子供の気になる癖の一つ『吃音』

ごもごもごもごも良く子供に見られる症状ですが
これは改善する事が出来ます
また、改善しておくべきだと思いえます

view342

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 吃音(どもり)とは

  • 言葉の出だしが詰まったり
    早く喋ろうとして、口ごもったりする現象の事です

    もごもごしている姿を見かけたことはありませんか?

  •  

    言葉の習得期と呼ばれている2~3歳児
    このあたりにとってはごく当たり前のことです

    しかし
    大人がこれにこだわるといけません

  • 何故起きるのか

  • 親がこだわり不安になる
    日常的な変化

    などの子供が不安になる事で
    引き起こされる事が多いのです

  •  

    緊張からくるものも多く
    友達にからかわれる
    友達を意識する

    このような事でも悪化し
    習慣化してしまう場合があります

  • 対処法は?

  • ・ゆったりとした気持ちで、子どもの話を聞いてあげる 
    (早口の家庭に多いという説があります)

    ・言葉に詰まっても、気にしない素振りをし、落ち着かせて対応する
    (親が、うんうんとゆっくり頷いたり、体に手を添えるだけでも、子どもは落ち着きます)

    ・遊びなどで、気持ちに自信がつくような働きかけをする
    (自信が持てると、日常の緊張も和らぎます)

    出典 :子どもの気になる癖~吃音(どもり)~: 子育てなんでも情報館~子育て豆知識~
  • どもりは、きっとあなたも小さいころ起こしていたと思います
    それほど当たり前の事なのです
    いきなりしっかり話せた方が心配です

    ゆったりとした気持ちで見守りましょう

    殆どの場合、自然に消えていくものです

  • 長期間の場合

  • 長期間にわたり改善の兆しがなく
    就学期にはいると
    人との比較を意識する年齢になるので
    改善が難しくなる場合があります

  •  

    ・長引く
    ・顔を真っ赤にする
    ・体をひねる
    ・苦しそうなそぶりを見せる

    この場合は一度専門家に診てもらう方がよいでしょう

  • 吃音症

  • 吃音症(きつおんしょう、英: Stammering symptom)は、発語時に言葉が連続して発せられたり、瞬間あるいは一時的に無音状態が続くなどの言葉が円滑に話せない疾病。言語障害の一種のような症状を示す病気である。
    出典 :吃音症 - Wikipedia
     

    このような状態になる前に
    就学期までには良くなってほしいですよね

  •  

    必ず暖かく見守る
    ゆっくり話を聞く
    を大切にしましょう
    また、家族間の会話が早口の場合も引き起こすようです

    気を付けておきましょうね