【バストアップ】「おっぱい体操」&胸を大きくするツボ押し方法まとめ

薄着になるこれからの春夏シーズンに向けて、こっそりバストアップ!今更巨乳になれないかもしれませんが、サイズアップ、綺麗な形のおっぱい目指してマッサージ!休憩中やちょっとした空き時間に押せる育乳のツボも合わせてご紹介!

view138519

お気に入り お気に入り3

お気に入りに追加

  • 神藤多喜子先生のおっぱい体操

  • おっぱい体操は朝起きたときと夜寝る前に行いましょう!

     

    byおっぱい体操考案者の神藤多喜子先生

    神藤先生プロフィール

    授乳時、授乳後の女性のバスト悩みを解消したいという思いから、約2万人の女性のバストを触ってきた経験、理論をまとめ、「おっぱい体操」を考案。ただバストを大きくするのではなく、バストから女性を健康にしていくといった考え方が世の中の女性の共感を呼び、テレビ出演などの依頼が相次いでいます。

  • 神藤多喜子 3分で美しいバストに!おっぱい体操 簡単バストアップ

     

    TVで特集された際の動画!
    バストトップの位置や胸囲が数センチアップ…一回でこんなに効果があるのーー!?びっくりです。毎日3分、、これがなかなか続かないのですが、朝晩頑張って続けて見ましょう!

    VTRを見るとおっぱい体操のやり方がよりわかりやすいと思います。おっぱい体操の動かし方イメージがつかみやすくなりますよ!
    まずはおっぱい体操のやりかたを覚えましょう。以下で詳しく解説していきます。
    Let's 美おっぱい!

  • おっぱい体操の手順

  • おっぱい体操の際の注意点

     

    ①生理前、生理中は控えましょう
    ②左側のおっぱいからはじめましょう

    生理前、生理中は胸が張って敏感になっている時期でもあります。痛みを感じる場合はおっぱい体操はお休みしましょう。
    また心臓がある左側からはじめると、リンパの流れ、血の流れに逆らわずおっぱいがほぐれるそうです!

    以上2点に気をつけて、おっぱい体操はじめてみましょう!

  • まずは「おっぱいはずし」

     

    1.おっぱいはずし

    おっぱいの靭帯をはずしていくストレッチです。方法は脇から中央に向かって筋肉から脂肪をはがすような形で少しずつマッサージしていきます。最初はどこが靭帯なのかよく分からないと思います。つかんで痛いと思った場合は筋肉などの恐れがあります。力を入れずに軽く外すような形でマッサージしていきましょう。

  • 神藤多喜子先生によると、離れおっぱい、硬いおっぱい、だらしないおっぱい、左右ちぐはぐなおっぱいの原因は胸の周辺がこわばってしまっているのが理由とのこと。
    おっぱいを支えているクーパー靭帯や脂肪が胸周りの筋肉とくっついてしまうことでおっぱいのこわばりが強まるそう。

    「おっぱい外し」では、胸周辺の筋肉からおっぱいをはがして、ここにおっぱいがあれば理想だなという場所に向かっておっぱいをかき集めるマッサージです。
    はずすことと、かき集めるイメージで優しくマッサージしてみましょう★

  • つぎは「おっぱいゆらし」

     

    2.おっぱいゆらし

    ・片方ずつおっぱいを持ち上げて1秒間に3回ほど揺らすようにそれを10秒程続ける。
    ・両方のおっぱいを少し中央に寄せ気味で持ち上げて。1秒間に2~3回のテンポで揺らす

    世間の通説「おっぱいを揺らすと小さくなる垂れる」が気になるところではありますが…
    強く揺らす必要はありません。揺らし方で胸の大きさが変わってくるそうなので、間違った揺らし方をして反対に胸が小さくならないよう注意が必要です。

    「ここが理想!」という場所に①のおっぱい外しでかき集めて、そのかき集めた場所でおっぱいを小刻みに揺らします。
    片手で揺らすのが難しい場合は、上下からおっぱいをに手を添えて支え、優しく揺らします。

  • 「ながら押し」で育乳ダメ押し!バストアップに効果的なツボ

  • ツボ押し前の注意点

     

    ①飲酒の後、食後の時間帯のツボ押しは消化の妨げになることもあるので控えましょう
    ②体調が悪い日のツボ押しは控えましょう
    ③お風呂上がりなど、身体が温まっている時がツボ押しベストタイミング

    以上3点に気をつけて、Let's美乳ツボ押し

  • 美乳や美肌に効果あり「だん中」

     

    左右の乳首を結んだ線のちょうど真ん中にあります。
    心地よいと感じる強さで押してみて、すこし痛気持いいと感じられる場所が「だん中」です。
    「だん中」に指を押し当てて、痛気持ち良いと感じられる程度の強さで息を吐きながら押していきます。
    大体5回くらい押してみましょう。

    「だん中」は周囲の環境からくるストレスによって神経を使い過ぎでしまっている時に押すと良いツボでもあるそうです。たしかに、精神的に疲れているとき、胸の中心がキュっと苦しくなったりしますよね。
    バストアップと同時に精神疲労にも効果があるツボ、押してリフレッシュしましょう!

  • 乳腺の発達に効果的な育乳のツボ「てんけい」

     

    乳首を線で結んだ真ん中が「だん中」でしたが、乳房の外側部分乳首の高さの肋骨の骨と骨の間にあるのが「てんけい」です。
    昔、胸の発育にとって、この部分が締め付けられるブラジャーは良くないという話もあったほどバストアップに欠かせないツボですね。
    どうしても下着で締めつけられて血行が悪くなってしまう部分なので、下着を外した際に軽くマッサージしておくのを習慣にしたいですね。

  • 30代ママタレントのほしのあきさんも体型復活のためにおっぱい体操

  • 母乳で子育て中のグラビアアイドルほしのあきさん

     

    ママになってもかわらぬボディラインの秘訣はおっぱい体操!?

    子供が卒乳したタイミングで、わたしのおっぱいこんなだったかしら!?となるお母さんが多いのだそう。おっぱい体操をはじめとしたバストケアで美バストは保つことが出来るそうです。

  • 関連リンク