睡眠薬の適正な使用法と市販薬

睡眠薬の正しい使用法や副作用など、使用上の注意点を調べてみました。

view388

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 睡眠薬とは何か

  • 結論から言うと、ただ眠くなる薬です。
    間違った使い方が多いため、睡眠薬=危険(違法)と思われることさえあるかもしれませんが睡眠薬は、寝つきを良くして夜間の睡眠を維持させる薬です。
    出典 :睡眠薬とは?
  • 睡眠薬の適正な使用法

  • 睡眠薬は怖い?

     

    睡眠薬は「怖い」「強い副作用がある」「体に悪い」などの悪いイメージを持たれる傾向にあるようです。
    現在広く使用されている睡眠薬は一般的に安全で身近なものになってきています。ただし、正しい知識の元に正しく服用しないと思わぬ副作用を経験する可能性があります。

  • 医師から処方される睡眠薬に強い依存性はない。まだ、服用を始める前や始めたばかりであるなら、自分の判断で量や回数を加減せずに、睡眠薬を医師の指示どおりに服用して、現在の症状を改善することを最優先にすべき。
    出典 :不眠症に立ち向かうためのアドバイス ~睡眠薬の適正な使用と休薬のための診療ガイドラインより~ - IRORIO(イロリオ)
  • 処方箋不要の薬局で買える市販の睡眠(導入・改善)薬があるが、これらの薬は一時的(数日程度)な不眠のみに使えるのであって、不眠症患者には治療効果があるか分からない。もし不眠症状が続くのであれば、医師に相談すべきだ。
    出典 :不眠症に立ち向かうためのアドバイス ~睡眠薬の適正な使用と休薬のための診療ガイドラインより~ - IRORIO(イロリオ)
  • 睡眠薬の副作用

  • 副作用の症状

     

    最近の睡眠薬は以前のものに比べ安全性が高く、医師の指示通り正しく服用すれば、通常、副作用の心配はほとんどありません。ただし、このような症状があらわれたときには、すぐに医師、薬剤師に相談しましょう。
    注意力、集中力、運動機能の低下
    眠気
    ふらつき
    頭痛
    倦怠感、脱力感
    どんなお薬でも副作用があるように、睡眠薬にも以上のような副作用が知られています。

  • 睡眠薬の種類

  • 睡眠薬には「睡眠改善薬」と「睡眠導入剤」の2種類があります。それぞれに効果と副作用が異なります。あなたが睡眠薬を利用する場合、それぞれの効果と副作用について理解しておくことが、問題を発生させずに効果的に利用するために欠かせません。
    出典 :市販の睡眠薬の効果と副作用、注意点について | iGotit
  • 睡眠薬は、次の2種類に分類することができます。。
    •「睡眠改善薬」:市販で販売されている睡眠薬の多くがこのタイプ
    •「睡眠導入剤」:睡眠治療の医師からよく処方されるタイプ
    睡眠改善薬と睡眠導入剤では、それぞれ効果出る仕組みや生じる副作用が異なります。
    出典 :市販の睡眠薬の効果と副作用、注意点について | iGotit
  • 睡眠改善薬

     

    睡眠改善薬とは、抗ヒスタミン薬の副作用である催眠作用を利用した、眠りやすくするための薬です。
    「睡眠改善薬」は、抗ヒスタミン薬の催眠作用を利用して眠気を促す効果はありますが、深い睡眠にあなたを導いてくれる効果はありません。
    つまり、眠りにつくことはできますが、そもそもの眠れなくなってしまった要因を解消しない限り、質の高い睡眠をとり心身を十分に回復させることはできないということです。

  • 睡眠導入剤

     

    睡眠導入剤は、現在ベンゾジアゼピン系睡眠薬という種類が主流です。
    ベンゾジアゼピン系睡眠薬は、GABAという脳内の神経物質を増強することで、深い眠りへと導きます。
    GABAは、脳内の抑制系の神経伝達物質で、抗不安作用と催眠作用を持っています。GABAの作用が強くなることで、脳の活動がゆっくりとなっていき、日頃のストレスから解放され、少しずつ眠気がおこり、深い睡眠に至るのです。

  • 市販の睡眠薬

  • 病院、診療所に行くことが抵抗ある方は、市販の睡眠薬を薬局、ドラッグストアで購入できます。と言っても、正確には睡眠薬ではなくて睡眠改善薬です。病院で処方される睡眠薬とは中身が異なります。
    出典 :睡眠薬の市販薬は有るのか?|睡眠薬ナビ
  • ドラッグストアで購入できる睡眠の薬

     

    ●ドリエル・ドリエルEX(エスエス製薬)
    病院で処方される睡眠薬と異なり、かぜ薬や鼻炎薬などに含まれる眠くなるジフェンヒドラミンを配合、その作用で一時的な不眠症状を緩和します。
    ●グ・スリーP(第一三共ヘルスケア)
    同じくジフェンヒドラミンを配合しており、その作用で一時的な不眠症状を緩和します。
    ●ウット(伊丹製薬)
    頭痛、精神興奮など鎮静を必要とする諸症状に効果があります。

  • ドラッグストアで購入できる睡眠用の漢方薬

     

    ●レスティ錠(大正製薬)
    神経がたかぶり、気分がふさいで、不眠傾向のある次の諸症状、眠りが浅い、寝つきが悪い、目ざめ易いなどに効果があります。
    生薬成分は、カンゾウ、チョウトウコウ、抑肝散加芍薬黄連水性乾燥エキス。
    ●アロパノール(全薬工業)
    虚弱な体質で神経が高ぶる次の諸症状に効果があります。
    生薬成分は、カンゾウ、チョウトウコウ、センキュウ、サイコなど。