できる前に!妊娠線ケア

一度できてしまうと消えないと言われている妊娠線。できてしまってからでは遅いんです。妊娠中のママさん注目!手遅れになる前に妊娠線ケアをしましょう。

  • Hachi 更新日:2013/12/25

view534

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠線ができる理由

  • 急激なお腹の成長により表皮は伸びるのに対して、真皮や皮下組織の一部は伸びにくいためお腹の大きさについていけず、亀裂が生じ赤紫色の線状斑が現れます。これが妊娠線です。
    出典 :妊娠線のできるしくみと予防時期、予防方法 - はっぴーママ.com
  • 美容皮膚科医の片山聖子先生によると、妊娠中に分泌が増えるステロイドホルモンに、肌のターンオーバーを抑制させ、肌が元気に生まれ変わることができにくくなる働きがあるのだそう。元気がなくなった肌は弾力を失い、断裂も起こりやすくなるというわけです。
    出典 :実は知らないことばかり!? 妊娠線の原因と予防法 [チビタス特集] All About
  • 一度できてしまったら消えない!?

  • 皮膚の表面の傷はすぐに治りますが、真皮にできた傷やダメージは治りにくいもの。そのため、次第に目立たなくはなるものの、できてしまった妊娠線は自然に消えることはありません。
    出典 :できてしまった妊娠線が消えない理由
  • ほとんどの場合には、完璧には消えないということは頭に入れておく必要があります。だからこそ予防が重要なのです。
    出典 :妊娠線は消えるの? | 妊娠線の予防ガイド
  • できやすい部分

  • 妊娠線のできやすいところは、お腹周り、おしり、胸が多く見られますが、妊娠中の急激な体重増加によって太ももに妊娠線ができることもあります。もしも、妊娠中に急に肉付きのよくなった部分があれば、そこは妊娠線のできやすい場所だと思ってください
    出典 :妊娠線とは e-妊娠
  • 具体的には、お腹はもちろん、おしりや太もも、足の付け根、二の腕などにもできやすく、意外なことにバストにも注意が必要です。ちなみに私は、安心し切っていたふくらはぎの裏にまで妊娠線ができていたのを見つけ、「もうスカート履けない(涙)」と、悲鳴を上げた経験があります。
    出典 :妊娠線ができる場所
  •  

    妊娠線ができる部分って結構広範囲なんですね。

  • 妊娠線ケア、いつから始めればいいの?

  • 妊娠線(にんしんせん)というと、お腹が大きくなる6ヶ月以降に目立つ妊婦の肌トラブルだと思われがちですが、実は妊娠初期から妊娠線になりやすい部分には注意が必要です。早めにケアを始めていれば、肌に妊娠線が必要以上に増えることを防げます。
    出典 :妊娠線とは e-妊娠
  • 妊娠中期にお腹が大きくなってから始めると、すでに皮膚が伸びているので進行を止めることしかできません。妊娠初期から中期にかけて、徐々に体型が変化する時から妊娠線の予防をしておくことが大切です。
    出典 :妊娠線のマッサージ
  • 体重管理をしっかりして妊娠線予防

  • 妊娠線を予防するためには、体重をコントロールして急激なサイズアップを防ぐこと。
    出典 :実は知らないことばかり!? 妊娠線の原因と予防法 [チビタス特集] All About
  • 保湿が大切

  • 肌が保湿されて潤いがあれば、お腹が大きくなる時に皮膚が引っ張られても順応しやすいのです。妊娠したら早めに肌の保湿を心がけて、お腹がおおきくなる妊娠中期以降に備えましょう。また、例え妊娠線ができてしまっても保湿は続けます。皮膚が乾燥してしまうと妊娠線の部分が痒くなりがちです
    出典 :妊娠線の予防
  • 身体の保湿ケアも、顔と同じように、基本は水分補給したら油分で膜を張り、やわらかく柔軟性のある肌を保持することがポイント。うるおい肌キープには毎日のケアが必須なので、入浴後など時間を決めて、ケアを習慣づけていきましょう。
    出典 :妊娠線予防 私の秘策、教えます! - gooベビー
  • 塗るといいタイミングは朝と夕方(もしくは夜)の2回でいいです。
    乾燥しがちなお風呂上りには必ず塗りましょう。
    出典 :妊娠線の修復に大事な『保湿ケア・マッサージ』:妊娠線とは:妊娠線予防サイト | 妊娠線を消す方法
  • 妊娠予防線クリーム を塗り込む時に、力を入れて、あまり強くこすり過ぎるのはNG。 湯上りの裸でリラックスしたときに塗る。 マッサージしながら、赤ちゃんに話しかけるイメージで。
    出典 :妊娠線ケア
  • 妊婦帯(ガードル)を着ける

  • 妊娠線の直接的な予防とはいえませんが、マタニティガードルや腹帯をして適度に大きなお腹を支えてあげると、皮膚の伸びが抑えられ妊娠線の予防に結びつくことがあるといえるでしょう。
    出典 :腹帯で防ぐ
  • マタニティガードル をすることで、 大きなおなかをしっかり支えてよい姿勢を保つ効果や、 おなかをかいてしまって肌を傷つけるのをケア(予防)するという効果はあります。
    出典 :妊娠線ケア
  •  

    妊娠線のケアには妊婦帯を着けるだけでは不十分なようですね。

  • おすすめ妊娠線予防クリーム

  • Mama&Kids

     

    育児、子育て雑誌でも紹介されている人気のママ&キッズの妊娠線予防クリーム。
    産後赤ちゃんの保湿クリームとしても使えます。
    無香料なのでつわりが酷いマタママさんにも優しいですね。

  • madonna

     

    オーガニックの妊娠線予防クリーム。
    ジェルタイプやオイルタイプ等の種類があります。
    こちらも産後、赤ちゃんに使用できます。