「背中ニキビを治す!」。水着もドレスばっちり決まる、美背中をつくる治療方法!

なんでこんなところに?!背中ニキビになってしまったら、どういったケアをしていけばいいのか悩みますよね。そこで、背中ニキビの原因と対策情報を総まとめ。後ろコンシャスを目指しましょう!

view823

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 意外にできやすいけど気づきにくい、「背中ニキビ」。徹底的に治す方法はあるの?

  • 背中ニキビはじっくりとケアすれば比較的早期に治るし、繰り返しを予防することも可能です。

  •  

    ふとした時に、お風呂上りで鏡をみてびっくり!いつの間に?でも諦めないで、治せます。

  • 背中ニキビができてしまう原因は?

  • 背中ニキビが発生する原因は、日常の生活習慣に潜むものも多くあります。

  •  

    香りのよさ、外国製などだけに惹かれて購入するのも考えものかも?

  • ●洗濯洗剤、柔軟剤

    背中は常に洋服が触れている部分ですから洗濯洗剤、柔軟剤が肌に合わなかった場合に、影響の出やすい部分です。香りだけでなく、成分などもチェックして選びましょう。

  •  

    適度な糖分や油分は体にとってプラスですが取り過ぎは禁物です。

  • ●食生活

    脂っこいもの、チョコレートやケーキのような糖分の高いもの、もち米が原料となっているせんべい類なども注意が必要です。
    ダイエットの大敵でもありますし、食生活を見直しましょう。

  •  

    寝ている間の汗は、気づかないうちにかくものです。通気性の良いパジャマや適度な痛風などを心がけましょう。

  • ●寝汗

    人は寝ている間に多くの汗をかき、水分を失っています。特に仰向けで寝ている人は一番背中に汗をかきますからこの汗が原因でニキビができる事もあるのです。

  •  

    こんがり小麦肌も良いですが、肌へのダメージを考えると、日焼け止めなどの適切な予防は必須です。

  • ●日焼け

    日焼けすると、皮膚の角質を硬くしてしまい、背中などにニキビができやすくなります。シミなどの原因にもなる「日焼け」、日焼け止めなどの対策をしっかりしましょう。

  • ●乾燥肌

    特に冬場に背中ニキビができやすい人は、乾燥が原因となっている可能性が高いです。乾燥した大気、エアコンなどの影響にも気を付けましょう。

  • ●ストレス

    人はストレスを感じると、緊張状態になり、血流が悪くなります。
    すると男性ホルモンが多く分泌されてしまい、過剰な皮脂分泌と重なり、ニキビが出来てしまいます。
    身体全体にも影響することです、日頃からストレスレスな生活を。

  •  

    シャンプーやトリートメントなどはしっかりとすすぐ、そして身体も洗うことが大事です。

  • ●シャンプー、整髪料の洗い残し

    洗髪後、髪はもちろん頭もしっかり流しているつもりでも実際はどうしても残ってしまったり、お風呂から上がった後から髪の毛が乾くまでの間に背中にシャンプーやトリートメントが付着してしまうのです。

  • 美コンシャスな背中の大敵。背中ニキビを治す方法!

  • ●シーツ、パジャマは清潔に保ちましょう

    寝ているときは思った以上にたくさん汗をかきます。服は毎日着替えても、パジャマやシーツはそうではないという人は、シーツやパジャマも毎日取り替えましょう。特にパジャマは寝るときに背中によく触れるものなので、肌触りがよく汗をよく吸う素材のものを選びましょう。

  • ●意外!?肩こりをほぐして、背中ニキビを治す

    肩こりがなくて、肩甲骨の動きがよいひとは背中のムダ肉や背中の肌荒れとも無縁なことが多いもの。逆に、肩こり持ちの女子は背中に自信がある人は少ないのではないでしょうか。
    肩周りをほぐして血行をよくすることで血行不良のせいで乾燥した肌が改善され、ニキビの軽減にもつながります。

  • ●シャワーの順序に気を付けて!髪→体の順に洗う

    背中ニキビの原因になりがちなのが、シャンプー、トリートメントが背中の肌に流されきれずに残ってしまうこと。入浴時は髪を洗ってから体を洗うようにして、ヘアケア剤が背中の肌に残らないよう注意しましょう。入浴後は髪をすぐ乾かし、濡れた髪を背中に触れさせないのもポイントです。

  • ●甘い物の取り過ぎは厳禁!糖分を控えましょう

    ニキビといえばまず気にするのが油分ですが、実はニキビには糖分も影響が大きいのです。糖分は、体内で分解されるときにビタミンB郡を大量に消費してしまいます。ビタミンBは皮脂を分解してくれる働きがあるので、不足すると過剰に皮脂が分泌されて毛穴が詰まる原因に。

  • ●つぶさない

    残念ながらできてしまっている背中ニキビは、なるべくつぶさないように気をつけましょう。顔のニキビと同じく、つぶすと跡に残りやすい上、顔ほどこまめなケアをしない分、そのままの状態で日に当たったりするとシミになってしまい、ニキビは治ったのに背中は汚いまま…なんてことにも。

  • ●保湿する

    できたニキビが気になってピーリングしたり、ゴシゴシ洗うことで、適量の皮脂に守られていた肌のバリア機能がなくなり、ニキビができやすい状態になってしまうことも。極度な洗い過ぎ、洗いっぱなしは厳禁と心得て、その後の肌ケア、保湿を心がけましょう