バリアフリーの家

私たちの家は、どんな身体になったときでも、対応してくれる間取りと
設備、段差のない、温度差のない。
換気・高気密・高断熱
ダニ・カビ・結露を防ぎ、住まいを健康に保つ

view238

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 熟年世代が第二の人生を楽しむ、自由設計・ぬくもりアル住空間
    それぞれのパーツ選びは
    建売なら、尚のこと家のパーツは確かめおきたい。
    家に使われた材料や、パーツ、(断熱材)外壁材その他・・・・・
    狭いスペースでも安全に楽に移動ができるか。
    キッチン
    クルマ椅子使用に対応した高さであるか。
    在宅支援型キッチンであるか・・・・
    キッチン・浴室・トイレとの導線はあるか・余裕に開口部か。
    日当たりの良い寝室確保
    浴室
    2本のポールが洗い場での立ち座りと歩行をたすける。
    シャワーカーテンで仕切り滑らない「すのこ」で段差をなくしましょう。
    ヒーターを設置・暖かくしてお風呂を楽しみましょう。
    廊下からトイレの中にも手すりを設置、車椅子から便座へうつれる高さを確保。
    トイレのドワをアコーデオンカーテンにしてしまうなど・・・
    トイレ用ヒーターを設置して暖かくしておくことが大切。
    このように、最も日常で多く使われる水回りを一定の温度に保つ工夫と
    利用しやすい高さと手すりの設置、段差を除去して安全確保
    費用はお国が持つと言うことにならないのでしょうか。