痩せたい!でも、食べたい!そんな葛藤を劇的に和らげてくれる耳ツボの場所おしえます。

話題の耳ツボダイエット!色々ありますが、自分で簡単に出来るならそれに越したことは無いですよね?
ダイエット時の食べたい衝動に駆られる気持ちを劇的に和らげる耳のツボのポイントまとめてみました。

view706

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • まずは耳ツボとは?発祥は?

  • 国を中心に4000年という歴史の中で育まれてきた東洋医学。
    医療という概念がまだなかった古代。

    身体の表面の観察と触診による診察が行われ、
    そこから「鍼灸」治療が少しずつ発達してきたと考えられています。
    ツボは主に(経穴)と呼ばれ、治療を施すためのポイントです。
    この経穴を連結したものを経路といい、その中をエネルギーが
    滞りなく運行していれば、人は病気にになりにくいと考えられています。

    現在全身の経穴の数は、365か所あると言われています。
    耳には100か所以上のツボがあり、WHO(世界保健機構)でも認められています。

    出典 :耳つぼとは?耳つぼの効果|ティアレ公式ホームページ
  • やっぱり『東洋医学』、『ツボ』といったら中国ですね。

  • ざっくり耳のツボ

     

    耳ツボは、身体の中のさまざまな流れをコントロールするスイッチ

  • 耳ツボとは効果的?

  • 間の神経は、中枢神経と抹消神経から成り立っています。

    抹消神経は、身体の知覚・運動を制御する体性神経系と、内臓・血管などの制御に関わる自律神経とに分かれます。
    自律神経は、自分の意思では制御できません。
    耳には、この自律神経のうち、顔面・下咽・迷走という3つの神経があり、
    顔の表情筋(頬のリフトアップ)味覚・知覚(食欲のコントロール)内臓(代謝の活性)の運動に関わっています。

    耳つぼを刺激することにより、自分の意思で動かすことのできない神経に
    働きかけることができると考えられています。
    また、それぞれの神経が脳に近いということが、耳つぼが効果的とされる理由です。
    出典 :耳つぼとは?耳つぼの効果|ティアレ公式ホームページ
  • ダイエット時のツラさやイライラを劇的に和らげる耳ツボの場所ポイント4つ

  • 痩せたいけど食べるのを我慢できない」「空腹時のイライラに耐えられない」などの理由から、ダイエットに失敗した経験がある人は多いと思います。また、なかにはせっかく痩せたのにリバウンドに泣かされたという、ダイエットスパイラルに陥ってしまった人もいるはず。

    社会に出て頑張っている女性にとって、日常生活に食事制限や運動を取り入れることは、とても気合いがいること。そのため、なかなかダイエットを継続できないんですよね。

    そこで今回は、「どうしたらダイエットのツラさから解放されるんだろう」と頭を悩ませているダイエットジプシーの人にオススメしたい、とっておきのテクニックについてお話していきたいと思います。
    出典 :健康ダイエット 空腹時のツラさやイライラを劇的に和らげる耳ツボの場所4つ - Yahoo!ヘルスケア
  • 1.飢点-食欲を抑制するツボ

     

    耳の穴の前にあるふくらみの、やや下のへこんだ場所にあるツボ。

  • 飢点 きてん
    その名の通り、食欲を抑え、過食を治すツボ。痩せるツボとして有名。糖尿病にも効果がある。耳の軟骨の少し内側にある。
    出典 :耳つぼダイエット
  • 過剰な食欲に悩んでる方にお勧めのツボ。

  • 2.神門-イライラ解し、気持ちを落ち着かせるツボ

     

    耳上部のY字型軟骨の間にあるツボ

  • “しんもん”と読み、神が出入りする門と言う意味を持っているツボのことです。
    通常は手首の小指側にある小さなくぼみのことですが、実は神門はもう一ヶ所耳にもあるのです。
    出典 :神門【健康管理カラダカラノート】
  • その他『神門』の効能は便秘・味覚症状・食べ過ぎにも効果アリ。

  • 3.腎のツボ-水分の代謝を高めて、むくみを解消するツボ

     

    神門から下がったY字型軟骨の下にあるツボ


  • 全身を元気にするツボなので、精力減退、腎臓病、抜け毛などを予防。また水分代謝を高めるので、むくみの改善にも。
    出典 :耳つぼダイエット
  • 4.肺のツボ-代謝を高め、脂肪を燃焼しやすくするツボ

     

    耳の穴の入り口の際の平らな部分にあるツボ

  • 以上、今話題のポイント4つを紹介しました。
    ツボの位置がわかりにくいという人は、耳ツボをまとめて刺激すると良いそうです。
    耳全体を刺激するのも効果的。