胸筋を効率よく鍛える~トレーニング方法~

胸の筋肉”胸筋”を効率的に鍛えるにはどのような方法があるか、解説していきます。

view433

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 筋肉トレーニングで胸筋を鍛えるには一般的に腕立て伏せをすることがポピュラーだと思います。

  • 胸筋が衰えることによる影響

  • 頭痛の原因!?

     

    胸筋が衰えると、肩こりや肩こりにともなう頭痛、腰痛などに影響があります。
    影響がなさそうな、筋肉の部位ですが、実は大きな影響力を持つのが胸筋なのです。

  • 胸筋を鍛えると…

  • 胸筋を鍛えることによって、姿勢がよくなり、スタイルがよくみえます。
    この効果を確信して、トレーニングをすることで筋肉に意識が行きわたり、効率的にトレーニングが出来ると考えます。

  • 胸筋のトレーニング方法

  • 一番手軽な腕立て伏せ

     

    最も手軽で胸筋に効果的な筋肉トレーニングは、腕立て伏せです。

  • 腕立て伏せは、両手を広げる幅を狭くしたり、足をいすなどにのせることで負荷を変えることができます。
    負荷を変えないと効果が上がりにくいので、回数を増やすだけでなく、やり方にも変化をつけてください。
    もう限界だと思ってから、根性で数回プラスするのがポイントです。筋肉痛が起こらなかったら、回数が足りてなかったということになります。ゆっくりと下げて、すばやく上げると効果的です。
    出典 :筋肉トレーニングで胸筋を鍛える
     

    腕立て伏せは、自分で負荷を調節できるので、自分に合った負荷を決めてトレーニングしましょう。

  • 道具を使った胸筋のトレーニング方法

  • チューブを使ったトレーニング方法

     

    チューブを脇の下から背中に通して、左右の手で両端を持ちます。
    次に、両手を前に突き出すように両腕を伸ばします。
    そして最後に、ゆっくり元に戻します。

  • フロアプレスと呼ばれるトレーニング方法

     

    向けに寝て両手にダンベルを持ち、膝を立てた状態で、両肘を床につけます。ダンベルを胸の前に持ち上げ、ゆっくりと下ろします。

  • 胸筋トレーニングの注意点

  • 胸筋は発達しやすい筋肉なので、週二回の筋肉トレーニングを続ければ、目に見える結果が出せるでしょう。反面、衰えやすい筋肉でもあるので、筋肉トレーニングをサボると、すぐに元に戻ってしまいます。
    出典 :筋肉トレーニングで胸筋を鍛える
     

    胸筋は、効果が出やすいが、すぐに効果が切れる、一長一短の性質を持った筋肉。

  • まとめ

  • 胸筋の及ぼす影響と、トレーニング方法を解説してきました。
    筋肉トレーニングは、筋肉に意識を巡らしながらトレーニングするのが効率的な方法です。
    解説してきた方法を使って、理想の胸筋を手に入れましょう。