花粉が憎い! そんなあなたにおすすめ健康法☆

マスクをしても花粉症になってしまう…そんな症状に悩まされている方も、たくさんいると思われます。いったいどうすればこの辛い悩みから解放されるのでしょうか。そんなことをまとめてみたので、ご一読ください。

  • inoue 更新日:2013/08/14

view326

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • <確認>花粉症とは何か

  • まずは基礎情報を押さえていきましょう。かかったことのない人も、どうぞ見て行ってください。

  • 花粉症の症状

    一般的症状
    主な症状は、くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみとされ、一般に花粉症の4大症状と呼ばれる。耳鼻科領域においては、目のかゆみを除外したものを3大症状と呼んでいる。
    くしゃみ、鼻水、鼻詰まりなどはアレルギー性鼻炎(鼻アレルギー)の症状であり、花粉の飛散期に一致して症状がおこるため、季節性アレルギー性鼻炎(対:通年性アレルギー性鼻炎)に分類され、その代表的なものとなっている。目のかゆみや流涙などはアレルギー性結膜炎の症状であり、鼻炎同様に季節性アレルギー性結膜炎に分類される。広義には花粉によるアレルギー症状全てを指すこともあるが、一般的には上記のように鼻および目症状を主訴とするものを指す。また、狭義には鼻症状のみを指し、目症状は結膜花粉症(または花粉性結膜炎)、皮膚症状は花粉症皮膚炎または花粉皮膚炎)、喘息の症状は花粉喘息、喉の不快感などの症状はアレルギー性咽喉頭炎などと別に呼ぶことがある。
    出典 :花粉症 - Wikipedia
     

    花粉症はとにかく辛いです!


  • 発熱
    日本の教科書的な記載では、発熱は花粉症の症状とはされていません。しかし春一番が吹いて花粉の大量飛散が始まると、毎年微熱が出てしまうという話も聞きます(私がよい例です)。アメリカの花粉症に近いとされるHay Feverは、名前の通り「干草熱」と呼ばれています。

    顔の浮腫(むくみ)
    花粉症で炎症がおきる場合もあります。炎症が起こると、血管外に白血球が出やすくなり、血しょう水も細胞間質に出やすくなります。つまりむくみやすい状況になるということです。この浮腫状態が顔に出ると、むくんだ顔になります。

    化粧品アレルギー・金属アレルギー
    花粉症の時期は空気が乾燥しています。乾燥肌、敏感肌の人は乾燥だけでも皮膚に症状がでがちですね。花粉に暴露される顔は化粧品、眼鏡枠の金属もある場所です。花粉症の時期に急に化粧品や金属アレルギーになる事があります。

    吐き気
    目、鼻、喉の症状だけが花粉症ではありません。発生学的なお話になりますが、人間の肺は、魚の浮き袋と起原が同じものです。浮き袋は消化器が括れてできた器官ですので、口を含む呼吸器系に症状を起こす花粉が、消化器系に症状を起こしても不思議はありません。砂埃を吸い込んだ時のように、口の中がざらざらした感じがする人も多いのではないでしょうか?
    出典 :くしゃみ・鼻水だけではない!花粉症の症状 [花粉症] All About
     

    くしゃみ以外にもこんな症状が!?

  • 花粉症半端ない。しぬ。
     

    人によっては本当に死ぬほどつらい症状にもなるようです。うーん悩ましい。

  • @kyochan_tvxq
    花粉症、大丈夫かなぁ(;´д`)
     

    毎年ウンザリしてしまいますよね、きちんと予防して安心に過ごしましょう。

  •  

    花粉症持ちの方は、こんな場所、歩けないですよね…。

  • 誰でもカンタン! 花粉撃退法

  • どんな方にでもできる花粉の撃退法を紹介していきます。

  • 外出したら、家に入る前に服をはたいて
     外出したら家の中へ花粉を持ち込まないよう、家に入る前には髪や服についた花粉をよくはたきましょう。もちろん、うがい・洗眼も忘れずに。
    出典 :花粉症の予防法
     

    外から花粉を持ち込まないようにしましょう。

  • かぜをひかないように
     風邪をひくと鼻の粘膜が弱り、アレルギー症状のあらわれるきっかけになったり、症状を悪化させたりするので注意が必要。
    出典 :花粉症の予防法
     

    体調管理に気を付けることもまた、花粉症対策となるそうです。

  • 外出時にはマスクとメガネを忘れずに
     厚手のマスクや大きめのメガネ(サングラス)が効果的。できれば帽子もかぶり、花粉が目や鼻に付かないように注意!
    出典 :花粉症の予防法
     

    基本中の基本ですが、マスクはやっぱり欠かせません。

  • 吸い過ぎ、飲み過ぎは禁物
     タバコの煙は鼻粘膜を刺激し、アルコールは血管を拡張させるので、症状を悪化させます。なるべく控えて!
    出典 :花粉症の予防法
     

    やっぱり煙草と酒はNG! どんなことにも言えそうな真理ですね。

  •  

    煙草は命を縮めるだけでなく、生活の質まで悪化させます。

  •  

    充血した目…見ているだけで辛そうです。

  • どうしても花粉から逃れたいなら、下記のような方法を試すのもアリかもしれませんね。