脳にヤル気を出させるたった一つの方法 無理やりにでも行動する

脳にヤル気を出させる方法の一つである、”無理やりにでも行動する”方法について解説していきます。

view289

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ヤル気が出ない。何もしたくないという気分の時ってありますよね。そんな場合どうしたらいいかを下に記します。

  •  

    ヤル気が無い。だらだら過ごしてしまうときどうしたらいいの?

  • 「無理矢理にでも行動する」

  • やる気を出すには、「無理矢理にでも行動する」ことが大事ということです。
    出典 :どうしてもやる気がでない時に自らを奮い立たせる方法 | nanapi [ナナピ]
  • 「行動していない時には、やる気はでない」ということです。
    脳には側坐核(そくざかく)という部分があります。やる気というのは、この側坐核がポイントになります。この側坐核というのが働き、脳内物資が出るとやる気がでてくるというメカニズムになっています。
    出典 :どうしてもやる気がでない時に自らを奮い立たせる方法 | nanapi [ナナピ]
  • 側坐核の働き

     

    この側坐核というのは、「作業をすると活発に動き出す」という傾向にあります。作業興奮と呼ばれたりしますが、興奮すると脳内物質がでるのです。

  • 行動方法

  • ヤル気が出ない時の、具体的な無理矢理に行動させる方法を紹介します。

  • ①やる前のルールを決める。

  • まずは、行動をするルールを決めてしまいます。ルールづけは何でもいいのですが、「作業の前にすること」としておくのがいいでしょう。ここではたとえば「コップいっぱいの水を一気に飲む」などにします。
    出典 :どうしてもやる気がでない時に自らを奮い立たせる方法 | nanapi [ナナピ]
  • ②作業の明確化を行う。

  • そして、その作業ですることを明確にしておきます。「勉強する」などではなく「この英単語帳の10ページから20ページまでを50分で暗記する」などを決めます。あまり長時間のものにすると、だらけてしまうので、短期にしておくとよいでしょう。
    出典 :どうしてもやる気がでない時に自らを奮い立たせる方法 | nanapi [ナナピ]
  • ③実行する

  • そして、何かやる気を出したい作業の時に、STEP1で決めたルールを実行します。例ですと、作業の前に水を一気に飲む、などをします。

    このルールは何でもいいのですが、気軽に出来つつ、特殊なものにしておくといいでしょう。
    出典 :どうしてもやる気がでない時に自らを奮い立たせる方法 | nanapi [ナナピ]
  • ④習慣化完了

  • ルールを決めたら、最初の何回はすぐに行動をする、というのを心がけます。最初はツライのですが、行動をすればやる気が出るので大丈夫です。これを何度か繰り返しておくと「水を一気飲みすると行動する」という習慣づけができるようになります。

    次からは、やる気がでないなーという時には、水を飲めばなんとかなる、という風に思うことができます。
    出典 :どうしてもやる気がでない時に自らを奮い立たせる方法 | nanapi [ナナピ]
  • まとめ

  • ヤル気が出ない場合、何もしないとヤル気が出ないまま過ごすことになってしまいます。つまり、行動しないからやる気が出ないという事です。
    何か習慣化して、無理やりにでも行動することでヤル気を起こさせるきっかけを作ることが大切です。