意外と知らない「口唇ヘルペス」ってどんな病気?

皆さんは唇ヘルペスって聞いたことありますか?唇ヘルペスというのは、突然、くちびるの周りに赤い水ぶくれができて、かゆみや痛みといったものを伴う症状です。実は日本人の10人に一人の割合でこの唇ヘルペスにかかったことがあるといわれています。その原因は人から感染するウイルスです。

view5195

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 口唇ヘルペス

  • 唇に出来物ができたら口唇ヘルペス

     

    このように唇の周りに水ぶくれができます。

  • 口唇ヘルペスの原因

  • くちびるやその周囲に小さな水ぶくれができる病気“口唇ヘルペス”は、単純ヘルペスウイルスが原因で起こります。このウイルスの特徴は最初に感染(初感染)した後免疫ができても、体力の低下や外傷などの機会があれば再発を繰り返すということです。
    出典 :原因はウイルスです|口唇ヘルペスとは?|口唇ヘルペス|ヘルペス情報サイト
     

    唇ヘルペスの原因はウイルスです。

  • 「口唇ヘルペス」【吉田たかよし】90秒でわかる 医学解説その17 - YouTube

     

    先生が唇ヘルペスを解説してくれます。

  • 感染と症状

  • ヘルペスは人との接触によって感染します。単純ヘルペスウイルスは感染力が強く、感染経路としては、直接的な接触のほかにウイルスがついたタオルやグラスなどを介しても感染します。したがって親子、夫婦など親密な間柄で感染することが多く、俗に“愛のウイルス”と言われたりします。また、感染してもすぐには症状が出ず、何年もたってからはじめて症状が出ることがあります。
    出典 :どこからうつったの?|感染と症状|口唇ヘルペス|ヘルペス情報サイト
     

    ヘルペスは人との接触で感染します。それほど怖い病気ではありませんが、人からの感染となると中々、防ぐのは難しいです。

  • 「口唇ヘルペス」という名前は知らなくても、風邪で体調を崩したときや疲れがたまったときなどに、くちびるの辺りにできるデキモノに悩んでいる人は多いのでは?風邪の華や熱の華ともよばれるこの症状が、実は口唇ヘルペス。日本人の10人に1人が経験したことがあるといわれるほど一般的な病気だ。はじめ、くちびるや口の周りが赤くなり、数日後小さな水ぶくれができる。ムズムズとしたかゆみや、皮膚のほてり、ピリピリとした痛みを感じることもある。大抵、水ぶくれは2週間くらいでかさぶたとなって治ることが多い。
    出典 :原因は、症状は?ヘルペスはこんな病気|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
     

    風邪引いたとき、このような経験ありますよね。唇が腫れて食事がしにくいといったことも。

  • 治療方法

  • 潜伏するヘルペスウイルスまでは現代医学をもってしても退治することはできません。でも、暴れているウイルスの増殖を抑えたり、現れている症状を抑えたりすることはできます。適切な処置をするのが早ければ早いほど、症状はそれだけ軽くすみますし、回復も早くなります。まずは医師に相談しましょう

    再発の予感がしたら、あるいは、口唇ヘルペスの症状が出たら、早い時期に治療を始めるほうが治りも早くなります。治療にあたってはウイルスが増えるのを抑えるお薬(抗ヘルペスウイルス薬)を使うことが最も効果的です。医師は効果と使いやすさを考えて症状に合った抗ヘルペスウイルス薬を選択し、その他の状況に応じて痛み止め、ビタミン剤、抗生物質などで治療します。

    何はともあれ、早めの治療が功を奏します。再発を繰り返す人、あるいは海やスキーに行くと必ず再発するというような人は医師に相談して、再発のきざしがあったらどのような処置をすべきかについて指導を受けておくとよいでしょう。

    治療薬について

    口唇ヘルペスの治療には、主に「抗ヘルペスウイルス薬(=抗ヘルペスウイルス剤)」と呼ばれるお薬が使われます。抗ヘルペスウイルス薬は、ウイルスが増えるのを抑える働きがあります。口唇ヘルペスの治療に用いられる抗ヘルペスウイルス薬には、飲み薬(錠剤または顆粒)、塗り薬(軟膏またはクリーム)があり、病気のある場所や症状の程度等により使い分けられています。
    出典 :治療方法とお薬|口唇ヘルペス|ヘルペス情報サイト
     

    唇ヘルペスにかかったらまずは医師に相談すること。早めに治療することで早期治療となり、症状悪化が防げます。

  • 予防方法

  • 口唇ヘルペスは免疫力が落ちているときに再発します。再発する頻度は平均すると1年に2回。感染している人はまず、日常生活を見直して自分がどんなときに再発するかを思い起こし、その状況をできる限り避けることが大切です。免疫力を低下させないために次のような生活を習慣にしてください。

    ●1日3食、栄養バランスのとれた食事を心がける。免疫力を高める効果のあるビタミンA・C・B1・B6を積極的に摂る。
    ●ストレス、過労を避ける。十分な休養をとり、趣味や運動など自分なりのストレス解消法を持つ。
    ●かぜをひかないよう注意する。かぜをひいたら早めに休息をとり、熱が出ないようにする。
    ●強い紫外線を避ける。海水浴やスキーなどに行く際は、UVカットの化粧品を塗ったり、帽子などでしっかり紫外線対策をとる。
    出典 :ヘルペス | 再発を予防するためにはどうすればいいの? : 病気・症状- セルフドクターネット
     

    予防方法は割とシンプルです。ストレスや過労を避ける。紫外線対策も有効です。

  • まず、リシンはヘルペスウィルスの活動を抑える効果があり、ヘルペスの発生率を減らし、発症時には治療のスピードを速めることのできるアミノ酸です。

    もうひとつのアルギニン酸は、健康維持や美容、老化予防や生活習慣病などの予防改善に欠かすことのできないものです。

    しかし、アルギニン酸はヘルペスの発症を促進、成長を助長します。

    ヘルペス予防にはこのアルギニン酸が邪魔になってしまいますが、アルギニン酸がないと老化が進行してしまったり、他に支障が出てしまう・・・。

    そこで、思いつくのがアルギニン酸を減らすよりもリシンを効率よく摂取すること。

    リシンは食物からも摂取可能で魚介類、小麦胚芽、蕎麦、大豆製品、肉類全般、卵、牛乳、チーズなどですが動物性たんぱく質の食べ物に多く含まれています。

    これらをたくさん摂取すればいいのですが、食べる量に対して含まれている量が少く、確実に摂取することが難しいのです。
    出典 :口唇ヘルペスを再発させたくない~いい予防法と対処法を見つけました。
     

    予防にリシンを効率よく取ればいいです。食生活でもよく食べるものが頻繁ですが、肉類や乳製品にわりと多く含まれています。

  • 参考にしたサイト

  • 最後に参考にしたサイトのリンクをまとめておきます。