不眠の原因と考えられる5つのポイント

不眠になってしまう原因として考えられる5つのポイントを挙げて紹介していきます。

view181

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 不眠症になってしまうのはなぜでしょうか?考えられる原因を下に5ポイント挙げて紹介していきます。

  • ①ストレスによるもの

  • 過度のストレスが原因で、不眠症となってしまう場合もあります。ストレスは交感神経を活発にはたらかせ、副交感神経のはたらきを阻害します。交感神経は心身を緊張状態にする役目を、副交感神経は心身をリラックスさせる役目をもっています。
    出典 :不眠症対策ガイド~不眠症の原因・対策・改善方法~
  •  

    現代社会を生き抜くために掛かるストレスが、睡眠を阻害している?

  • ②乱れてしまった生活リズム(体内時計の話)

  • 多くの現代人が不眠に悩むのは、大きく乱れてしまった人間の生活リズムに原因があります。人間のカラダと脳は、朝起きて夜寝るように作られていて、何万年もそのように機能してきました。それは、地球上の1日の単位24時間と、人間の体内時計(1日25時間)との1時間のズレを修正するために備わった大事な仕組みでした。しかし電気の登場とともに人間の生活は劇的に変化し、夜、太陽のない時間でも起きて活動するようになりました。残業、飲み会、テレビ、ゲーム、メール等で、本来眠っているはずの時間に脳は覚醒したままになり、うまく眠ることができなくなってしまったのです。
    出典 :質のいい睡眠をとろう!|ボディリメイク
  •  

    夜遅くまでPCの前で作業していませんか?

  • ③精神疾患による不眠

  • うつ病ではほとんどの場合に不眠がみられ、うつ病の重症度と不眠の重症度は相関しています。

    そのため、不眠を訴えていた人が実はうつ病の初期だった、ということがよくあります。また逆に、不眠が続いている人の多くが、うつ病を引き起こしやすいことも分かっています。
    出典 :2/3 不眠を起こす怖い病気 前編:心の病 [不眠・睡眠障害] All About
  •  

    不眠の原因は「うつ病」かもしれない。

  • ④アルコールによるもの

  • 飲酒が不眠の原因となる場合もあります。アルコールは副交感神経のはたらきを活発にしますから、一時的には睡眠導入剤として効果的な場合もあります。しかしこれは、脳のはたらきをアルコールの力で強引に抑制していることになります。人体には抵抗力があり、このアルコールが脳のはたらきを抑制する力に関しても、抵抗を試みます。
    出典 :不眠症対策ガイド~不眠症の原因・対策・改善方法~
  • ⑤身体的原因によるもの

  • 糖尿病、高血圧、前立腺肥大、慢性閉塞性肺疾患、アトピー性皮膚炎などに伴う
    出典 :不眠症| すいみん.com
  •  

    他の病気による弊害で不眠に陥る可能性も。