炭水化物抜きダイエットの弊害知っていますか?

炭水化物は太る元。そんな訳で炭水化物抜きダイエットとか低炭水化物ダイエットとかいうのが流行っていますが、問題点もあります。今回はその問題点をまとめてみました。

view1953

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 炭水化物ダイエットとは?

  •  

    まずは定義から。

  • 炭水化物をできるだけ摂らないようにする、食事制限のダイエット法です。
    出典 :食事制限のダイエットとリスク | 簡単に痩せる方法とコツ
     

    ご飯やパンをできるだけ取らないようにするということです。

  • 炭水化物ダイエットの問題点とは?

  • 炭水化物ではなく、脂肪やたんぱく質をエネルギー源にする
    ことで、ケトン体が体内で増加(ケトーシス)。そして、血液が
    酸性化します(ケトアシドーシス)。
    これにより、顕著な口臭をはじめ、体臭がきつくなります。さらに、
    症状が悪化すると、吐き気、意識障害などが起きてきます。
    出典 :低炭水化物ダイエット 長期続行は危険 >> 食べても太らないで痩せる方法
     

    体臭がきつくなるのは嫌ですね。

  •  

    体臭がきつくなると、まわりの目が気になりますね。

  • 心筋梗塞や脳卒中の発症リスクが最大1.6倍


    炭水化物の摂取量を減らすと、たんぱく質の摂取量が増える傾向になります。
    この心血管疾患を発症した1,270例の発症例を、炭水化物とたんぱく質の摂取量によって10段階のグループに分けて分析した結果、
    炭水化物の摂取量が1段階減り、たんぱく質の摂取量が1段階増えるごとに、それぞれ発症リスクが4%ずつ上昇することが確認された。
    最終的に、低炭水化物・高たんぱく質摂取グループは、そうでないグループに比べて危険性がなんと最大1.6倍も高まることが明らかになった、という研究結果です。

    また、大腸の腸壁が悪化し大腸ガンの危険性が高まるとも言われています。
    出典 :炭水化物ダイエットの問題点 マラソンの「つぼ」情報・番外編&よろずBlog
     

    心筋梗塞だけでなく、ガンの危険性まで高まってしまうのですね。

  •  

    ダイエットで家族に心配かけたくないですね。

  • 低炭水化物ダイエットは、いちど始めたら、止めることができないのです。
    一生、ごはんやパン・麺類・イモ類は食べられません。

    食べるとしたら、罪悪感と一緒に飲み込むしかありません。
    悲しすぎます・・・
    出典 :ハッピー☆ダイエットライフ
     

    止めたらリバインド地獄・・・本当に悲し過ぎますね。

  •  

    これが食べられなくなるのは嫌ですね。

  • このダイエットは炭水化物を極端にカットするかわりに、肉などの蛋白質を多く摂取できる。肉食文化の背景をもつアメリカ人にとっては、炭水化物を抜いた食事でも容易に受け入れられるため、成功率も高くなるんだ。

    しかし日本人は元来農耕民族で、米や麺類といった炭水化物を好む傾向が強い。日本人に対して『肉が食べられるから簡単である』、という理論は成り立ちにくい。
    出典 :アトキンスダイエットの問題点(2)/危険なダイエット方法を痩身専門家が斬る!
     

    もともと炭水化物抜きダイエットはアメリカで開発されたものなので、日本人に合うかどうかは別問題ですもんねえ。

  •  

    アメリカ人を対象に開発されたものですから、日本人にはちょっときついかもしれませんね。

  • 短期的には効果があっても長期的な効果はないかもしれないということです。
    加えて炭水化物制限をしたグループでは、30~50%という高い脱落率を示していたことが指摘されています。効果的なダイエットでもつづかなければ仕方ない。とりわけ「主食を減らす」という食生活を大きく変える方法では、この点が問題になります。
    出典 :「低炭水化物ダイエットに待った」で話題の糖尿病学会プレスリリースを読んでみる(1) - メディカル・ライフハック!
     

    脱落率が結構高いのですね。

  •  

    長期間続かないのなら、リバウンドが怖いですね。

  • 脳で使うエネルギーの不足
    脳では、糖が唯一のエネルギー源です。たんぱく質や
    脂肪では代わりがききません。そして、脳はあらゆる活動で
    重要な役割を果たしますので、脳にエネルギーが足りないと
    いうことは、様々な点で支障をきたすでしょう。
    一番影響を受けるのが、知的活動。仕事で知的活動の割合が
    多いほど、場合によっては取り返しのつかない結果に発展する
    かもしれません。集中力の維持に支障をきたすからです
    出典 :低炭水化物ダイエット 長期続行は危険 >> 食べても太らないで痩せる方法
     

    ダイエットで仕事に影響でるのは問題ですね。

  •  

    脳が働かないと大変なことがいっぱい起きます。

  • 血中 LDL コレステロールの増加が見られたという点。

    LDL コレステロールというのはいわゆる「悪玉コレステロール」のことで、今のところは動脈硬化の最大のリスクとされています(この点についても激しい議論がありますが)。つまり炭水化物を制限することで、デメリットがあるのではないかという指摘です。
    出典 :「低炭水化物ダイエットに待った」で話題の糖尿病学会プレスリリースを読んでみる(1) - メディカル・ライフハック!
     

    悪玉コレステロールは増えて欲しくないですね。

  •  

    悪玉コレステロールはいろいろな病気の原因になりますから、増えるのは困ります。