人へうつる?うつらない?肺炎の実体

肺炎は死亡し順位が上位で人へうつる可能性のある恐ろしい病気です。
そんな恐ろしい病気になってしまった場合、
大事な家族、友人、また周りの人達にうつしてしまったら…
そうならないようにきちんとした知識を知って対策をしましょう。

view1298

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  

    肺炎は死につながる病気というのをご存知でしょうか?
    抗生物質の進化によって昔より死亡率が大きく減りましたが、
    今もなお死亡順位が上位という恐ろしい病気です。

    しかし肺炎のイメージを一般の方9400人に調査したところ、7割の方々が
    「抗生物質で治る」「安静にしていれば治る」と回答しており
    「死につながる重症な病気」と認識している方が3割未満だそうです。

    もし簡単に治ると間違った認識をしてしまい、
    大事な人を危険にさらしてしまったら大変どころじゃないですよね。

    肺炎種類があり、
    人から人へうつるもの、うつりにくいものがあります。
    そのような特性などもふくめ、肺炎をしっかり理解し、
    効率よく予防していきましょう。


  • 肺炎とは?

  • 肺炎とは肺に炎症がおきる病気のことを「肺炎」といいます。
    細菌やウイルスなどの病原微生物により肺が侵される病気です。
    肺炎はさまざまな種類があります。
    出典 :肺炎について | 公立岩瀬病院
  • ①感染源を吸い込んで発病する細菌性肺炎
    ②ウイルス性肺炎
    ③真菌性肺炎などの感染性の肺炎(真菌とはカビの仲間の総称)
    ④薬剤性肺炎
    ⑤アレルギー性肺炎などの非感染性の肺炎
    出典 :肺炎について | 公立岩瀬病院
  • 肺炎の大部分は、前者の感染性肺炎です。
    細菌やウイルスは、呼吸をするときに鼻や口から身体の中に侵入しますが、
    健康な人は、のどでこれらの病原菌を排除します。
    しかし、風邪をひいてのどに炎症が起こっていると、病原菌が素通りして肺に入ってしまい炎症を起こしてしまいます。
    出典 :肺炎について | 公立岩瀬病院
  • 症状

  • 肺の病気、肺の炎症なので、呼吸症状が主体です。
    すなわち、咳や痰、ゼーゼー(喘鳴)などです。
    さらに、炎症の全身反応として、発熱して、食欲が低下し、水分も取れなくなって脱水症状を起こすこともあります。
    ひどい肺炎では、呼吸困難をきたして人工呼吸器を必要とすることもあります。
    出典 :肺炎について | 公立岩瀬病院
  • 昨年世界を震かんさせたSARSも、重症の肺炎(間質性肺炎)を起こして患者さんが亡くなりました。
    ただ、生まれて間もない赤ちゃんでは、あまり咳も出ないで、突然ショック状態や高熱、
    チアノーゼ(顔色が紫色になる)を起こし、レントゲン写真で初めて肺炎と診断されることもあります。
    また、高齢者でも食欲不振や元気がないなどの症状のみが前面に出る場合があるので注意が必要です。
    出典 :肺炎について | 公立岩瀬病院
  • 治療法

  • まずは病院へ

     

    まず肺炎が疑われる症状が出た場合、
    自分で判断せず、まずは病院にいきましょう。

    治療の基本は、安静、保温、そして水分補給でしょう。
    その他に、対症療法と原因療法を行います。
    対症療法とは、症状を緩和させる治療法であり、
    咳止め(厳密には、痰の排出を促進させる薬が多い)や
    解熱剤などを使用します。
    そして、
    肺炎の原因となった細菌やウイルスなどを退治する治療が原因療法です。
    細菌性肺炎やマイコプラズマ肺炎に対して、抗生物質を使います
    (マイコプラズマ肺炎にはペニシリンやセフェム系抗生物質は効きません。別の種類を使用します)。
    そしてウイルス性肺炎には抗ウイルス剤
    (インフルエンザなど、まだ極々一部のウイルスにしか効果がありません)
    を使用します。
    これは、入院治療も外来での治療も基本は同じです。
    入院した場合は、
    点滴で十分な水分補給を行い、同時に点滴から抗生物質を投与したりします。

  • 予防するには?

