高齢出産で上がる、ダウン症の原因と確率

高齢出産で上がる、ダウン症の原因と確率

高齢出産だと、ダウン症の子供の確率が高くなると言われています。
でもどうして?原因は?確率は?
気になりますよね。
実際、どうなのか・・・まとめてみました。

view1597

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 高齢出産とは?

     

    高齢出産とは統計上あるいは医学上、35歳以上で妊娠・出産することを意味します。35歳という年齢に何か特別な意味があるのか・・・というと、そういうわけではありません。高齢出産のリスクは、あくまで30歳を超えたころから徐々に高まっていくもの。よって、35歳を境として「急に」危険性が高まる・・・というわけではないのです。女性の社会進出や晩婚化が進むとともに、35歳以上で妊娠・出産する人も増えています。仕事などのために結婚・出産を先送りする人も多く、高齢出産はごく当たり前のものとなりました。しかし、何かしらのリスクがあることを忘れてはなりません。ハイリスク・ハイリターン・・・高齢出産ならではの喜びは、リスクの上に成り立っているのです。

    引用)http://www.childbirth35.com/knowledge/about.html

  • ダウン症とは

  •  

    ダウン症は、体細胞の21番染色体が1本多く存在し、計3本(トリソミー症)持つことによって発症する、先天性の疾患群です。21番目の染色体が多いため、21トリソミーとも呼ばれています。現在の社会では、ダウン症の出生率は増加しています。また1910年にダウン症のある子どもは、9歳までしか生きられないと言われていましたが、現在は医療技術の進歩により、平均寿命も長くなっています。臨床治療の進歩、とりわけ心臓手術技術の向上で成人の多くは80%が60歳に到達しています。

    引用)http://acceptions.org/?page_id=1076

  • 昔は長生きできないと言われていたんですね。

  • ダウン症の原因

  •  

    ダウン症は、21番染色体が1本過剰で3本ある事が原因となります。このため医学的にはダウン症の事を21 トリソミー(トリというのは3のこと)と言います。このトリソミーという現象は、どの染色体についても起こりえますが、21番染色体は最も小さい染色体のため、それに乗っている遺伝情報も少なく遺伝情報のアンバランスを引き起こすことも少なく、そのためうまく生まれて来る頻度が高いと言われています。他の染色体トリソミーは、胎児がうまく育たず高頻度に流産となります。21トリソミーでも、70~80%の胎児は生まれて来れません。従ってダウン症として生まれてきた赤ちゃんは、他の遺伝子がよい状態で働きすごく生命力が強かったか、お母さんが妊娠時に身体ケアを十分に気を付けており母体の状態が良かったと思われます。

    引用)http://acceptions.org/?page_id=649

  • ダウン症で生まれてきた子供は強いんですね!

  • 「高齢出産」だとダウン症の子供が生まれやすくなる?

  • 高確率で高齢出産の方の子供が、ダウン症になってしまう理由は何なのでしょうか?それは、女性自身が年を重ねる事によって、どうしても逃れる事が出来ないと言われている、卵子へのダメージが原因と言われています。女性の体の中に卵子はありますが、この卵子は元々昔から体内に存在している物ですので、妊娠を希望した時だけに排卵するものではありません。体内にずっとあり、排卵を持っている卵子が、長い年月が経ってしまうと、言葉は悪いですが老化してしまいます。その為、高い確率で高齢出産の方のお子さんが、ダウン症になってしまうという訳なのです。
    出典 :高齢出産だと何故ダウン症になり易いのか?:40代のための高齢出産ガイド
     

    卵子の老化は防げないですもんね・・・。

  • 高齢出産=ダウン症候群と思う方も少なくはありません。しかし、そうではなく「高齢出産になるとダウン症候群の確率が高まる」ということになります。実際、20代の発生率が0.1%未満なのに対し35歳以降は0.3%、40歳以上になると1%にまで上がります。誰しもが避けられないのが、加齢に伴う卵子の損傷により、卵子が受精した受精卵は染色体異常が生じる可能性があるということです。日本では新生児の約1000人に1人の割合でダウン症の子が生まれる確率となっています。体細胞の21番染色体が1本余分に存在し、計3本(トリソミー)持つことによって発症します。25歳では1200人に1人、35歳では290人に1人というように年齢順に確率が高まりますが、約80%以上が35歳以下の母親から生まれてくるのです。高齢出産が増えてるとはいっても、35歳以上の出産は数自体は少ないのです。年齢に関係なくだれからでも生まれる可能性があり、その確率をどう受け止めるかは、それぞれの妊婦さん次第になります。
    出典 :高齢出産のリスクとメリットやダウン症について-赤ちゃんの部屋
     

    加齢に伴う卵子の損傷が影響しているとのこと。やはり35歳以上になると確率は高くなるんですね。

  •  

    36歳→236分の1(0.424%)
    37歳→186分の1(0.538%)
    38歳→145分の1(0.690%)
    39歳→112分の1(0.893%)
    40歳→86分の1(1.163%)
    41歳→66分の1(1.515%)
    42歳→50分の1(2.0%)
    43歳→38分の1(2.632%)
    44歳→28分の1(3.571%)
    45歳→21分の1(4.762%)

    引用)http://conceive.blog81.fc2.com/blog-entry-29.html

  • 40代ではさらに確率が上がっています。

  • 原因は高齢出産だと学識者(特に医師)は言うが、それは医療従事者のプロパガンダ(政治的宣伝)だ。いや、プロパガンダと言うよりも自分たちの失策を隠すための大嘘だと言ってもいい。確かに統計上では高齢出産であればあるほどダウン症児を生む可能性は高くなる。だが、それは高齢であればあるほど蓄積されたレントゲンなどによる放射能被曝量が高くなるからだ。ここではもう断言しておくがダウン症の原因は放射線被爆による遺伝子異常に他ならない。医療従事者たちは放射線がどれだけ患者に害を与えているのか隠すためにダウン症の原因を高齢出産にあると主張しているのだ。ダウン症になる過程でヒト遺伝子の21番目の染色体が3体に分裂する。放射線は人間の遺伝子に悪影響を与えることがはっきりしている。放射線がダウン症に関係していると言わざるを得ない。原子力発電所が時には放射能漏れなどで危険なものであるのは誰もが知っているだろう。送電線、核弾頭、など放射線の危険はあちこちにあるが、一般人が最も放射線を浴びるのは病院でのレントゲンなのだ。
    出典 :[81]ダウン症 - 学校では教えない本当の社会福祉::エル・ドマドール
     

    年を取ればそれだけ放射線を浴びているから・・・という意見。

  •  

    今は、事前に羊水検査などで、事前に調べることもできます。
    色々と考えさせられますが、もっと医学が発達すれば
    より原因、対応方法についても分かってくるでしょう。