便秘を解消してデトックス体質になって、ダイエット効果を高めよう!便秘解消のコツとは?

身体に老廃物がため込まれた便秘の状態は、身体も重いし気分もさえない。そんな便秘を解消し、デトックス体質になることで、ダイエット効果を高めましょう。

view344

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 便秘とダイエットの関係ってあるの?

  • ●たまっているものを放っている腸はダイエットの敵

  •  

    便秘をした状態ではダイエット効果が出にくい

  • ダイエットをしているのだけれど、思ったような効果が出ない。あるいは、そんなに食べていないのになぜか太る。

    その原因は「便秘」にあるのかもしれません。便秘には、さまざまな原因がありますが、共通するのは腸の運動が鈍くなっている状態だということ。腸の運動が鈍くなれば、食事の後の「消化→吸収→排泄」という一連の働きがスムーズにいきません。

    通常、便が大腸の最後の部分である直腸に入ると、直腸は脳に「ウンチを出したい」というシグナルを送り、それが「便意」となります。ですが、腸がしっかり働かないと脳が「便意」のシグナルを感じにくくなり、便秘につながってしまうのです。
    出典 :便秘の「腸」を放っておくから太る!-便秘解消diet
     

    腸を正常に動かしてあげることが大事。

  • ●動かない腸は体脂肪をため込みやすい=太る

  • たとえば、あなたが朝食を摂らない人だとしましょう。腸は、食べ物が中に入ってきてはじめて動き出します。空っぽの腸は、いわば「からだの目覚め」をストップさせている状態。当然、エネルギー消費は低くなります。

    そう、「食べないこと」でかえって不必要な体脂肪を体内に溜め込んでしまう危険があるのです。
    腸が動かなければ、昨日食べたものが「便」になるチャンスも奪われてしまいます。本来排泄されるべきものが、お腹の中に溜まったままでは、次の消化活動のスピードを鈍らせます。

    便秘解消に朝食は大事

    これは、まさに腸内環境の悪化!

    「朝食抜き」を軽く考えてはいけません。「動かない腸」を抱えていると、体脂肪を増やすばかりでなく、便秘まで引き起こしてしまうわけです。
    出典 :体脂肪を溜め込みやすい「動かない腸」-便秘解消diet
     

    定期的な規則正しい食生活も大事

  • イヤーな便秘を解消するライフスタイルのコツって?

  •  

    頑張ってもどうにもならない、、、便秘の苦しみ。

  • 便秘知らずの人には「ただの便秘」ですが、慢性な人からするとこの便秘に左右される生活は、悩みの種ですよね。

    便秘のときは、いつもより食物繊維を多めに摂取したり、意識して運動をして、それでもダメならお薬の力で解消している方が多いのではないでしょうか? 下剤は胃腸にとって刺激物になり炎症の原因にもなります。
    出典 :便秘を解消して、デトックス体質になる[1/2ページ]|ウーマンエキサイト コラム
     

    便秘に悩む人は意外に多い・・・

  • ●朝、起きぬけにコップ一杯の水を飲む

  •  

    寝る前にベッドサイドに準備しておいても。

  • 朝は何を口にしますか? 今日から起きてすぐ口にするのは、コップ1杯の水にしましょう。

    起き抜けの水は、寝ているときに失った水分を補うだけでなく、便をやわらかくしてお通じを促します。私たちには「胃-大腸反射」とうものがあります。胃に食物が入ることで、腸の動きを促します。これは空腹のときにより効果があるため、朝おきて5分以内、というのが効果的なのです。これは毎朝の習慣として行いましょう。
    出典 :便秘を解消して、デトックス体質になる[1/2ページ]|ウーマンエキサイト コラム
     

    身体を起こしてくれますよね。

  • ●「の」の字を描く、簡単腸マッサージ

  • (1)「の」の字を描くように時計まわりにマッサージ(お腹の図)
    腸は「の」の字でお腹の中にあります。流れに沿って行うことで、腸の動きを促します。

    (2)腰~おしりにかけてのマッサージ(腰~おしりまでの図)
    「の」の字マッサージの次は、腰〜おしりにかけてマッサージもセットで行います。「腸マッサージはトイレで、あともう少しでスッキリするのになあ」というまさにその時にも効果的です。 コツは息を吐きながら、行います。手の摩擦で皮膚表面が少しあたたかくなる程度の力で「サッ」となで下ろします。
    出典 :便秘を解消して、デトックス体質になる[2/2ページ]|ウーマンエキサイト コラム
     

    起きた後に水を飲んだらマッサージ