  • 肺炎にはうつりにくい肺炎とうつりやすい肺炎があります。
    それぞれを詳しく見ながら
    予防法を紹介していこうと思います。

  • うつりやすい肺炎

     

    うつる肺炎の代表は
    インフルエンザ肺炎や肺炎球菌による肺炎やSARS(サーズ)、
    それからマイコプラズマも飛沫感染すると言われています。

  • ・ インフルエンザ肺炎
    インフルエンザウイルスが気道に感染することで起こります。
    ・肺炎球菌による肺炎
    健康な人の口や喉にも見つかる肺炎球菌はそのまま発症しない人もいますが、体力や免疫力が落ちた時などに感染します。
    子どもやお年寄りに感染した場合は命の危険があります。

    出典 :◆肺炎はうつる?◆知っておきたい肺炎 -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  • ・ SARS
    重症急性呼吸器症候群のことで、SRASウイルスによって感染し息切れや呼吸困難や肺炎の症状が表れる病気です。
    ・ マイコプラズマ肺炎
    マイコプラズマ肺炎はオリンピックと同じ4年周期で流行する病気です。
    出典 :◆肺炎はうつる?◆知っておきたい肺炎 -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  • 【 これはうつる肺炎? 】
    今あなたに肺炎らしき症状が出ていたとして、以下の条件に当てはまる時はそれが感染力の強い肺炎かもしれません。
    ・ 風邪をこじらせていない
    ・ 学校や会社などでインフルエンザやマイコプラズマなどになった人がいた
    ・ うつらない肺炎に有効な薬が効かず、空ぜきや熱が続いている
    出典 :◆肺炎はうつる?◆知っておきたい肺炎 -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  • 呼吸困難などの症状が出てしまえばすぐにでも病院に行かざるを得なくなりますが、
    徐々に症状が悪化してくる場合は踏ん切りがつかずにかなり重度になってから病院に行く方が多くみられます。
    仕事をしていると尚更行きづらいとは思いますが、
    早く治すため感染拡大を防ぐためにも早めの受診をおすすめします。
    出典 :◆肺炎はうつる?◆知っておきたい肺炎 -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  • うつりにくい肺炎

     

    代表としては風邪をこじらせてしまって起こる肺炎や、
    誤嚥によって起こる肺炎があります。

    風邪といっても
    肺炎の可能性があるので十分に注意しましょう。

  • 風邪、インフルエンザ予防を!

     

    肺炎はインフルエンザ、風邪などが
    ほとんどの原因というのが上記でわかるかと思います。
    そのためインフルエンザ、風邪の予防が大切になってきます。

    基本的には手洗い、うがいが予防になります。
    ほかには食べ物や生活にも気をつけると
    さらに予防できるでしょう。
    ですがネットや本で探しても
    沢山種類があり、
    迷ってしまう経験をしたことがあるのではないのでしょうか?
    そこで、簡単で手軽にできる方法をピックアップし、
    まとめてみました。


  • 食べ物、飲み物

     

    誰しも毎日食事や水分補給をします。
    それらを風邪予防に利用してみましょう。

    何点か気にしてメニューを考えれば
    誰でも簡単にできる方法です。
    そして食事や水分補給は薬ではないので
    小さなお子様にも安全で安心、そして健康的な方法です。

  • 食べ物

  • ポイント1) 栄養のバランスのよい食事
    ウィルスに対する抵抗力・免疫力を高めるビタミン、ミネラルを十分にとりバランスのよい食事をとることがコツ!
    ●たんぱく質:基礎体力をつけ抵抗力を高める
    魚介類・卵・肉類・卵・大豆製品・乳製品など
    出典 :からだカルテ
     

    できれば一食の中ですべてをいれたいところですが
    沢山のおかずを作るのは出費や時間が必要になってしまいますので、
    難しい方は一日3食ですべてをとれる献立になるように心がけましょう。

  • ●ビタミンC:免疫力を高める
    イチゴ、みかん、キウイフルーツ、ブロッコリー、ほうれん草、イモ類など
    ●ビタミンA:のどや鼻などの粘膜を保護する
    ほうれん草、人参、カボチャなどの緑黄色野菜、うなぎ、チーズなど
    出典 :食事で風邪の予防ってできるのでしょうか? : タニタ運営[からだカルテ]
  • ●亜鉛:疲労回復、新陳代謝を活発にする、免疫機能を高める
    カキなどの魚介類、赤身の肉類、レバー、豆、ナッツ類、大豆製品など
    出典 :食事で風邪の予防ってできるのでしょうか? : タニタ運営[からだカルテ]
  • ポイント2)あったかメニューで体を冷やさない
    ウィルスの侵入を防ぐには、外敵と戦う免疫機能を高めることが大切です。 身体が温まり、血液循環がよくなるほど高まります。
    ●身体を温めるメニュー
    鍋、雑炊、おじや、うどん、スープ、スープ煮など
    出典 :食事で風邪の予防ってできるのでしょうか? : タニタ運営[からだカルテ]
  • ●身体を温める食品
    ねぎ、にら、にんにく、玉ねぎ、生姜、唐辛子など
    ※刺激成分や辛味成分には消化を助ける働き、殺菌効果もあり風邪予防に効果的です。
    のどが痛む時、胃腸の悪い時には控えましょう
    出典 :食事で風邪の予防ってできるのでしょうか? : タニタ運営[からだカルテ]
  • 飲み物

