まだ寝ていたいのに目が覚める早朝覚醒・・・改善して健全な睡眠をしませんか?

早朝覚醒とは、起きたい時間よりも早い時間に目が覚めてしまい、もう一度寝ようと思ってもなかなか寝付けない症状

  • pocca 更新日:2014/01/02

view446

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 早朝覚醒~朝早く目が覚める原因と対策~

  •  

    早朝覚醒の場合は、一度目が覚めると簡単に寝付けない場合が多く、非常にストレスが溜まる不眠症の症状になります。


  • 起きたい時間よりも早く起きてしまうことが、週に3日以上、それが1ヶ月以上続く場合は、早朝覚醒という不眠症にかかっている可能性が高い

  • ~うつ病の人が悩まされる症状が、早朝覚醒になる可能性も~


  • 意識している、していないにかかわらず、何らかのストレスや不安を抱え込んでいる場合、眠りが浅くなり、朝型目が覚めてしまいます

  • ♪就寝時にリラックスできる環境を作ることが大切♪

  • リラックス BGM 眠れる音楽 快眠 ピアノとシンセの音色 不眠症解消 Sleep Music Delta ...

  • 運動でストレスを解消すると熟睡できる

  • ※運動をするとほどよく体が疲れて、夜深い眠りにつきやすくなります。これは、体が疲れるということもあるのですが、運動をすることで、睡眠中に成長ホルモンが多く分泌されることが理由です。

  • ~セロトニンを増やして、リラックス効果を高める~

  • ※不安な気持ちが強かったり、落ち込み易い場合は、脳内にセロトニンという物質が不足している可能性があります。実際に、うつ病の人の治療薬には、セロトニンの濃度を高める薬が使われています。

  • ※気持ちを前向きにして、リラックス効果を高めるには、セロトニンを増やすことが効果的です。

  • セロトニンを増やす方法としては、第一に運動!!

  • セロトニンを増やす方法の2つ目として、朝日を浴びること!!

  • セロトニンを増やす方法の3つ目として、セロトニンの元となるアミノ酸を摂取する!!

  • ☆セロトニンの元となるアミノ酸はサプリからも摂取できます☆