子供が急にけいれんしたら、「てんかん」かもしれません。てんかんのこと、知っておきましょう!

けいれんを起こす病気にはいくつかありますが、そのひとつが「てんかん」。
100人に1人の発症率ですので、珍しい病気ではありません。
どんな症状なのでしょうか?

view1171

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • けいれんを起こしたら、パニックにならずにすぐ対処

     

    「頭が真っ白」になっている場合ではありません。
    まずは呼吸を確保して病院に連れて行きましょう。

  • 歴史上の有名人も「てんかん」だった!?実はよくある病気です

  • 有名な人も「てんかん」だったと知られています

  • 歴史上の偉人でも、てんかんを持っていた人は結構います。

    たとえば、
    ローマのカエサル。

    ナポレオン。

    さらにはジャンヌダルク。

    このように、
    出典 :「てんかん」と「けいれん」の違い、分かりますか?|ある脳外科医のぼやき
     

    才能のある人が多いのでしょうか?

  • ムハンマドやソクラテスもそうだったのだとか。

  • 南方熊楠
    ユング、
    ドストエフスキー、
    ゴッホ、
    レーニン、
    ナポレオン

    などの著名で有能な人物が癲癇の症状を持っていたとされる。
    出典 :てんかんと天才 - 時の旅人Yoshipyuta - Yahoo!ブログ
     

    ユングって、精神医学者ですよね!?そんな人も…

  • よくある病気です

  • てんかんは、突然、痙攣(けいれん)や意識障害を起こす病気で、大脳の神経細胞を一定のリズムで流れている電気信号が突発的に過剰に放出されることによって起こるといわれています。
     この病気の発症率は100人に1人といわれており、珍しい病気ではありません。発症年齢は、乳幼児から高齢者までと幅広く、約80%が18歳以下で発症しています。そのなかでも3歳までに発症する割合が最も多くなっています。
     てんかんの発作は、そのままにしておくと症状を抑えることが難しくなってきます。症状が現れたら、なるべく早くてんかんの専門外来がある病院、または神経内科を受診しましょう。
    出典 :突然手足が突っ張る…てんかん
     

    100人に1人、けっこういるんですね。

  • てんかんとけいれんは別もの?

  • けいれんしたら、「てんかん」というわけではありません

  • てんかん発作と痙攣発作の違いについて

      てんかんは「さまざまな原因による慢性的な脳の異常であり、 大脳における神経細胞の過剰な覇者に起因する反復性の発作 (WHOてんかん辞典,1973)」と定義され、慢性反復性の疾患、 簡単に言うと、繰り返し発作の起こるものをてんかんと言います。 一過性のものは、てんかんには通常含めず、痙攣とよびます。 脳血管障害や頭部外傷急性期の痙攣、熱性痙攣、ヒステリー性痙攣など はてんかんと呼ばずに、痙攣とよばれるのはこのためなのです。 てんかん発作の内容は、てんかん活動を起こした神経細胞がどういう働きを受け持っている細胞なのかによって違います。例えば、てんかん活動が運動領野の神経細胞に起こると、その神経細胞が支配している対側の手足が、患者の意思とは無関係に勝手な収縮を起こします。これが、痙攣発作です。 運動領野以外の所でてんかん活動が起きた時には、痙攣はみられません。痙攣発作は、運動領野にてんかん活動が起きた時に出てくるもので、てんかん発作の中の1つにすぎません。
    出典 :てんかん・痙攣発作
     

    けいれんは「てんかん」の発作のひとつだということです

  • こどものおこす「けいれん」について

  • こどもが突然けいれんした時の対処法

  • 点頭けいれん

     

    時間が短くてわかりにくいですが…

  • てんかんはどんな病気?

  • てんかんとはどんな病気でしょう。

    てんかんという病気はてんかん発作を繰り返す脳の病気の総称であって実際てんかんというひとつの病気があるわけではないのです。ですから、一般的にてんかんといった場合は、けいれんをおこしやすい体質によって生ずるものから脳の病気として胎内で生じた脳の奇形まで様々な病気を含みます。そのため原因によって治療の方法や内容、そして完治する頻度も様々なのです。

    てんかんと診断された場合には主治医の先生のお話をよく聞いて、あわてずにどのように対処していけばよいか考えましょう。
    出典 :てんかんとは?
     

    「けいれいんを起こしやすい体質」ときくと、少しほっとしますね。

  • てんかんとは

    てんかんの定義

    「てんかんとは、種々の成因によってもたらされる慢性の脳疾患であって、大脳ニューロンの過剰な発射に由来する反復性の発作(てんかん発作)を特徴とし、それにさまざまな臨床症状及び検査所見がともなう。」
    (WHO(世界保健機関)編:てんかん辞典より)

    大脳の神経細胞(ニューロン)は規則正しいリズムでお互いに調和を保ちながら電気的に活動しています。
    この穏やかなリズムを持った活動が突然崩れて、激しい電気的な乱れ(ニューロンの過剰発射)が生じることによって起きるのが、てんかん発作です。
    このため、てんかん発作はよく「脳の電気的嵐」に例えられます。
    また、てんかん発作は繰り返しおこることが特徴です。そのため、1回だけの発作では、ふつうはてんかんという診断はつけられません。

    【原因】
    てんかんの原因は人によって様々ですが、大きくは症候性てんかんと特発性てんかんに分けれます。

    <症候性てんかん>
    脳に何らかの障害や傷があることによって起こるてんかん
    例)生まれたときの仮死状態や低酸素、脳炎、髄膜炎、脳出血、脳梗塞、脳外傷

    <特発性てんかん>
    様々な検査をしても異常が見つからない原因不明のてんかん

    【発症年齢】
    乳幼期から高齢期まで幅広く発病しますが、3歳以下の発病が最もおおく、80%は18歳以前に発病すると言われています。
    しかし近年、人口の高齢化に伴い、高齢者の脳血管障害などによる発病が増えてきています。

    【遺伝】
    てんかんのほとんどは遺伝しません。
    一部のてんかんには発病に遺伝子が関係していたり、発作の起こりやすさを受け継ぐことが明らかになっていますが、そうしたてんかんの多くは良性であり、治癒しやすいようです。

    【てんかんという病名について】
    「てんかん(癲癇)」という名称は、欧米諸国で使われている「エピレプシー」よりも起源の古い、古代中国医学に由来する言葉です。

    「癲」:
    紀元前200年、秦の始皇帝の時代に、倒れる・ひっくり返る病という意味で用いられ、「癲」1文字で、てんかんという意味で表された

    「癇」: 7世紀初頭、隋の煬帝の時代、特に小児のてんかんという意味で用いられる

    この、「癲」「癇」という言葉をあわせて、現在の「てんかん(癲癇)」として使われたのが、10世紀の初頭、唐の時代のことです。
    つまり、「てんかん」という病名の由来は、てんかん発作の代表とも言うべき大発作である「倒れる病」という意味です。
    出典 :||| てんかんとは | 公益社団法人 日本てんかん協会 |||
     

    3歳以下の発症が一番多いのですね

  • てんかん発作の種類streaming - YouTube

  • けいれんをおこしたら、あわてず冷静に

     

    けいれんがすべて「てんかん」だということではありません。
    けいれんを起こしたら、まずは慌てずに対処しましょう。