  • ◆風邪に良い飲み物
    体を温めてくれて、水分補給と少しの栄養補給になります。
    ★ゆずドリンク
    風邪に良い飲み物の筆頭でしょうか。作り方も簡単ですし、
    お湯に溶いて飲みますが、ほんのりとした香りが優しく、柚子の有効成分が体に浸透していく感じです。
    出典 :風邪に効く飲み物
  • ★ホットコーラ
    コーラにしょうがの絞り汁や、生姜のスライスを加え温めます。
    飲んだとたんに体がポカポカして、世界中で風邪に良い飲み物として利用されています。
    出典 :風邪に効く飲み物 風邪 おかゆの作り方は簡単(お粥)
  • ★レモネード
    レモンスライスか、絞り汁に蜂蜜を加え、お湯を注ぐだけ!
    レモン果汁を冷凍して置き、水に浮かべても夏の美味しい飲み物になります。
    出典 :風邪に効く飲み物 風邪 おかゆの作り方は簡単(お粥)
  • ★風邪に効くハーブティー
    市販のもので十分ですから蜂蜜を入れてのみましょう。
    生のミントを急須やポットでお湯を注ぎ蒸らして飲むのも爽やかです。
    ★しょうがドリンク
    しょうがのスライス1~2片か、絞り汁に蜂蜜を入れお湯を加える(レモン果汁少々加えると効果的)
    出典 :風邪に効く飲み物 風邪 おかゆの作り方は簡単(お粥)
  • ★ホットワイン
    こちらも欧米で風邪対策には常識のように人気のある飲み物です。ホットワインの作り方もいたって簡単です。
    ・赤ワインを温めます(安物で充分ですよ!)
    ・お砂糖を少々入れて飲みます(オレンジジュースを加えると効果的です)
    すごく暖まりますから、これを飲んだら直ぐにグッスリ寝るのが欧米の定番のようです。
    出典 :風邪に効く飲み物 風邪 おかゆの作り方は簡単(お粥)
  • ★天然のガス入りミネラルウォーター
    風邪で口が不味い時に、穏やかな優しい刺激が美味しい炭酸の入ったミネラルウォーターです。
    水分補給に!
    出典 :風邪に効く飲み物 風邪 おかゆの作り方は簡単(お粥)
  • レシピ

  • 上記ですぐ簡単にできるもので
    小さい子供でも飲める飲み物のレジピを紹介しようと思います。

  • ゆずドリンク

     

    ペットボトルや容器などでいっぱい作っておくと
    とても便利で手間がかからないのでこちらの作り方を紹介します。

  • ゆず果汁(無塩)30cc
    はちみつ50cc
    カップ入りガムシロップ4個
    塩(有塩果汁の場合は不要)ひとつまみ
    水1000cc
    出典 :お家で作るはちみつゆずドリンク♪♪
  • 1 計量カップにゆず果汁を入れます。
    2 ①にガムシロップ、はちみつ、塩、と入れたら、じょうごを使って1.8Lのペットボトルに入れます。
    3 ②の入ったペットボトルに水(ミネラルウオーターでも良い)を入れ、しっかり蓋を閉めて軽く振って混ぜ合わせます。
    4 冷蔵庫でよく冷して出来上がりです♪
    出典 :お家で作るはちみつゆずドリンク♪♪ by べじたみ [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが162万品
     

    甘さ、酸味、控えめにしています。お好みに合わせて調整してください^^

  • レモネード

     

    さっと作れる本当に簡単につくれると思います。
    ほとんど家にあるものかと思うので
    急なときにとっても便利ですね。

  • ポッカレモン 大さじ一杯
    砂糖 大さじ二杯
    水 200cc
    氷 適量
    出典 :超簡単レモネード
     

    はちみつなども加えたりしてもおいしいそうです。

  • 1 材料を全部ボウルに入れて混ぜる
    2 氷を入れたコップに1を移す
    ※氷は無くても良いですよ

    出典 :超簡単レモネード by ホクト君 [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが162万品
  • 肺炎についてまとめてみましたがいかがだったでしょうか?
    肺炎は普段の生活から予防できる病気です。
    最初は簡単なものから風邪予防をし、
    このまとめを参考に肺炎になりにくい身体作りを是非行ってみてください。