脳梗塞の原因と症状を探ってみました

脳の血管が詰まって血流を止めてしまうのが原因で、脳細胞が死亡(壊死)する病気が脳梗塞です。その原因と症状をまとめました。

view459

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脳梗塞とはどのような病気か?

  • 脳の細動脈に血栓、凝固塊、脂肪塊、石灰片、腫瘍塊などが詰まって血流を止めてしまうため、脳細胞が死亡(壊死)する病気です。
    出典 :脳梗塞
     

    日本では、病気を原因として死亡する人の約二割が脳卒中(脳梗塞、脳出血など)で、ガン、心臓病に次いで死亡率の3位を占めています。

  • 脳血栓と脳塞栓

  • 脳梗塞は、その発生機序によって、脳血栓と脳塞栓に大別することができます。
    脳血栓は、脳血管に生じた血栓により脳血管が詰まって脳血流障害を起こすものです。
    脳塞栓は、血液中の血栓、空気、脂肪、腫瘍などの異物が血液の流れに乗って血管中を移動し、脳の血管を閉塞させて(詰まらせて)しまうことで起こる脳血流障害です。
    出典 :脳梗塞と脳血栓 - Yahoo!知恵袋
     

    両者の割合は、「脳血栓症」が約70%、「脳塞栓症」が約30%です。

  • 脳血栓

  • 脳の動脈の動脈硬化が進むと、動脈の内腔が狭くなり、その部位に血液のよどみができます。そのため、徐々に血栓(血液のかたまり)ができて、血栓が血管の内腔をつまらせてしまう(閉塞)のが脳血栓です。


    出典 :脳血栓とは
     

    症状、治療方針などがちがうために二つに分けられています。

  • アテローム血栓性脳梗塞

     

    脳に酸素や栄養を運ぶ太い動脈(主幹動脈)の内腔に、血栓によって狭窄や閉寒がおこるのがアテローム血栓性脳梗塞です。

  • フクナ梗塞

     

    脳の深部にある毛細血管に閉塞がおこるものがフクナ梗塞です。

  • 脳血栓の症状

  • 半身の運動麻痺や感覚障害、言語障害(失語症など)、および視野の障害が出ます。はじめは軽い症状だったのが、時間がたつにつれて徐々に麻痺が進行する場合が多くあります。1~2日かけて徐々にひどくなっていきます。
    出典 :脳血栓症|脳卒中の原因と症状 -予防法や治療方法-
     

    就眠時に発症することが多い。」

  • 脳血栓の前触れ

  • 脳血栓の特徴

     

    ●動脈硬化などの血液の流れが停滞して起こります。
    ●降圧薬を飲みすぎた場合や急激な血圧低下、脱水症状による血液の濃縮が誘因となります。
    ●一過性で片側のマヒや、片方の目の視力障害が前触れで起こることがあります。

  • 脳塞栓

  • 脳以外の部位でできた血液凝固塊が血栓となるほか、脂肪塊や腫瘍細胞、ときには細菌などが血流とともに脳に至り血栓と同じように脳細動脈を塞いで発症。
    これが原因で血流が止まることによって脳細胞が死滅、脳神経に障害が生じる。
    出典 :脳梗塞 脳血栓 脳塞栓
  • 脳塞栓

     

    心臓弁膜症、心筋梗塞、心筋症、不整脈などの病気で心臓機能が低下して心臓に生じた血栓が脳まで運ばれて発症します。

  • 脳梗塞の症状

  • 突然、脳の動脈が詰まってしまうため、脳梗塞の中では最も重症になりやすく、症状も急激にあらわれやすくなります。
    出典 :心原性脳塞栓症の原因と症状
     

    突然発症するので、時と所を選びません。

  • 心因性脳塞栓

     

    心原性脳塞栓症の症状は、日中の活動時に突然起こることが多く、手足の運動マヒ、感覚障害、意識障害などが一気に起こります。