放っておいてはダメ!!乳がんの症状・初期症状

初期段階では見逃しがちな乳がんの症状について。自己検診の方法も載せましたので、気軽にチェックしてみてください。

view2261

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 乳がんの初期症状

  • 中期以降になってくると痛みなど自覚症状も現れやすいと言われてますが、
    早期発見には初期症状で気づかなければなりません。
    よくある初期症状について紹介します。

  • 胸になぜかくぼみができていたり、胸を触ったらしこりはありませんか?。

    とくにしこりはほぼ九割の方が見つけている症状であり、一番分かりやすい初期症状です。。

    両方の乳房を比べてみたとき、乳首の位置がずれている、乳首が陥没している、乳房をつまんでみたときに乳首から何かの液体がでている、など他にもこんな現象も起きます。。
    出典 :乳がんの初期症状
  • 乳がんの可能性が高いとされるしこりの特徴としては、指で押さえたときに自由に動くというものです。
    また、進行したしこりは皮膚に癒着して硬くなる傾向があります。
    これもまた乳がんの特性の1つでもあるため、早めに病院を受診すべきでしょう。
    出典 :乳がんの初期症状って意外と少ない
  • 指で抑えた時に自由に動くしこりであれば初期段階、動かないしこりの場合は中期以降にまで進行している可能性があるということですね。

  • 乳首を搾るようにつまむと、乳頭から分泌液が出るといった症状や、乳房のどこかに皮膚のえくぼのようなへこみがある、乳房の皮膚がむくんだり潰瘍になっているなど
    出典 :乳がんの初期症状 乳がん~初期症状と自己検診~
  • しこりを作らずに、乳房の皮膚が赤くなったり熱感を伴うだけの乳がんもあります。
    出典 :乳がんに関するよくある質問のQ&A集
  • 皮膚が赤くなる・むくむ・潰瘍ができるといった症状も乳がんの可能性があるということ。
    見つけたらすぐに病院へ行って検査を受けましょう。

  • 乳がんの自己検診方法

  • 検診というと病院へ行くものだと思われがちですが、乳がんは自己検診で早期発見することもできる病気です。

  • 月に1回の自己チェック

  • 自己診断を続けることで、ふだんとは違う乳房の変化に気づくことができます。月に1回、下記の手順で自己チェックを行う習慣を身につけてください。
    自己診断は、生理が終わった後4~5日が適当です。閉経後の人は、毎月、日を決めて行ってください。
    出典 :自己検診 | 乳がんについて | 乳がん.JP - 乳がんの情報サイト
  • 生理が終わったあとは乳房が柔らかい状態なので、しこりや異常を見つけやすいのだそうです。

  • ●鏡で見ながらチェック
     乳房の自然な曲線に微妙な乱れ(引きつれ、くぼみ、ふくらみ、ただれなど)がないか、チェックしましょう。

    (1)鏡の前にリラックスして立ち、乳房の大きさ、形、色、乳頭のただれなどの変化がないか、よく観察しましょう。両腕を下ろしたり、腰に当てたり、頭の後ろで組んだりしながら左右で違うところはないか、いつもと違うところはないかチェックします。

    (2)バンザイをすると乳房の奥の大胸筋が緊張して乳房が平たくなり、形の変化がよくわかります。また、前かがみになったり後ろにそったり、横を向いたりして、いろいろな方向から乳房を観察しましょう。
    出典 :正しく身につけて! 乳がんの自己検診法 - goo ヘルスケア
  • ●入浴後、鏡にむかって
    鏡の前に立ち、両手を上げたり下げたりして、両方の乳房を観察する。
    ・ 左右の乳房の形に変化はないか?
    ・ 皮膚にえくぼやひきつれはないか?
    ・ 発赤・浮腫・ただれはないか?
    ・ 乳頭から異常な分泌液はでていないか?
    出典 :乳がん自己検診法:乳がんホームページ
  • Breast cancer self-exam 乳がんの自己検診 - YouTube

  • 1年に1度はマンモグラフィ検診を受けよう

  • マンモグラフィは、乳がんの初期症状の1つの石灰化を写し出すことができます。乳房が大きく深部まで超音波が届かない方、閉経後で乳腺が萎縮し、その代わりに乳房の多くが脂肪に置き換わっている方などは、マンモグラフィが適しています。
    また、マンモグラフィは過去のフィルムとその都度比較ができるため検診に用いられます。
    出典 :ピンクリボン、乳房健康研究会は乳がんの早期発見を呼びかけています
  • 触ってもわからないような小さながんや深い位置のがんを発見することができます。
    変化を見つけたり、不安を感じたら、すぐに専門医へ行きましょう。
    出典 :乳がんinfoナビ | 検診と検査 | 自己検診してみましょう
  • がん関連のまとめ