気になる朝の口臭の原因と予防法

朝から口臭、気になります。口臭は特別なものではなく、生きている人ならば誰しも少なからずあるものです。しかしその程度には個人差があり、きつい口臭は他人に不快感を与えたり、対人関係に影響を与えたりすることもめずらしくありません。そこで、その原因と解消法を調べてみました。

view224

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 朝の口臭

  • 細菌は湿っていて温かい所を好みます。口の中は、細菌にとっては快適な寝床を提供しているようなモノです。また細菌は増殖する時に臭いのする化合物を排出します。それを止めさせることはできません。
    出典 :【過去記事】朝の口臭の原因は一体なに? 予防法はあるの? : ギズモード・ジャパン
  • 朝の口臭の原因

     

    朝の口臭の原因は色々と考えられるのですが、一番は唾液の分泌量と空腹が大きく関係しております。
    一般的に就寝中は唾液の分泌量が減り、その間に口の中に生存している細菌が繁殖して臭いの元になる成分が作られてしまうのです。
    それに、就寝中であったとしても、夕食から朝食までの時間は長く、血液中に含まれている代謝物がガスとなって肺に混ざり、ガス交換の際に口臭となって表れます。

  • 朝の口臭は、夜寝ている間につくられる

  • 歯間の食べカスが原因に

     

    もしあなたが、完全に歯磨きをしているつもりでも、ほんの少しでも歯間に食べカスが残っていれば、口臭の原因になりますよ。
    食べカスが全然なかったとしても、人の口内には常在菌といわれる、いくつかの細菌がいるために、この菌が口臭を作り出すことがあります。
    新陳代謝で気道や食道や口内の粘膜がはがれたもの、たとえば皮膚で言えば、垢のようなものを栄養源として、それに常在菌などの細菌が感染し、口臭を起こす原因になるんです。

  • 歯医者さんの解説

  • 口臭の原因には様々なものがありますが、その原因の90%以上はお口の中の細菌が産生する「揮発性ガス」というものです。この「揮発性ガス」を抑えるためには、「唾液の量」と「お口の衛生状態」が特に重要になりますが、その他にも虫歯・歯周病や、食品、全身的な病気なども口臭の原因になりえます。
    出典 :口臭【原因・予防・治療・対策】
  • 歯医者の解説

     

    ■ 唾液の量が少ない 唾液が少ないことが、口臭の原因となることがあります。
    ■ 口の中が不衛生 お口の中が清潔に保たれていない場合も、口臭の原因となることがあります。
    ■ 虫歯・歯周病・良くない歯科治療など 虫歯・歯周病や、不適合な充填物なども、口臭の原因となることがあります。

  • 口臭の種類

  • カビのにおい
    肝機能の低下や慢性肝炎などがあると、カビくさいニオイがすると言われています。
    腐った肉のにおい
    口内炎、歯肉炎、歯槽膿漏などの口内で生じる病気によって、腐った肉のようなにおいが発生します。
    アンモニア臭
    腎機能の低下や尿毒症の場合にはアンモニアのような刺激臭がします。
    出典 :口臭で病気の種類を判別する方法 | 臭いの原因対策
  • 朝の口臭の予防法

  • 朝の口臭を予防する方法は歯磨きをきちんと行なってから、寝ることです。歯磨きをしたら何も食べないようにしましょう。
    途中で食べた場合にはもう一度は磨きをする必要があります。
    出典 :朝の目覚めで気になる口臭の予防方法
  • 口臭予防のポイント

     

    口臭を予防するためには、口の中を清潔に保つことが必要です。また、虫歯や歯周病をきちんと治療しておくことも、口臭予防の大切なポイントです。
    ●食後の歯磨き
    ていねいな歯磨きを心がけましょう。
    ●舌清掃(舌ブラッシング)
    歯を磨いた後の歯ブラシで舌の上を2~3回ほどかき出すように磨いてください。舌苔を除去することで口臭を抑えることができます。
    ●歯間ブラシやマウスウォッシュ(デンタルリンス)
    歯間ブラシやデンタルフロスを使って歯垢(プラーク)の除去をしましょう。
    ●虫歯や歯周病の治療
    歯科医院で定期的に健診を受けて、虫歯や歯周病にかかっていないか診てもらいましょう。