「カフェインと不眠の関係」どうしてカフェインが不眠に繋がるの?

夜カフェインを含んでいるものを飲むと眠れなくなるとよく聞きますが、どうして眠れなくなるのでしょうか?

view251

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • なぜ、カフェインが眠りを妨げるかというと、専門的な話になってしまいますが、アデノシンの働きを邪魔するからです。
    アデノシンは脳の神経線維に取り付いて安定感や疲労感をもたらすので、これが邪魔されると、眠たくなくなるのです。
    また膀胱括約筋に取り付いてその作用を抑制しているアデノシンの働きも邪魔してしまうので、トイレが近くなります。
    出典 :不眠症撃退法 カフェインに注意!
     

    トイレに行きたくなるため、せっかく寝ても起きてしまうのですね。

  •  

    寝てもすぐにトイレに行きたくなったら、眠れなくなりますよね。

  • カフェインは摂取するとどれくらい効果が持続するのか。

    これはあまり知っている人はいないんじゃないでしょうか?



    実は、摂取したあと4時間ほどは持続するんです。



    結構かかるんですよ。分解時間。
    出典 :カフェインの力は想像以上!?不眠にとっての大敵な成分 | 睡眠不足は恋する20代女性の大敵!
     

    持続時間意外と長いんですね。

  •  

    効果が続く時間は個人差があります。

  • 排卵のある女性はカフェインを分解するスピードが25%も遅く、低用量ピルを飲んでいる女性は、その倍の時間がかかるそう。紅茶はコーヒーよりもカフェインの量が多い、ということもあまり知られていないらしく、見直す点が意外に多い。
    出典 :プロが教える不眠対策の間違い「午後のコーヒーNG」「体温めるはNG」 (マイナビウーマン)|ウーマンエキサイト ニュース
     

    若い女性の方がカフェインの効果が持続するのですね。

  • カフェインの影響で浅い眠りが多くなって、深い眠りが減ってしまったり、途中で目を覚ます回数が増えてしまうわけです。

    出典 :不眠改善には、カフェインを控えることが想像以上に効果的 | 不眠症対策のファイナルアンサー
     

    眠りづらくなるだけではないのですね。

  •  

    これじゃ疲れもとれませんよね。

  • コーヒーを毎日、習慣的に飲んでいる人のなかには、
    午後や夕食時に飲んでも平気で眠れるという人もいますが、こういう人の多くは、

    カフェインの効果が低いわけではなく、
    慢性(まんせい)的に多めの睡眠負債を抱えているのです。
    出典 :不眠症の原因 カフェイン
     

    こういう方達は、コーヒーによって眠れなくなっているのでは無くて、コーヒーを飲まなければ起きていられない状態にあるみたいです。

  •  

    ほとんどカフェイン中毒なんでしょうね。

  • カフェインはコーヒー、お茶、紅茶、ウーロン茶、ココア、チョコレート、栄養ドリンクなどに含まれています。

    カフェイン量は
    ブレンドコーヒー:100~120mg 紅茶が50~80mg
    コーラ:50~70mg 緑茶、日本茶:20~80mg ココア:10mg 栄養ドリンク:50mg
    出典 :不眠症の原因になるカフェイン
     

    いろんな飲み物に含まれているのですね。

  •  

    寝る前は大人しく水を飲んだ方が良いかも。

  • ノンカフェイン生活に挑戦してみるのもアリ

    カフェインの影響が強く出るかどうかは体質によりけりなので、一概には言えません。しかし、カフェイン飲料を控えたところ不眠の症状があっさり解決した、という人がいることも事実です。
    出典 :やっぱりカフェインは摂らないほうがいい
     

    不眠の大きな原因になっていることがあるのですね。

  •  

    現在ではカフェインを含んでいないコーヒーなんかも市販されています。

  • 不眠症の人がカフェインの摂取を止めてみることで、動悸がなくなったり眠りが早かったり、深くなったりを実感することができると思います。
    不眠症が改善されることで、かなり肉体的にも精神的にも楽になれると思います。
    出典 :不眠症対策・カフェインについて :不眠症
     

    精神的にも楽になるのですね。

  •  

    逆にカフェインをとらないとストレスが溜まる方もいますので、人それぞれです。