食べたい!でも痩せたい!そんな「食べて痩せる」方法って!?

夢ですよね。
食べてるのに・・・痩せるなんて!

でも、もしそんな“方法”があったら?
「食べて痩せる」
その夢、実現するかもしれませんよ♪

view701

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 食べて痩せる食生活のすすめ

  • ななななんですってーー!?食べ過ぎじゃなくて「栄養不足」が原因だったって・・・ビックリ!

  • ●たんぱく質が不足すると、筋肉量が落ちて“痩せにくく”“太りやすくなる”

    たんぱく質は、体を作るうえで欠かせない三大栄養素の一つ。主に魚や肉、豆類などの食品に含まれていますよね。筋肉を作るのに欠かせない栄養素でもあるので、「不足すると筋肉になりません。するとどうなるか……代謝が悪くなって、痩せにくい体になってしまいます。脂肪もつきやすくなるので、逆に太りやすい体になります」。
    出典 :ダイエットしても痩せない! それは、たんぱく質が不足しているせい? - Peachy - ライブドアニュース
     

    なるほど!筋肉が落ちて代謝が悪くなるってことかぁ~ぶよぶよになるってことか~はぁ~・・・。

  • 極力カロリーを摂りたくないから、こんにゃくや寒天でお腹を満たす。サラダにかけるのはノンオイルドレッシングで、飲み物は水かゼロカロリー&ローカロリーの清涼飲料水。肉・油・炭水化物を極力食べずに、サラダばかりを食べる食生活……。このような食生活だと必要な栄養が不足し、消化・吸収・代謝機能が低下してしまいます。また、ゼロカロリー&ローカロリーは熱量がない食材なので、体が熱を生み出せずに冷えを招いてしまいます。冷えると体は脂肪を蓄えようとするので、ますます脂肪を燃やすことは困難に!
    出典 :2/6 「食べないのに痩せない」理由と正しいダイエット方法 [食事ダイエット] All About
     

    冷えて脂肪を蓄えようとする・・・体は体である意味「がんばって」くれちゃうんですね~・・・体に悪いことしちゃった・・・。

  • 体を温める代表的な食材がしょうがです。しょうがにはジンゲロールとショウガオールという体を温める成分が含まれています。
    ジンゲロールよりもショウガオールの方に体を温め作用が高くあります。生のしょうがにはジンゲロールが多く含まれているのですが、加熱することでジンゲロールがショウガオールに変わって増えます。しょうがは加熱して使いましょう。
    しょうがに熱湯をかけてしょうが白湯にして飲んだり、ココアや紅茶などにしょうがを入れてもおいしく飲めます。温かいものを飲むことと、しょうがに熱を加えショウガオールが増えることで体が温まります。スープに入れたり、炒め物、煮物に加えたりしてしょうがをたくさん食べましょう。しょうがは1日10g程度とると体が温まることをよく実感できます。20g以上とると胃腸障害を起こす可能性があるので、それ以上はとらないようにしましょう。
    出典 :体を温める必要アリ!冷え性改善で痩せやすい体質でダイエット成功 | DietBH ダイエット効果あるある
     

    体を温める効果のあるものも含めて、積極的に食べて体を温めよう♪

  • 規則正しく食べてやせる

  •  

    やはり基本は1日3食、規則正しく食事すること。そして、3食の食事時間を5~6時間あけるようにすれば、ドカ食いや間食を防げ、体脂肪を効果的に燃焼することができます。

    引用)http://diet.goo.ne.jp/kihon/san/001.html

  • 1日の食事配分は活動量にあわせて朝は多めに、そして、昼、夜とだんだんと軽めにするのが基本。目安としては「朝食5:昼食3:夕食1」くらいの配分が理想的です。
    出典 :やせる三要素[規則正しく食べてやせる] - gooダイエット
     

    朝にいっぱい!夜はちょっぴり!