肝臓に効くアレやコレ【東洋医学的に】

お酒を飲む人はもちろん、飲まない人も肝臓は疲れていませんか?食べ過ぎ、脂や糖の摂りすぎ、薬やサプリメントの常飲で肝臓はくたくた…。疲労と肝臓も密接な関係にあるのです。
怖い病気になる前に、肝臓の小さい声に耳を傾けて!ツボや食習慣、今すぐできる事で大事な肝臓を労わってください。

view680

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肝臓さんは無口で頑張り屋

  • 大人しいけど、とても大事

  • 肝臓は沈黙の臓器といわれています。
    それは、肝臓は再生能力・代償能力に優れ、ダメージを受けても残った正常細胞が余分に働き、
    機能を維持するからです。

    肝臓は痛みなどの症状を出すことがあまりないので、そのため肝臓に異常があっても気付かず、
    異常に気付いたときには病気がかなり進んでいることがあります。

    出典 :肝臓|肝臓の機能・働き・位置 - 病気・症状チェック
  • アルコールの分解だけじゃない

  • 突然ですが、肝臓って何をしている臓器でしょうか?

    「アルコールを分解してくれる」
    正解ですが、それだけではありません。
    肝臓はエネルギーをつくり、胆汁をつくり、ビタミンを
    合成し、解毒もしてくれます。実に500種類の化学
    処理をすることから人体の『化学工場』と呼ばれる
    とってもありがたい臓器なんです。

    出典 :肝臓の健康を守れSP : ためしてガッテン - NHK
  • 肝臓が弱っている時のサイン

  • お酒を飲まない人も要注意



  •       疲れやすい
          食後眠くなる
          胃部の膨満感
          便秘
          肩凝り 首こり 特に右がこる
          暑さ寒さに弱い
          記憶力の低下
          取り越し苦労をする

    出典 :慢性の疲れは肝臓の疲れだよ。あきらめるな
  • お疲れの肝臓を元気にするために

  • ツボ押し

     

    臓が弱っている時?に、押すと痛みを感じるツボがあります。
    肝機能の状態を把握するのに押してみてください。

  • 太衝(たいしょう)のツボです。
    血を補うツボで、血に関連します。
    肝臓が疲れていると、この大衝のツボを押すと、痛みを感じます。太衝のツボは、左右の足の甲にあります。

    足の親指と人差し指の間の、骨の部分です。分かりやすく言うと、親指と人差し指の骨の間を、すべらせながらさわると、一番へこんだ部分があります。これが太衝のツボです。

    親指で押してみて下さい。肝臓に不調があると、痛みを感じるツボなので、肝臓チェックにもなります。

    出典 :肝臓の痛み?肝機能の疲れがピークに達しているサイン
  • 曲泉(きょくせん)のツボ
    膝を深く折り曲げた時にできる、シワの内側端くらいの、少し凹んだところです。

    この曲線のツボも、肝臓が弱っている人が、押すと痛みを感じるツボです。
    肝機能を高め、血行を良くし、むくみも取ってくれます。

    慢性的な、肝炎の人にも効果的です。
    出典 :肝臓の痛み?肝機能の疲れがピークに達しているサイン
  • 3秒くらい、ゆっくり押してみましょう。このように、ゆっくり押しては離す、の繰り返しです。

  • ツボ押し以外にも

  • 肝臓をあたためる

     

    こんにゃく湿布も◎

  • 濃い緑茶が肝臓にいい?

  • 肝臓にやさしい生活のために注意したい事

  • 食べ過ぎない

     

    食べ過ぎは、過剰な栄養の処理に追われて、肝臓が疲労する。

  • 食品添加物、農薬などの有害物質を避ける

    ・解毒、排出を担当する肝臓の負担を減らす。

    薬を常用しない

    ・薬も毒と同様、解毒のシステムに負担をかける。

    ・薬の中には交感神経を興奮させる作用があるものも多く、肝臓を疲れさせる。

    出典 :肝臓をよくする20の方法/ニュートリションセラピー
  • 良質で十分な睡眠を

  • 肝臓にとって睡眠とはなくてはならないものです。
    ゆっくりと休める唯一の時間だからです。
    肝臓という臓器は、沢山の栄養、血液が潤沢に滞りなく流通している状態をもっとも好みます。

    寝ている状態の時は、立っている状態と比べると約1,7倍ほど肝臓における血流量が増えるといわれています。
    更に神経もゆるみ体もリラックスしている状態なので、血流も潤沢で滞りなく流れることが出来るので、肝臓にとっては一日の疲れを取るのに一番いい時間帯なのです。

    出典 :睡眠と肝臓 | 漢方ブログ