理由

ミツバチが造ってくれるハチミツは数多くの種類があり、いろいろな色や味わいなどなどを楽しむ事が出来ますが、食生活だけで無く美容にも良いことがわかっています。ハチミツが美容・スキンケアに良い4つの理由を確かめましょう。

view292

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ハチミツについて・・・

  • 働き者のみつばちの、一番の仕事は蜜集めとはちみつ作り!

    野山に花咲く季節になると、みつばちたちは蜜専用ストローと、専用タンクを上手に使って花蜜を集めます。
    巣に戻るまでの間にみつばちの酵素で、集められた花蜜(ショ糖)は、ブドウ糖と果糖に分解されます。
    巣に戻ると仲間に渡し、受け取ったみつばちは蜜を空気に触れさせて余分な水分を飛ばしてから巣の中に貯蔵します。

    こんなみつばちの働きによって、さらりとした花蜜がとろりと濃厚なはちみつに、カラダに優しい甘みへと生まれ変わります。

    はちみつとは、みつばちにしか作り出せない自然からの贈り物なのです。
    出典 :はちみつ専門店 ラベイユ | はちみつ図書館 | はちみつについて
     

    みつばちに蜜専用ストローと専用タンクがあることを知りませんでした。

    自然界でもはちみつに不純物が入らないようにと工夫がされているんですね!

    みつばちの酵素でサラサラした花蜜が濃厚なはちみつになるとは、これも驚きです!!

  • ハチミツの種類・・・主なもの・・・

  • ・レンゲ花はちみつ

    ・アカシア花はちみつ

    ・トチはちみつ

    ・みかん花はちみつ

    ・コーヒー花はちみつ

    ・マヌカ花はちみつ

    ・タイムはちみつ

    ・ローズマリーはちみつ

    ・ラベンダーはちみつ

    ・百花蜜

    ・リンゴ花はちみつ

    ・クリはちみつ

    ・ソバはちみつ

    ・菩提樹(シナノキ・リンデン)はちみつ

    ・ナタネはちみつ

    ・クローバーはちみつ
    出典 :はちみつマニア 蜂蜜の効能・知識・料理・選び方
     

    ◆コーヒー花はちみつ・・・花の開花期間は短いけど一年中開花しているのでハチミツは十分にとれるようです。コーヒーの花の蜜から出来たハチミツですからアイスコーヒーに合うとは、陶園と言えば当然ですが一度飲んでみたくなりました。

    ◆栗はちみつ・・・個性的なハチミツで味が良くないという事ですが、その一方で滋養があふれているということだそうです。

    ◆そばはちみつ・・・個性のあるハチミツですがミネラルが多いということです。フランスではお菓子(ジンジャーブレッド)作りには欠かせない材料の一つになっているそうです。なんと色はほとんど黒だそうです。

  • ハチミツがスキンケアに良い理由・・・保湿効果・・・

  • ハチミツは吸水性が高く、保湿力にも優れており、潤い効果が抜群。

    しかも、浸透性もあるので、肌につけると、みるみる肌内部に浸透して、肌内部を潤いたっぷりにしてくれます。
    出典 :肌を美しくする天然保湿効果・はちみつマニア
  • ハチミツがスキンケアに良い理由・・・ビタミンとミネラル・・・

  • アミノ酸、ビタミンC、ナイアシン、ビタミンB群などの水溶性ビタミン、ミネラルではカリウム、ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄分などが、豊富に含まれており、肌を健康にもしてくれます。
    出典 :肌を美しくする天然保湿効果・はちみつマニア
  • ハチミツがスキンケアに良い理由・・・殺菌作用・・・

  • ハチミツには天然の殺菌作用があるので、ニキビやおでき、吹き出物の原因となる悪玉菌の繁殖も抑えてくれます。
    出典 :肌を美しくする天然保湿効果・はちみつマニア
  • ハチミツがスキンケアに良い理由・・・副作用なし・・・

  • 化学薬品と違って、ハチミツには毒性や副作用がまったくないことが知られています。アレルギー反応もごく稀に異物が混入していた場合くらいにしか起らないことが、ハチミツを医学的に研究した書籍『ハチミツと代替医療』(2002年刊行)で紹介されています。

    塗ったことで、逆に肌を傷めてしまうなんて心配がないのです。
    出典 :肌を美しくする天然保湿効果・はちみつマニア
  • ハチミツと禁忌・・・

  • ※1歳未満の乳幼児には蜂蜜を食べさせないでください。

    一般的には蜂蜜は、ボツリヌス菌の芽胞が混入している危険があるといわれ、 厚労省では1歳未満の乳児にハチミツを食べさせないようにと指導しています。

    ボツリヌス菌の芽胞は土壌や空気中などに広く分布しており、酸性に保たれている大人の消化器官の中では発芽しませんが、 消化器官の発育や抵抗力が弱い新生児では発芽し、乳児ボツリヌス症を発症させることがあります。
    出典 :栄養豊富!蜂蜜の効能すべて教えます!蜂蜜と薬
     

    1歳未満児さんには食べさせてはいけません。