【効果的】群発頭痛に効くツボ【まとめ】

群発頭痛に効くツボをまとめました。
ツボ押しはどこでもできる簡単なものなので
痛くなったら行ってみてください。

view308

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 群発頭痛(ぐんぱつずつう)とは

  • 群発頭痛とはあまり聞きなれない言葉かもしれません。
    いったいどういったものなのでしょうか。

  • どんな頭痛のことなのか?
    いったん起こると連日のように続く地震のことを「群発地震」というが、
    それと似たような頻度で起こる頭痛のことを群発頭痛という。
    出典 :群発頭痛とは?|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
  • 特徴

  • ●いったん起こると1~2ヵ月の間、続く。1~2年に1回の割合で出現する
    ●1回の痛みが1~2時間、1日に1~数回続く。
    ●片頭痛が女性に多いのに対し、20~30歳代の男性に多いタイプの頭痛である
      (男性の発生率は女性の5倍とも言われる)
    出典 :群発頭痛とは?|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
  • ●たいていは決まった側が痛む
    ●転げまわるような痛さを感じる。とにかくじっとしていられない
    ●涙や鼻汁が出たり、顔に汗をかいたりするが、痛みのある側にだけ出ることが多い
    出典 :群発頭痛とは?|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
  • なぜ起こるのか?

  •  

    なぜこのような頭痛が起きるのでしょうか。

  • 「頭の中をかきまわされたように痛い」「目玉をえぐり取られるような痛み」というほど、
    とにかくすごい痛みを感じる、この群発頭痛。
    なぜ、起こるのか、その原因は実はいまだ不明である。
    出典 :群発頭痛とは?|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
  • しかし、群発頭痛も片頭痛と同様に、「血管性頭痛」であり、
    脈拍に一致した痛みがあることは分かっている。
    とくに内頸動脈(目の後ろにあり、脳を養う太い血管)が腫れて痛むためだと考えられている。
    片頭痛と異なるのは、群発頭痛の場合は顔面が赤くなったり目の結膜が充血したり、瞳孔の小さくなったりする点だ。
    出典 :群発頭痛とは?|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
  • また、群発頭痛と間違われやすいのは、三叉神経痛である。
    三叉神経痛とは、顔面や後頭部でビリッとする一瞬の痛みを繰り返すものだが、
    群発頭痛とは有効な薬も異なるため、ちゃんとした診断を受けておくことが大切だ。
    特徴は、三叉神経痛はちょっとでも触ると激痛が走るが、
    群発頭痛は痛みをこらえるために頭をかきむしったりぶつけたりすることがある点だ。
    出典 :群発頭痛とは?|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
  • ツボを押して痛みを軽減

  • 群発頭痛になってしまった方の多くは、痛すぎてつらいそうです。
    少しでも軽減できたらいいですよね。
    そこですぐどこでもできるツボ押しをご紹介します。

  • 通常の指圧法(斬増~持続~斬減)
    ①ゆっくりと深く押していきます、ひびきを感じたら指を止めます。
    ②そのまま、3-5秒持続します。
    ③押したときと同じ要領で離していきます。指は完全に皮膚から離さずに、触れたままにします。
    ①②③の動作を繰り返します。
    出典 :ツボの位置と効能、百会、肩井、三里、勝浦鍼灸整骨院
  • 百会

     

    とてもわかりやすい場所にあるツボです。

  • 頭頂部にあるツボ、両方の耳に親指を入れ、
    両方の手のひら全体で頭をつかむようにしたときに、中指の先が合わさる点にあります。
    出典 :ツボの位置と効能、百会、肩井、三里、勝浦鍼灸整骨院
     

    群発頭痛にはもちろんですが
    効能 不眠、頭痛、痔、自律神経失調症、全身の調整、などにも効くそうです。

  • 風地

     

    首のほうにあるツボです。

  • 後頭骨の下、胸鎖乳突筋と僧帽筋の間で、乳様突起の後のくぼみにあります。
    このくぼみを指で後ろからやや上前の方向に押すと気持ちよく感じるところに、ツボ(風池)を取ります。
    出典 :頭痛に効くのツボ(2) 風池(ふうち)
     

    群発頭痛にはもちろんのこと
    他にも、肩こり・目・鼻・手の痛みなどにも効果があります。
    また、疲労回復にも効果があり、特に精神疲労・ストレスに効果があります。

  • ツボをご紹介しましたが
    あまりにも痛いようなら、一度病院へいくことをおすすめします。
    頭痛は群発頭痛だけでなく違う病気の場合もあるので気をつけるようにしてください。