人生の一大イベント!”出産”まとめ

人生においての一大イベントである出産についてまとめてみました。

  • ATGC 更新日:2013/08/20

view966

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 出産とは?

  • 出産について

     

    そもそも出産とはどのようなものなのでしょうか

  • 出産(しゅっさん、独: Geburt、英: Birth, Childbirth)とは、哺乳類などの胎生の動物で、胎児が雌の胎内(子宮内)から出ること、および出る経過を指す。この過程は分娩(ぶんべん)とも呼ばれるが、出産はより一般的な語であり、社会的、文化的側面も含まれる。
    出典 :出産 - Wikipedia
  • 出産の方法について

  • 母親(母体)の膣を通って生まれる場合を経膣分娩と言う。近代以前のお産は全て経膣分娩(経膣自然分娩)であった(経過については分娩参照)。
    出典 :出産 - Wikipedia
  • 計画分娩
    母子の状態、あるいは出産する病院の都合などから、自然に陣痛が来るのを待たず、陣痛促進剤を用いて計画的に経膣分娩を行う場合がある。促進剤が効きすぎて母子に害が及ばぬよう、分娩監視装置をつけて十分注意を払う必要がある。
    出典 :出産 - Wikipedia
  • 帝王切開
    産科学が発達すると帝王切開による分娩も可能となった。自然分娩ではリスクの高くなる分娩、たとえば骨盤位、児頭骨盤不均衡、常位胎盤早期剥離や前置胎盤の場合などに、帝王切開が適用される。一度帝王切開で分娩した場合、陣痛(子宮収縮)による子宮破裂のリスクを回避するため、次回も帝王切開を勧められる。ただし母児の状況によっては、「帝王切開後の経膣分娩」(VBAC: Vaginal Birth After Cesarean) が可能となる場合もある。
    出典 :出産 - Wikipedia
  • 出産の流れについて

  • 分娩第1期:陣痛開始から子宮口が全開大まで

    10分間隔の陣痛が始まってから、子宮口が全開大するまでが分娩第1期です。お産のはじまりの準備期にあたり、初産婦で平均10~12時間と、最も時問がかかります。陣痛の間隔は徐々に短くなり、持続時問も長くなってゆきますが、一旦、弱くなったり、間隔が延びてくることもよくあります。
    出典 :出産の流れ [出産の基礎知識] All About
  • お産の始まりは肩の力を抜いてリラックスしましょう

    この時期は入院からお産まで同じ部屋で過ごすLDRルームがある施設でなければ、入院室か陣痛室で過ごします。痛みがそれほど強くないうちからいきんだり、呼吸法を始めると体力を消耗してしまいます。できるだけリラックスすること、読書や軽い食事、パートナーに腰やおなかをマッサージなどしてもらって楽な気分でいれるといいでしょう。陣痛が強くなってきたときは、自分のやりやすい呼吸法で痛みを逃がしましょう。できるだけ体勢をかえながら、自分がラクと思う姿勢で過ごすことを心がけましょう。可能であれば、お湯につかるのも有効です。
    出典 :出産の流れ [出産の基礎知識] All About
  • 分娩第2期:子宮口全開大から児分娩まで

    子宮口が全開大に近づいたら、分娩室に移動します。子宮口が10cmに全開大したからといって、無理にいきむ必要はありません。児頭が下がってきて会陰と肛門を圧迫するようになると、いきみ感が出てくるので、その時は、陣痛にあわせて自然にいきんでも大丈夫です。ただし、分娩台のお産では、陣痛のリズムに合わせて助産師や医師の合図でいきむことになることが多いと思います。子宮口が全開大(10cm)となってから、児分娩までのこの時期を「分娩第2期」といい、陣痛といきむ力で赤ちゃんが産道を少しずつ下りてきます。
    出典 :出産の流れ [出産の基礎知識] All About
  • 陣痛といきむ力で赤ちゃんが誕生します

    赤ちゃんの頭が骨盤を抜けると、後頭部が見え隠れするるようになり、この状態を「排臨」と呼びます。常に赤ちゃんの頭が見えている「発露」の状態になったらいきむのをやめ、体の力を抜き、短く息を吐く短促呼吸に切り替えるように指示されることが多いと思います。パニックになっているのでなければ、自然ないきみに身をゆだねていればOKです。努責をかけなくても、赤ちゃんはちゃんと産まれてきてくれるでしょう。

    しばらくすると赤ちゃんの頭が娩出します。医師が必要なと判断すれば、児頭の娩出前に会陰部に麻酔をし、会陰切開を加えます。児頭娩出後、赤ちゃんは体を回転させながら肩が、そして、後は一気に全身が出て、出産となります。
    分娩第2期の所要時間は、30分から4時間程度です
    出典 :出産の流れ [出産の基礎知識] All About
  • 分娩第3期:分娩から胎盤娩出まで

    赤ちゃんの誕生後、5~20分で再び軽い陣痛が起こります。軽くいきむと胎盤が出てきます。この痛みが来る前に、臍帯を牽引して胎盤を娩出させることもあります。この赤ちゃんが産まれてから胎盤が娩出するまでが「分娩第3期」です。会陰切開を入れた場合は、創部を縫合します。そして、出血と裂傷を確認して出産は終了となります。通常、分娩室で2時間経過をみて、異常がなければ入院室へと戻ります。
    出典 :出産の流れ [出産の基礎知識] All About
  • 出産の場所について

  • 自宅

     

    自宅での出産について

  • 妊婦、胎児ともに順調であれば自宅出産も不可能ではないが、現在では自宅出産を仕切る「助産師」はなかなか見つけられない。また母児どちらか片方でも、妊娠高血圧症候群、骨盤位、双胎など、何らかのリスクが高い場合は病院出産が勧められる。自宅出産は高リスクであり、「自宅出産は病院など医療が介入する出産に比べ、新生児死亡率が3倍にも上る」との論文が医学雑誌ランセットで発表されている[8]。
    出典 :出産 - Wikipedia
  • 助産所において助産師が、もしくは家庭等の出産場所に出向いてくる助産師が出産を取り仕切る。リスクの低い妊婦のみ。状態が少しでも悪くなりかけたら、産科医と連絡を取る必要がある。しかしながら病院と異なり高度の医療技術を施すことの出来ない助産所の場合、分単位の緊急性を要する処置が行えず、生涯に渡り後遺症を残すような障害の発生の危険性は高くなる。
    出典 :出産 - Wikipedia
  • 病院

     

    病院での出産について

  • 日本では第二次世界大戦前や戦後の混乱期までは国民の90%以上は自宅で出産していたが、医学や医療技術の向上、経済の発展と政府の収入と社会保障支出と医療費と医療費の公費負担額の増加により、戦災からの復興期や高度成長期以後は病院での出産が増加し、高度成長期が終わったころには国民の90%以上が病院で出産するようになり、現在では国民の99%が病院で出産している[10]。その結果、妊産婦死亡率[11][12]、周産期死亡率[13][14][15]、新生児死亡率[16]は時代の進行とともに減少し史上最少値を更新している。
    出典 :出産 - Wikipedia
  • 関連リンク

  • より詳しいことを知りたい方はこちら