ダイエットする時に意識しておきたいリバウンドの弊害

ダイエットする時に皆さんが悩まれる項目に「リバウンド」があります。多くは、体重減に成功し止めたあとに元の体重に戻ってしまった、あるいは元の体重以上になってしまった場合ことを指します。しかし、リバウンドの弊害はそれ以外にも様々あるので確認し、リバウンドを極力減らしていけるように注意して下さい。

view371

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • まずリバウントとはどういう状態?

  • リバウンドとは

     

    ダイエットをやめた後に、体重がダイエット前、またはそれ以上に増えてしまう現象をリバウンドと言います。日本人のダイエット経験者のうち、60%以上がリバウンドしていると言われています。そしてダイエットしてリバウンドするのを繰り返していると、逆に太りやすく痩せにくい体質になってしまいます。

  • なぜリバウンドが起こってしまうのか?

  • リバウンドの原因1:ホメオスタシスと停滞期
    食事制限によるダイエットを行っていると、スタートし始めは順調に体重が減るのですが、ある時期になると体重が中々減らなくなります。これを「停滞期」といい、約1ヶ月ほど続く場合もあります。
    この停滞期の原因は「ホメオスタシス」という体の機能にあります。ホメオスタシスは、体に少量のエネルギーしか入ってこない場合、エネルギー消費を減少させて体を維持する機能のこと。ダイエット中にホメオスタシスの機能が働くと、食事の量にともなってエネルギー消費量も減少するため、それ以上体重が減らなくなるのです。
    そして停滞期にダイエットを諦めた場合でも、このホメオスタシスは機能し続けています。ですから食事の量を元に戻したとしても、エネルギー消費が以前より減少しているので、余分な脂肪が蓄積されることになります。
    出典 :なぜリバウンドするの? | ダイエットナビ | CLUB Panasonic
  • リバウンドの原因2:レプチンの量と満腹感
    ダイエットをしていると、満腹感に変化が出てきます。「レプチン」とは、脂肪細胞に脂肪が吸収されると分泌されて、脳の満腹中枢を刺激する物質です。ダイエット中に食事を減らしていると、レプチンの分泌量も減ってきます。そしてダイエットを中断し食事の量を元に戻した場合、レプチンの量も変化するのですが、これが適正量に戻るためには、約1ヶ月の時間がかかるのです。つまり、1ヶ月は食事の量を元に戻してもレプチンの量が少ないため満腹感を得られず、かえって食べ過ぎてしまうのです。
    出典 :なぜリバウンドするの? | ダイエットナビ | CLUB Panasonic
  • リバウンドで起こる弊害

  • リバウンドにより弊害が起こるメカニズム

     

    ダイエットにより摂取カロリーが極端に減ったことにより、体は生命の危険を感じます。危機的状況にあると感じた体は、体質を変化させて少ないエネルギーでなんとかやりくりしようとします。これによって以下の弊害が発生してしまいます。

  • ■体温低下
    ■怠惰感
    ■記憶力低下
    ■睡眠障害
    出典 :恐怖!リバウンドのメカニズム|ダイエット方法研究所~成功するダイエット~
     

    極端な摂取カロリー制限を課したことで、体は現在のカロリーでやりくりしようと動き始めるでしょう。またこの状態の時に、カロリーの高いものを摂取してしまうと通常以上にカロリーを吸収してしまうのです。

  • リバウンドを起こさないダイエットまとめ

  • ムリな食事制限をしないこと

     

    炭水化物ダイエットや単品ダイエット、置き換えダイエットなど、ムリなダイエットは絶対にNGです。 続かないので、確実にリバウンドしちゃいます!そこでオススメなのが、一番脂肪になりやすい食べ物をちょっぴり減らして、 野菜中心の食事を心がけるようにし、満腹中枢をごまかしちゃうこと♪

    栄養素の中でも、脂肪になりやすい順番は、
    炭水化物 → 脂 → タンパク質

    米、パスタ、パンなどの腹持ちのいい炭水化物は、 必要なエネルギーですが、脂肪にもなりやすいんですよね。 なので、野菜を中心にタンパク質をとりながら、 炭水化物を少しづつ減らしていくのがベターです。

  • よく噛むこと

     

    噛む刺激によって、脳が『ヤセ細胞』を働かせ、脂肪を燃やします!

    また、よく噛んでゆっくり食事をすることで、
    満腹中枢を刺激し、お腹がいっぱいに感じられるようになります。

    目安は、一口食べたら箸を一度置くぐらいのペースで。
    まずは3日間は試してみましょう!

    よく噛むことは、肥満解消にもつながりますよ~♪

  • 有酸素運動で内臓脂肪を落とそう
    内臓脂肪はカロリーの上下によって、素直に反応する脂肪です。食べ過ぎたときはウエストが増え、足りない時はウエストが減ります。そしてさらに、ジョギングなどの有酸素運動をすれば真っ先に落ちてくれます。もちろん、カロリーオーバーの状態で有酸素運動をしても意味がありませんが。ゆえに、運動不足でお腹が出てきたという人は、思い切ってジョギングの習慣をつけてみてください。
    出典 :リバウンドを繰り返すことによる弊害
  • 引用・出典