【5人に1人が悩む不眠】質の良い睡眠をとる方法

ちゃんと寝てますか?
日本人の5人に1人が不眠に悩んでいます。
質の良い睡眠をとる方法をまとめてみました。

view202

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 良質な睡眠

  • 短時間睡眠でも「質のいい睡眠」があれば、脳もカラダも充分に元気回復することが可能です。
    出典 :質のいい睡眠をとろう!|ボディリメイク
  • よく眠れない原因は?

  • 欧米では「不眠は病気」ととらえ、専門家に診断してもらうことが普通ですが、日本では生活習慣の
    ひとつとして我慢しているケースが多いのが特徴です。
    出典 :質のいい睡眠をとろう!|ボディリメイク
  • 大きな原因1:乱れてしまった生活リズム(体内時計の話)

     

    多くの現代人が不眠に悩むのは、大きく乱れてしまった人間の生活リズムに原因があります。

  • 大きな原因2:ストレスと不眠

     

    ストレスを受けると、交感神経を刺激する「ノルアドレナリン」というホルモンが分泌され、これが熟睡を妨げると言われています。

  • 質のいい睡眠のための5つのポイント

  • ポイント1:短時間でも熟睡する「90分単位睡眠」

  • 睡眠は90分周期ですが、寝入って最初の3時間は特にノンレム睡眠が集中して現れ、脳が最大限に休息します。成長ホルモンも多量に分泌されますから、心身の休息、活性化のために最も重要なのは睡眠の最初の3時間なわけです。さらに、脳がすでに活動しているレム睡眠期に目覚めれば、爽快な目覚めを得られます。つまりは最初の3時間+90分の倍数時間が、快眠に最適な睡眠時間ということになります。
    出典 :質のいい睡眠をとろう!|ボディリメイク
  • ポイント2:快眠のための日常生活

  • 軽い運動
    笑い
    昼寝の効用
    毎朝定時起床
    週末の寝だめ禁止

  • ポイント3:就寝前の快眠儀式

  • 半身浴
    軽い運動
    軽い飲酒・飲食
    呼吸法

  • ポイント4:睡眠環境を見直す

  • 寝具
    香り
    照明、色、音楽

  • ポイント5:爽快な目覚めのための儀式

  • 人間の体内時計は不思議なことに本来、1日25時間で働くようにできています。しかし地球上の1日は24時間。そこでこの1時間のズレを修正するために、脳は朝の光を認識すると体内時計をリセットするようになっています。
    出典 :質のいい睡眠をとろう!|ボディリメイク