甘い物を食べすぎると糖尿病になる。貴方は糖尿病を勘違いしていませんか?

糖尿病は太った人だけなる病気。若い人や子供は糖尿病にならない。自覚症状がないと糖尿病ではない。これらは全て間違いです。糖尿病という病気は勘違いされやすい症状です。特に、甘い物を食べすぎると糖尿病になるという誤解が非常に多いようです。でも、本当はそうではありません。

view647

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 糖尿病とは

  • 糖尿病:知識ゼロから薬を学ぶ(第一章) - YouTube

     

    ちょっと長いですがかなり詳しいです。

  • 糖尿病は甘い物を食べすぎるとなる?

  • 糖尿病(とうにょうびょう、拉,独,英,スペイン語,ポルトガル語: diabetes mellitus)は、血糖値(血液中のグルコース(ブドウ糖)濃度)が病的に高い状態をさす病名である。ひとことに血糖値が高いと言っても、無症状の状態から、著しいのどの渇き・大量の尿を排泄する状態、さらには意識障害、昏睡に至るまで様々であるが、これらをすべてまとめて、血糖値やヘモグロビンA1c値が一定の基準を超えている場合を糖尿病という。
    出典 :糖尿病 - Wikipedia
     

    ここで大事なのは血糖値が病的に高い状態をさすことです。

  • 糖尿病を正しく理解すると、糖尿病は甘い物を食べようが、辛い物を食べようが関係ないことがわかります。

  • 糖尿病は肥満の病気?

  • 糖尿病とは血糖値のバランスの問題です。

  • 血糖値とは血液中のブドウ糖の濃度のことを言います。食物が摂取されて血糖値が上がると瞬時に膵臓からインスリンが分泌されます。このインスリンの分泌量が少なかったり、十分な量が分泌されていても働きが悪いと慢性的な高血糖の状態が続きます。これが糖尿病です。血糖は食事の影響を受けやすく、食後に高くなります。その他、発熱や過度の痛みやストレスでも高くなります。血糖は極端に高すぎたり低すぎたりすると昏睡を起こします。
    出典 :血糖値、尿糖値、HbA1c
     

    糖尿病で大事なのは血糖値を下げる、インスリンの分泌量と働きです。これが悪いと糖尿病です。

  • 血糖値をチェック

  • インスリンって

  • 糖尿病予防

  • 糖尿病を抑えるためには均等に食事をすること

  • 自分の体質を知る