認知症の介護はこうしてのりきろう!

認知症の介護はたいへんです。
相手が病気だとわかっていても、つい腹が立ちます。
介護をしている人が疲れ切ってしまうこともしばしば。
一人で抱えないで、周りの力を活用しましょう。

view421

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 認知症の介護は一人でやったらアウトです!

     



    もともと介護は社会で支えあってするものです。
    日本では昔から地域社会が面倒をみてきました。
    今はその役割を果たしているのは、行政サービス。
    どんどん使いましょう。

  • 認知症って何?

  • 認知症とは、脳や身体の疾患を原因として、記憶・判断力などの障害が起こることです。老化にともなう「もの忘れ」よりも急速に脳細胞が消失して、記憶の一部ではなく全てがなくなったりします。また、人格崩壊、妄想・幻覚といった症状を引き起こすこともあり、日常生活に支障をきたすことが多いのが認知症です。
    (2004年12月より「痴呆」が「認知症」の新呼称で呼ばれています)。

    認知症をもつ人の数はどの位?

    認知症は身近な問題になってきています。65歳以上では、約10人に一人が認知症になっています。また、85歳以上では、発症率が非常に高くなっています。


    認知症の種類:アルツハイマー病と脳血管性認知症

    認知症の多くはアルツハイマー病(43.1%)と脳血管性認知症(30.1%)です。
    出典 :認知症と在宅看護 認知症とは
  • 認知症と物忘れの違い

  •  年を重ねるともの忘れや度忘れが始まります。顔を思い出せても名前が出てこなかったり、しまい忘れ・置き忘れが増えてきます。 年相応のもの忘れと認知症のもの忘れはどのように違うのでしょう。年相応のもの忘れは、体験の一部を忘れるのに対して、認知症では体験のすべてを忘れます。食事を例にあげれば、食べたメニューを忘れるのと食べたこと自体を忘れるのとの違いです。年相応のもの忘れは、自覚があり、別の機会にひょっこり思い出せますが、認知症のもの忘れは、自覚がなく、思い出せない部分に作り話が混じります。
    出典 :認知症介護情報ネットワーク(DCnet)>認知症を知る
  • 認知症の介護は大変です

  • 色んな人がブログに書いています

  • テレビ番組でも取り上げています

  • 認知症の人への接し方のコツ

  • とにかく、ココロを広く持って!

  • 常に高齢者に対しては尊厳を持った態度で接し、その発言に対してはまず肯定をして受容します。

    高齢者は自分が受け入れられないと思うと、より強く自分の主張をして逆効果を招きます。高齢者が何を望んでいるかを考え、やさしく対応しましょう。
    出典 :||| 認知症Q&A270問 | 認知症介護のネットワーク 認知症ねっと/認知症、痴呆症、呆け(ぼけ) |||
     

    認知症の高齢者に優しくするのってとっても難しいです

  • 認知症の病状によって症状の出方が異なります。

    失語などの症状によって話し方を変えます。話しかける時は同じ質問を何度もされた場合も怒らず根気よく対応しましょう。意味が通じずわからない事を言われても否定せずに受容して高齢者に安心感を与えましょう。例えば自分の娘といわれた時は娘でなくても否定せず娘になりきります。実際に93歳でも35歳の時代に戻っているような話の内容であってもその話を続けて頂き、一緒に共感します。
    出典 :||| 認知症Q&A270問 | 認知症介護のネットワーク 認知症ねっと/認知症、痴呆症、呆け(ぼけ) |||
  • 介護の工夫にはどんなことが?

  • 着替え

    衣類の着替えは、多少時間がかかってもなるべく自分でできるように工夫してあげましょう。あらかじめ着る順番に一枚ずつ重ねておきます。
    また、ボタンやファスナー、ホックなどがあると着替えが難しいので、マジックテープにしたり、ゴム入りのズボンなどにするとよいでしょう。

    目・耳のそうじ

    目やにが出ているときは、脱脂綿をぬるめのお湯で湿らせてふき取りましょう。
    耳あかは、たまると難聴になりやすいので、綿棒を使って定期的に取りましょう。

    洗顔・歯磨き

    自分でできるように、手真似と言葉で教えましょう。
    できないときは、よく絞った熱いタオルで顔をふき、歯は、指にガーゼを巻き、うがい薬を湿らせてふきましょう。

    頭髪・ひげ・つめ

    おしゃれは精神的な張りを与えるので、忘れたくないものです。毎日頭髪を整えると、気分がすっきりします。
    頭髪は短いほうが手入れがしやすいのですが、女性の場合は強要しないほうがよいでしょう。
    また、ひげそりは毎日、つめきりは入浴後に定期的に。
    出典 :認知症ホームページ » 日常生活での介護の工夫
  • 自分一人ではタイヘン。いろんな力を借りましょう

  • まずは介護保険を徹底的に利用しましょう

  • 認知症が進めば障害者として、障害年金がもらえることもあります

  • 支えあう仕組みもあります

  • とにかく相談することが大切です

     

    役所にも、ケアマネージャーにも、ドクターにも、相談して知恵を得ることが一番大切です。
    必ず、介護の負担を軽くする方法が見つかります。