理想の睡眠時間とは・・・?

睡眠は生活に欠かせないものですが、その理想の睡眠時間とはいったいどのくらいなのでしょうか。

view463

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 理想の睡眠時間は8時間?

  • 世間では一般的に8時間睡眠が理想であるといわれています。

  • 理想の睡眠時間は8時間、とよく聞く。しかし、それには根拠がない、というか、事実に反しているそうだ。

    「人が必要とする睡眠は人それぞれなのに、日本では、どこからきたのか、8時間睡眠が良い睡眠のように言われています。でも、8時間というのは、働き盛りの30代から50代の人たちの必要な睡眠時間からすると長すぎなんです。60代70代だと、もう6時間くらいしか必要なくなる。長く寝過ぎるとかえって調子悪くなることもあって、睡眠酩酊と呼ばれます。
    出典 :第3回 理想は8時間睡眠もウソだった! | ナショナル ジオグラフィック(NATIONAL GEOGRAPHIC) 日本版公式サイト
  • 3時間で睡眠を十分に取れる人もいる

  • 理想の睡眠時間といってもみんな同じというわけではなく、中には3時間で十分な人もいる。

  • その仕組みとしてまずレム睡眠とノンレム睡眠について知っておく必要がある。

  • 睡眠には2つ、ノンレム睡眠とレム睡眠というのがあって、本質的に異なります。特に先ほど述べた深い睡眠というのは、深いノンレム睡眠のことです。これは大脳皮質を冷却する睡眠で、霊長類などの高等動物で発達しました。一方、レム睡眠はより古くからある睡眠で体の休息、エネルギーの節約が主な目的です。ノンレム睡眠をしている中で、だいたい90分周期でレム睡眠が「侵入(sneak in)」してくるかんじですが、レム睡眠が浅い睡眠というわけではないんですよ。外部から刺激があっても、レム睡眠の状態は、浅いノンレム睡眠よりも覚醒しにくいと分かっています」
    出典 :第3回 理想は8時間睡眠もウソだった! | ナショナル ジオグラフィック(NATIONAL GEOGRAPHIC) 日本版公式サイト
  •  

    若年者と高齢者における睡眠の一般的な状態。横軸が睡眠時間、縦軸がノンレム睡眠の深さを示している。濃い青がレム睡眠、薄い青がノンレム睡眠。高齢者のグレーは目が覚めている時間だ。なお、ノンレム睡眠のステージ1と2が浅い睡眠で、ステージ3と4が「深睡眠」と呼ばれる。深睡眠を2時間以上取るのは10歳頃までで、それ以降はどんどん減る。一方レム睡眠の量は一生を通じてそれほど変わらない。このようなデータからも、レム睡眠は安定的で発生学的に古く、脳機能の成熟や衰えとともに減りやすい深睡眠は高等動物になってから発達したことを示していると考えられている。

  • これらをふまえた上でなぜ3時間睡眠で十分な人もいるのだろうか。

  • ノンレム睡眠とレム睡眠の移り変わりのパターンを見ると、レム睡眠はたしかに90分くらいごとに現れるので、その2回目を終えたあたりでちょうど3時間となる。その間、ノンレム睡眠はかなり深い状態が続く(ステージ3やステージ4)。3時間の短時間睡眠で済む人は、ここで効率よく頭も体も休められるのと想像する。
    出典 :第3回 理想は8時間睡眠もウソだった! | ナショナル ジオグラフィック(NATIONAL GEOGRAPHIC) 日本版公式サイト
  • 理想の睡眠時間は人によって異なる

  • 理想の睡眠時間は人によって異なる。そのワケとは・・・?

  • 燃費の悪い動物ほど長く寝なければならないわけですが、我々人間の中でもそれに近いことがあります。たくさんごはんを食べて運動していたアスリートが、現役引退した途端に基礎代謝が落ちて、睡眠も短くなる。引退がストレスになって眠れないと感じる人もいるんですけど、そうじゃなくて体がエコ型に移行して以前のような睡眠が必要なくなるんですね。高齢者が最たるもので、赤ちゃんに比べて体重あたりのエネルギー消費量が5分の1ですから。世界中の多数の睡眠研究をまとめたメタ解析のデータでも、8時間以上眠れるのは中学生くらいまで。70代になったら、正味6時間くらいしか眠れないし、眠る必要もないんです
    出典 :第3回 理想は8時間睡眠もウソだった! | ナショナル ジオグラフィック(NATIONAL GEOGRAPHIC) 日本版公式サイト
  • つまり人によってエネルギー消費量が異なるため、人によって理想の睡眠時間は異なるのである。

