【日々の疲れを睡眠で解消しよう!】夜に安眠するための方法!

昼間にデスクワークなどで疲れた頭や体を睡眠で楽にしましょう!
その方法についてご紹介しています!

view242

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 疲れって睡眠で解消できるの?

  • はい!もちろんできます!

    ただし、個人差があるため解消できる人と解消できない人がいます。

  • よく眠れば疲れってとれるんでしょ?

  • いいえ、そうではありません。

    【睡眠の質】が重要となってくるのです。

  • 長いほどいい、というわけでもないのが、睡眠時間。浅い眠りで長く眠るよりは、短くても熟睡できる方が、疲れがとれることもあります。このカギを握るのが、眠りに入った直後からの3時間。
    出典 :質のいい眠りとは?「睡眠」×「質」=美人の法則 - WOMENJAPAN.COM(ウーマンジャパン)
  •  眠りにはリズムがあります。就寝後すぐに現れるのが「ノンレム睡眠」で、「脳の眠り」といわれる深い眠り。その後「体の眠り」といわれる浅い眠りの「レム睡眠」となり、これが一晩に4~5回くり返されます。
    出典 :質のいい眠りとは?「睡眠」×「質」=美人の法則 - WOMENJAPAN.COM(ウーマンジャパン)
  • 特に就寝後3時間の一番深いノンレム睡眠で、脳を休ませてメンテナンスをしているため、いかにこの時間に深い眠りを得られるかが大切。そのためには、眠りに入るまでの時間が短いことがポイントです。
    出典 :質のいい眠りとは?「睡眠」×「質」=美人の法則 - WOMENJAPAN.COM(ウーマンジャパン)
  •  

    【ノンレム睡眠とレム睡眠の交代周期】

  • じゃあ、睡眠の質を高めるには?

  • 1.寝る時間は不規則でも起きる時間は規則正しく
    出典 :睡眠の質を高める5つのアプローチ - 自由日記
  • 2.朝は強い光を浴びる
    出典 :睡眠の質を高める5つのアプローチ - 自由日記
  • 3.就寝3時間前からの食事は避ける
    出典 :睡眠の質を高める5つのアプローチ - 自由日記
  • 4.夜のテレビ、パソコン、スマートフォンの使用を避ける
    出典 :睡眠の質を高める5つのアプローチ - 自由日記
  • このように安眠するためには、寝る前には行ってはいけない行為というものがあります。

    特に、スマートフォンのメールチェックなどは光によって脳が活性化してしまう恐れがあるため
    避けるべきであるとされています。

  • じゃあこの4つを守れば安眠できるの?

  • いいえ、それだけでも十分といえば十分ですが、まだ足りていない部分があります。

  • 室温は睡眠の質に大きな影響を与えることが分かっており、身体が暑い、寒いと感じると深い睡眠から呼び起こされることで睡眠の質が悪化します。研究によると、睡眠にとって最適な室温は華氏60度(15.6℃)から68度(20℃)と比較的低いことが判明しています。
    出典 :睡眠の質を高める3つのシンプルな方法 - GIGAZINE
  • またこのような研究成果も発表されています。

  • 質のよい睡眠のためのキーワードは『体温』です。
    出典 :就寝前の温めで睡眠の質を高めよう - goo ヘルスケア
  • 人は体温が高い状態から急激に下がると眠くなります。就寝前に体温をしっかり上げると、体の表面、特に手足からの放熱が促されて体温がすとんと下がり、スムーズに眠りにつくことができるのです。
    出典 :就寝前の温めで睡眠の質を高めよう - goo ヘルスケア
  • 蒸しタオルや湯たんぽ、温熱シートなどで体をダイレクトに温めることも、体温を上げるとても良い方法です。中でも効果があるのが目と首を温めること。
    出典 :就寝前の温めで睡眠の質を高めよう - goo ヘルスケア
  • どうやって体温を上げればいいの?

  • さまざまなアイテムがあります!

    重要なのは「目と首」を温めることと記述してありましたので、

    それにのっとってご紹介します。

  • 著者のおすすめ

     

    働き続けた目を心地よい蒸気で温めるアイマスク。
    約40℃の心地よい蒸気が10分程度続き、大切な目と目元をやさしく包み込みます。
    それはまるで目の蒸気浴。
    一日の緊張感から解き放たれて、気分まで奥からじんわりほぐれていきます。
    目元にぴったりフィットする薄型シートです。
    ※特許取得済(蒸気が出るアイマスク)【第3629956号】
    ※医療機器ではありません

  • 著者のおすすめ

     

    首や肩、腰、おなかに直接貼って温める医療機器。
    心地よい蒸気の温熱で、じんわり深く温めて患部の血のめぐりをよくし、肩コリ・腰痛をじっくりほぐします。
    ●快適温度約40℃が5~8時間持続
    ●動きに密着する薄型シート
    ●アウターにひびかず、ニオイもありません。
    ●肌あたりがやさしい適度な蒸気。衣服はぬらしません。
    ●効能効果:温熱効果
    ●一般医療機器

  • これら2つがおすすめなのね?

  • はい、私のおすすめです!

    ただこのほかにも、似たようなグッズは販売されておりますので使用者様の体に合ったものをご使用ください。

    また、蒸しタオルでも問題はありませんので、試しに蒸しタオルで目や首をあたためても良いですよ!

  • ※ここで紹介したのはあくまでも一例です。

    睡眠の質を改善できるのは、あなた自身なので自分に合った方法を選んで実践してみてください。