糖尿病と、お酒の関係

意外と知らないお酒のカロリー。
病気になる前に少しは知っておくと良いかも?!

  • S 更新日:2013/12/16

view237

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 医者により異なる指導方針

  • お酒は必ずしも悪い事ではないですが、必要な栄養素というわけでもありません。
    医師によっては、指導方針がだいぶ異なる場合があります。

  •  

    既に持病のある方で、飲酒希望の場合は、事前に主治医に相談してからにしましょう。

  • お酒は太る?

  • もちろん太る可能性はあります。
    ただし、毎日のようにガブガブと飲み続けた人の場合です。

  •  

    今は色んな味の甘いお酒が増えていますが、女性はこのような甘いカクテルが大好きな傾向があります。

  • ビール腹

  • よく、太っているお酒好きな人のことを「ビール腹」と呼ぶ人がいます。
    ところが、実はビールはお酒の中でも低カロリーの部類に値します。

  •  

    ビールは、100mlあたりのカロリーは40kcal

  • お酒のカロリー

  • アルコール自体、カロリーが多めに含まれています。
    その量はなんと、1gに7kal!!
    こちらでは、それぞれのお酒、100mlあたりのカロリーを記載しています。(一部のみ)

  •  

    最も高カロリーなのが、ジンとウォッカ。

  •  

    次いで高カロリーなのが、ブランデーとウイスキー。

  •  

    焼酎は、乙類であれば146kalですが、甲類は200kalを超えています。
    飲むのであれば乙類にしたほうが良いです。

  •  

    ワインも、ビールほどではないですが、100kal以下というわりと低カロリーな部類のお酒です。