誰もが通る道?”親知らず”まとめ

知られているようで意外と知られていない”親知らず”についてまとめてみました。

  • ATGC 更新日:2013/08/29

view571

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 親知らずとは?

  • 親知らずとは?

     

    基本的な情報について。

  • 親知らず・親不知(おやしらず)とは、ヒトの歯の一種。下顎第三大臼歯および上顎第三大臼歯の事を指す。知恵歯(ちえば)、智歯・知歯(ちし)とも呼ばれる。

    下顎第三大臼歯と上顎第三大臼歯は、思春期後半から20歳以降に生え始めることが多いが、現代人では全く生えそろわない場合も珍しくない。
    出典 :親知らず - Wikipedia
  • 赤ん坊の歯の生え始めと違い、多くの場合親元を離れてから生え始めるため、親が歯の生え始めを知ることはない。そのため親知らずという名が付いた。また、乳歯が永久歯の「親」と考えると、親知らずには、対応する乳歯が存在しないので、「対応する乳歯が無い=親知らず」として命名された、という説もある。


    親知らずのことを英語では wisdom tooth という。これは物事の分別がつく年頃になってから生えてくる歯であることに由来する。
    出典 :親知らず - Wikipedia
     

    語源について。

  • 狭鼻猿類やヒト科に属するチンパンジー・ゴリラ・オランウータンなどは永久歯が32本であり[1]、当然人類も32本が本来の数である。しかしヒトの第三大臼歯は退化の傾向が著しく、人類進化の早期に既に縮小・退化が始まっている。スイスの人類学者ヨハネス・ヒュルツェラー (Johannes Hürzeler) によると、オランウータンを除いたゴリラなどの類人猿では臼歯の中で第三大臼歯が最も大きく、これは原初的な人類でもあるパラントロプス属も同様であるが、北京原人[2]では既に第三大臼歯は第一・第二大臼歯より小さくなり、この傾向は現生人類にも受け継がれている。

    のみならず、現生人類では第三大臼歯そのものが生えなくなりつつある。
    出典 :親知らず - Wikipedia
     

    進化上の位置づけについて。

  • 生えないだけでなく、生えても方向や位置が異常であるなど、咀嚼に役立たない歯である場合が多い。但し、現生人類でも知歯の生え方には差があり、一般に黄色人種では欠如が多く、白色人種や黒色人種、オーストラリアのアボリジニなどは萌出する事が多い(親知らず事始め)。しかしそれらの人種についても第三大臼歯は他の大臼歯より小型で、全般的には退化の傾向が強い。これは、ヒトにおいては将来第三大臼歯が消失し、永久歯が28本になる可能性を示す。
    出典 :親知らず - Wikipedia
  • 原因については、初期人類が固く粗雑な食物を摂取しており、頑強な歯と顎が要求されたのに対し、人類の文化の発展と共に火で加熱するなどして柔らかくした食物を食べるようになって歯と顎が縮小した事も考えられる。しかし人類が火を使用し始めた時期がまだはっきりしない[3]など、詳細は不明である。
    出典 :親知らず - Wikipedia
     

    原因について。

  • むし歯でもないのに、なぜ親知らずは痛いのでしょうか?色々なパターンがありますが、特に親知らずが歯肉を押し分けて出てくる時に歯の上にある歯肉が、上のアゴの歯に噛まれて傷ついたりすることが多いようです。また、歯の周りに汚れがたまっていたりすると、細菌感染により炎症を起こし智歯周囲炎なります。こうなると口が開かなくなったり、熱が出たりして痛むようになります。
    出典 :親知らずって何?!~あるとないでは大違い~ | 歯の豆知識 | 大阪市北区 歯科医院 江上歯科(阪急・御堂筋線中津駅)
     

    親知らずの痛みについて。

  • 親知らずへの対処

  • 親知らずになったら?

     

    どのように対処したらいいのでしょうか。

  • 親知らずの特徴として、よく口腔内に不都合や疾患を起こすことが挙げられる。
    歯が横向きなどで生えてくることで、歯茎や顎の骨を圧迫して痛みを与えることがある。
    横に生えた親知らず(水平埋伏知歯)は磨き残しを発生させやすく虫歯や歯肉炎を誘発し、隣り合う健康な歯をも失うことがある。
    生えている途中に顎関節症などを併発する可能性がある。
    親知らずの影響で咬み合わせが狂い体のバランスが崩れることがある。
    人生に大きく影響を与える時期(大学受験・就職活動など)に痛みが継続的に発生する可能性がある。
    出典 :親知らず - Wikipedia
     

    親知らずの特徴について。

  • このような問題が起こる、あるいは想定されると、歯科医により抜歯などの対処をすることになるが、歯そのものや神経は健康であることが多いため、その治療は非常に負担がかかる。特に下顎においては、麻酔を打っても痛みがある場合もあり、術後に麻酔が切れた後の痛みやだるさも、他の歯の抜歯の場合より激しいことが多い。神経(下歯槽神経)を傷つけた場合には、麻痺や痺れが残ることがある。神経に特に近いと思われるときには、抜歯の計画を立てる際にレントゲンやCTなどによる検査を行う。一方、上顎の親知らずを抜歯した場合、副鼻腔の一つである上顎洞(英語)と口腔が交通して、口腔機能の欠落や上顎洞炎を引き起こす事がある。また、治療時の長時間の開口による顎関節症も懸念される。
    出典 :親知らず - Wikipedia
     

    親知らずになった際の問題点について。

  • 現代人のアゴの骨は進化して小さくなっています。しかし、歯の大きさは昔の人とあまり変わってはいません。ですから、一番最後に出てくる親知らずはスペースが狭く正常には出てこない場合が多いのです。一部分だけ頭を出しているだけであったり、斜めに傾いて出たり、アゴの中で水平になったままのこともあります。このような状態になると、むし歯・智歯周囲炎・歯並び悪化・顎関節症の原因となります。本来、歯はなるべく抜かずに残したいのですが、残しておいても百害あって一利なしなのです。たとえ抜いても通常の生活や食事には全く影響はありません。
    出典 :親知らずって何?!~あるとないでは大違い~ | 歯の豆知識 | 大阪市北区 歯科医院 江上歯科(阪急・御堂筋線中津駅)
     

    親知らずは抜いてしまってもいいのか?

  • まっすぐに生えず、腫れたり痛くなったりした親知らずは、抜歯するのが最も確実な治療法になります。親知らずは一度抜けば、その後一生トラブルに悩まされる心配はなくなるからです。

    抜歯を少しでも先送りしたい場合、予防的ブラッシングのほかには、親知らず周囲の歯茎の修正や、歯と歯茎の隙間部分の洗浄などを行なうなどの対処法が一般的です。
    出典 :親知らずの治療・抜歯のリスクと注意点 [歯・口の病気] All About
     

    親知らずの最も確実な治療法について。

  • ・術後の腫れ
    ・簡単に抜けない
    ・ドライソケット
    ・顎周辺の麻痺
    ・上顎洞の感染
    出典 :親知らずの治療・抜歯のリスクと注意点 [歯・口の病気] All About
     

    親知らずを抜くことのリスクについて。

  • 関連リンク

  • より詳しく知りたい方はこちら