早く妊娠したい人に、妊娠体質を作る習慣まとめ

「早く妊娠したい!」
結婚年齢が上がっている現代では、こういう思いの女性が増えています。
日頃から実践できる方法で「妊娠体質」を作っちゃいましょう。

  • mippi 更新日:2014/01/29

view303

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「憧れの妊婦生活…♪」

     

    無事に赤ちゃんを授かるために、どんなことに気を付けて生活すればいいのでしょう。

  • まずはじめに行うこと

  • ①病院へ行って、その周期の排卵日を調べてもらう。

    ②排卵日特定できたなら、排卵日に仲良しする。

    ③早ければ、その周期に妊娠。
    出典 :早く妊娠したい
  • さて、準備はできましたか?
    それでは、より確実妊娠するために、その体質づくりのために役立つ知識をご紹介しましょう。

  • 気を付けたい生活習慣

  • 妊娠しやすい体を作るために日頃からできることとは、どんなことでしょうか?

  • 体を温める

     

    冷えは万病の元。
    体を温めることで妊娠しやすくなります。

  • 子宮や卵巣のある下半身は、冷えの影響を受けやすくなっています。

    子宮や卵巣が冷えてしまうと、生理痛、生理不順、子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣脳腫などを引き起こすもととなることがあり、着床しにくくなる場合もあります。

    また、卵管を収縮させることにもなりかねません。
    出典 :低体温と冷え
  • 食生活

  • ・赤い物、黒い物は身体を温め、白い物、青い物は身体を冷やす性質があります。

    ・暑い環境で育ったものや夏が旬のもの、果物、生野菜、夏野菜は身体を冷やす傾向があります。  
    出典 :妊娠しやすい身体つくりの生活習慣・食生活
  • 生活

  • あてはまる人は要注意です。

  • 1) ストレスによる血管収縮
    2) 運動不足による循環不全
    3) 気温環境・エアコン(特に夏)
    4) 身体をしめつける服装
    出典 :冷え性は妊娠に影響するの? [不妊症] All About
  • 規則正しい生活をする

  • 母体があってこその妊娠力。子宮と卵巣だけでなく、体全体が整って初めて妊娠出産は成立します
    出典 :妊娠するには生活習慣を見直して母体作りを | 美的.com
  • ストレスをためない生活をする

  • ストレスは不妊の原因!?

  • ストレスを感じますと、それに対応するために脳から指令が飛ばされます。視床下部から下垂体へとホルモン等が流れるわけです。実はこのルートは、生殖機能を活発化させるためにも用いられます。ストレスへの処理のために回路が利用されているので、生殖ホルモンの分泌・流れが悪くなってしまいます。これによって、排卵障害・着床障害などが引き起こされてしまうわけです。
    出典 :ストレスと不妊の関係とは? | 不妊治療まるわかり
  • おすすめリラックス方法

  • アロマを利用する

     

    ハーブティーやアロマテラピーなどがおすすめです。

  • 女性ホルモンに効果のあるオイル

    フローラル系の香りのイランイランは、ホルモンのバランスを整えるほか、鎮静作用もある
    出典 :妊活中のアロマオイルの活用法 | 妊娠したいを応援する妊娠マーチ。ママになりたい便利なツール集。
     

    ホルモンバランスを整えることで、妊娠しやすい体になります。

  • 楽観的になることも大切

     

    「なるようになるさ」と楽に構えることが大切です。

  • 夫婦仲良く♪を心がける

     

    精神的な安定は、大きくリラックスにつながります。