浮気脳って知ってる???男女で違う浮気の脳科学とは??

浮気脳って知ってますか??
男女で浮気の差が生じるのは脳科学で解明できるかもしれません!!
気になる情報をまとめてみました!!

view721

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • パートナーが浮気していたらと考えると嫌な気持ちになりますよね・・・

  • 浮気をされた人って案外沢山いるようです!!

  • 今日浮気された
  • RT @ah_rtt: やべ。浮気された。
  • 付き合って一年。お互いの良いところも悪いところもわかってきて、これからも一緒に頑張っていこうねって言ってた矢先、浮気された
  • 浮気には男性ホルモンが深く関わっている???

  • 浮気は衝動的???

     

    浮気の衝動は男性ホルモンに関係すると言われています。また、男は仕事などのストレスが溜まると浮気に走りやすく、女性は寂しさから浮気に走りやすいなど、男女共に自己の承認欲求が関係しているとも言えます。

  • 浮気ホルモン“テストステロン”って何???

  • 「男性ホルモンのテストステロン値が高い男性は、浮気する傾向が高いです。

    脳でテストステロンに反応する部分は視床下部です。視床下部はテストステロンに反応して、セックスしたい!という欲望を作り出す場所です。“セックスしたい!スイッチ”をONにするのがテストステロンなので、この値が高いと浮気しやすいのです」
    出典 :男の浮気は治らない!? 浮気に関する男女の脳科学的な違い | Menjoy! メンジョイ
  • テストステロン値が高い男性の特徴とは?

  • イケメンのムキムキは要注意です!!

  • テストステロン値が高い人はある程度外見から推測することができ、筋肉が発達していて痩せ型、男らしい外見の持ち主です。いわゆる“イケメン”と呼ばれる男性になるでしょうか。仕事もバリバリできて、出世するとか優れた業績を残すというタイプでもあります。
    出典 :男の浮気は治らない!? 浮気に関する男女の脳科学的な違い | Menjoy! メンジョイ
  • 男性の浮気癖は、脳がそのようにできているので治りません!!

     

    妻やパートナーが上手く男性をコントロールしましょう!!

  • 男女の“セックスしたい!スイッチ”の違いとは?

  • 一般的に男性よりも女性は小さい!!

  • “セックスしたい!スイッチ”そのものの話です。スイッチそのものである視床下部は、一般的に男性よりも女性は小さく、またゲイの男性でも女性と同じくらいの大きさになります。これは、胎児の時期に浴びた男性ホルモン“アンドロゲン”の量によります。

    もちろん、女性でもテストステロンは分泌されているので、上記のような大まかな分類はできますが、全体的に男性よりも性欲は低くなると言えるでしょう。
    出典 :男の浮気は治らない!? 浮気に関する男女の脳科学的な違い | Menjoy! メンジョイ
  • 「浮気をされるのはどうしても嫌!」という女性には?

  • 男性ホルモンの少なそうな人を選ぶ!!

     

    これが1番のおすすめです!!

  • “どうしても浮気は嫌!”という女性は、男性ホルモンの少なそうな人を選ぶと良いでしょう。声が比較的高く、ひげも体毛も薄く、筋肉が少なくて線が細いかぽっちゃりした感じ。そして、あまり他人と戦うことを好みません。
    出典 :男の浮気は治らない!? 浮気に関する男女の脳科学的な違い | Menjoy! メンジョイ