吐き気と胸焼けでとにかく胃が気になる方必見!実は逆流性食道炎かも!?

テレビや雑誌でも昨今話題に上がっている逆流性食道炎ですが、まさか私は違うだろうと、自覚をしていない方も多いのではないでしょうか。胃の不快感や胸焼けなどの自覚症状がある方はまずはチェックしてみましょう。

view296

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 逆流性食道炎ってどんな病気?

  • 胃酸や消化不良の食べ物が逆流!

  • 逆流性食道炎は、強い酸性の胃液や、胃で消化される途中の食物が食道に逆流して、そこにとどまるために、食道が炎症を起こし、胸やけや胸の痛みなどさまざまな症状が生じる病気です。
    出典 :アステラス製薬|なるほど病気ガイド|逆流性食道炎 病気の基礎知識
     

    原因がわからないけれど、胸焼けや胃の不快感がある場合には逆流性胃腸炎かもしれません。放っておくと食道がんなどの要因にもなりかねませんので注意が必要です。

  • こんな方は要注意!

  • ちりちりする感じのある胸焼け

     

    最も逆流性食道炎の症状で代表的なものです。

  • 呑酸になる多くの原因は、逆流性食道炎である事が多いのは事実です。
    出典 :逆流性食道炎が疑われる呑酸(口の中がすっぱい)の症状
     

    聞きなれない言葉ですが、簡単に言うと呑酸は、口の中がすっぱくなってゲップが出る症状です。薄まった胃液が口の中まで上って来る時に、ゲップを誘引します。逆流性食道炎の疑いのある方に多い症状です。

  •  

    逆流性食道炎の症状として、喉のつかえや違和感を感じる場合があります。

  • 胸やけの他にも様々な症状(例えば、胸痛、喉のつかえ、しつこい咳など)がおこります
    出典 :逆流性食道炎の診断 | ご存知ですか?逆流性食道炎 www.逆食.jp
     

    様々な症状がありますので、一概に判断はできませんが、疑わしいと思った方は早めに医師の診断を受けましょう。

  • 逆流性食道炎を引き起こす原因はさまざまです

  • 最も大きな原因はストレスです

  • 単純にストレスが溜まると、胃酸過多の状態になります。
    そして、食道の粘膜が胃液で傷付かない様、胃液が食道に逆流しない様にしている器官の能力も、
    ストレスによって低下してしまいます。
    出典 :逆流性食道炎とストレスの関係~もっとも大きな要因の一つ~
     

    ストレスによって胃は正常に活動出来なくなってしまいます。それによって逆流性食道炎の要因を簡単に作り出してしまいます。

  • アルコールとタバコは控えたほうが賢明です

  • アルコールが胃の中に入ると、アルコールを分解するために、胃液が大量に出るようになります。それによって胃酸過多の状態を作り出してしまいます。また、アルコールを摂取すると、併せて脂肪を消化するホルモンが分泌され、そのホルモンが胃と食道の間の括約筋を、緩めてしまうため、逆流性食道炎を引き起こしやすくなってしまいます。
    また、タバコを吸うと、唾液が出にくくなってしまい胃酸を中和する働きが弱まってしまいます。そうなると、胃酸が逆流した時に食道の粘膜に与えるダメージを増大させてしまいます。タバコと逆流性食道炎の直接的な因果関係は明確に解明されていませんが、タバコを吸わない人より、吸う人のほうが逆流性食道炎を引き起こしやすいことは確かです。

  • おわりに

  • 逆流性食道炎は、その症状によって日常生活に不快感を抱え、仕事や生活に支障をきたしてしまう可能性があります。治療としては、投薬によって明確な効果があるようですので、早めの診断と適切な処置を受けるようにしましょう。そして、決して自己判断だけで、解決をはからず、そこからつながる大病を未然に予防しましょう。