  • 理想の睡眠時間が取れず睡眠不足になると・・・

  • 仕事などで忙しくなかなか睡眠時間を確保できないという人もいると思います。

  • 睡眠不足の状態になると主に以下の4つのような症状が起こりえる。

  • 記憶力の低下

  • なぜ睡眠と記憶力が関係するのか?と思ったかもしれませんね。

    実は、人間は“ノンレム睡眠”の状態の時に日中の出来事を記憶する構造になっているんです。



    ご存知の通り、睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠の2つが存在します。

    レム睡眠はいわゆる『身体の休息』と言われており、脳は起きているが

    身体は眠っていると言う状態なんです。

    そして大事なのがノンレム睡眠。こちらは『脳の休息』を言われ、

    この時に免疫力を強化したり、新陳代謝を高めたりしています。

    日中の記憶もこの時に行われるんですね。



    睡眠不足というのは、睡眠している時間が不足していると言うよりは、

    ノンレム睡眠が不足しているということなんです。



    つまり、ノンレム睡眠が不足することによって自律神経の乱れや免疫力の低下に

    つながり、様々な病気が併発する恐れもあるんです。



    また、記憶力が低下するということは、仕事がなかなか頭に入らなかったり、

    大切な出来事もハッキリと思い出せない、なんて事もあるかもしれません。
    出典 :知ってましたか?睡眠不足が体に与える4つの影響 | 睡眠不足は恋する20代女性の大敵!
  • 肥満体になる

  • 睡眠不足の状態が続くと満腹中枢に影響を及ぼし、食べても食べても

    満腹にならないと言う状態に陥ってしまいます。



    食欲を抑えきれずに、つい食べ過ぎ傾向になってしまう為、気がついた頃には

    『肥満体』になってしまっているかもしれません。



    また、睡眠時間は長くても短くても肥満の影響があります。

    一番理想的な睡眠時間は6~7時間で、それ以上は食欲を増進する「グレリン」という

    物質が多く分泌され、それ以下は食欲を抑える「レプチン」という物質が少なく分泌されます。

    結果、食欲が増進され、肥満につながると言う事ですね。



    とはいえ、睡眠時間で重要なのは適正な時間ではなく『睡眠の質』です。



    あくまでも6~7時間が最適というのは「肥満傾向」に関してのデータなので、

    必ずしもそれだけ眠らなければ太るということではありません。



    睡眠の質がよければ日中も活動的になりますので、適度な運動を心がければ

    睡眠時間が短くても全く問題ないでしょう。
    出典 :知ってましたか?睡眠不足が体に与える4つの影響 | 睡眠不足は恋する20代女性の大敵!
  • 血圧への影響

  • 「ノンレム睡眠」は交感神経を休め、血圧が低くなるように調節する機能がありますが、

    浅い睡眠である「レム睡眠」は、自律神経が不安定になり、血圧の変化が激しくなったり、

    心拍数や呼吸が不規則かつ速くなります。



    眠りが浅かったり、夜に眠れない状態が続くと、交感神経が高ぶったままになってしまい、

    夜の血圧が下がらないのはもちろん、翌日になっても血圧が高いままになってしまいます。



    早朝に血圧が高い状態が続くと、心臓が肥大し、将来的に心不全のリスクが高まります。



    また、脳卒中や心筋梗塞は、朝起きてから1時間以内に起こることが多いので、朝方の高血圧は

    危険が多いのです。
    出典 :知ってましたか?睡眠不足が体に与える4つの影響 | 睡眠不足は恋する20代女性の大敵!
  • 精神的な影響

  • 皆さんよく勘違いをしていますが、睡眠不足が原因で自分の能力は、実はあまり低下しません。



    これは臨床結果に基づくもので、3日間まったく睡眠をとらなかったとしても、その後に10時間

    眠れば、日常生活においては当初と変わらないくらいに戻るというものです。

    (※運転などの機械を扱う作業に関しては、24時間眠らないと飲酒運転と同じくらいまで

    能力が低下します。)



    なにが言いたいのかというと、問題なのは仕事の失敗やケアレスミスなどを、

    「寝不足のせい」にすることです。



    睡眠不足では、確かに日中の記憶が知識として入って来づらいですが、

    特別何かを暗記したりする作業でなければ仕事には特に影響はないはずなんです。



    それなのに、「またミスっちゃった。・・・昨日眠れなかったしなぁ。」とよく言ってしまいますよね?

    まさにこれが問題なんです。



    ミスをしたことを寝不足のせいにする ⇒ ストレスが溜まる ⇒ 怒りっぽくなる・消極的になる ⇒

    不安になる ⇒ 眠れなくなる ⇒ 仕事でミスをする・・・という悪循環が生まれる原因になるんです。



    ですから、あくまでも寝不足をした次の日にミスをしたからといってそれを睡眠不足のせいにするのは

    やめましょう。

    “ミスはミス”として受け止め、それ以上ミスしないように努力する。それだけで十分ですよ^^

    必要のないストレスはかけないよう気をつけましょう。
    出典 :知ってましたか?睡眠不足が体に与える4つの影響 | 睡眠不足は恋する20代女性の大敵!
  • このように寝不足の状態にはたくさんのリスクがあります。

  • 快適な生活のためにも睡眠時間をきちんととることを心がけましょう。