乳幼児突然死症候群(SIDS)が心配なママに見て欲しいうつぶせ寝のメリット&デメリット

乳幼児突然死症候群(SIDS)が心配なママに見て欲しいうつぶせ寝のメリット&デメリットを紹介します。

view1764

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 赤ちゃんのうつぶせ寝のメリット

  • うづふせ寝の子はよく眠り、夜泣きをしない

  • うつぶせ寝と仰向け寝で、赤ちゃんの睡眠や意識の状態を比べてみました。深い眠りのノン・レム睡眠も、浅いレム睡眠も共にうつぶせ寝の方が長時間で、良く眠ることがわかります。そして目覚めてもグズらず、あまり夜泣きをしません。このことは母親にとって楽な反面、つい目を離してしまう危険性があります。
    出典 :生後6カ月までのうつぶせ寝には気をつけて
     

    あまりにも快眠するため、ママが「つい目を離してしまう」という点が少しこわいですね。

  • うつぶせ寝にすると吐かない

  • 胃の入り口は背中側なので、仰向けでは胃の上部にゲップが溜まり、胃の内容物を容易に食道へ逆流させてしまいますが、うつぶせ寝では入り口が上向きになるのでゲップが出やすく、また胃の内容物が下の部分に溜まるので、吐かないのです。
    出典 :赤ちゃんのうつぶせ寝に対する不安を解消する為に知るべき8つのこと | iGotit
     

    ゲップが出やすく、というのはいいですね~。

  • うつぶせ寝は成長を促す

  • うつぶせ寝にすると頭を持ち上げようとしたり手を伸ばしたりしようとして、背筋や肩や首の周囲の筋力を使う為、運動能力を発達させるので、首すわりや寝返り、ハイハイなどの時期が早まることに繋がります。体を動かすことで睡眠の質も高まるのです。

    また、顔の向け方が左右均等になるので頭の形も良くなります。肺側が下になって心肺機能を高めることから、未熟児では呼吸や循環に良い影響を与えると言われています。
    出典 :赤ちゃんのうつぶせ寝に対する不安を解消する為に知るべき8つのこと | iGotit
     

    たしかに頭の形は良くなりそう!

  • 赤ちゃんのうつぶせ寝のデメリット

  • うつぶせ寝の子に突然死が多いのは事実です。しかしよく調べてみると、このような子にはもともと脳の中枢に異常があって、睡眠から目覚めるときの反応が低下しているらしい、とわかりました。普通なら、ちょっとくらい呼吸ができなくてもすぐ回復するはずです。特に、母親や家族がタバコを吸っていると、胎児や新生児の脳に血液の循環障害が起こり、この覚醒反射が鈍くなります
    出典 :生後6カ月までのうつぶせ寝には気をつけて
     

    SIDSの原因がうつぶせ寝、というのは少し違うようですね。

  • 私も心配で、検診時に聞いてみましたが
    「何度でも、しっかり首を持ち上げることが出来るなら大丈夫」と言われました。
    その場で見てもらい、「この位自由に動かせるなら大丈夫でしょう」と、
    言われたので、無理には戻しませんでした。
    出典 :うつぶせ寝大好き赤ちゃん。乳幼児突然死症候群が心配で不眠… : 妊娠・出産・育児 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
  • 赤ちゃんをうつぶせ寝させる際の注意点

  • 自分からうつぶせで寝るようになったら、ベッドや布団をアイロン台くらいの硬さにする、シーツをたるまないようにピンと張る、枕を使わない、周囲に顔を覆う可能性のある物を置かない、などの注意は払っておく必要があります。
    出典 :赤ちゃん&子育てインフォ|インターネット相談室 【泣き・夜泣き・眠り】Q&A
  • 乳幼児突然死症候群の発症が多いのは、生後2~6ヵ月(特に66日目あたり)。この間は、いくら良く眠るからと言っても赤ちゃんをひとりにしてはいけません。人工栄養も因子のひとつなので、できるだけ母乳を与えましょう。受動喫煙や過度の保温、うつぶせ寝への注意すること。その他、寝かしつけるときにくわえさせたおしゃぶりを、眠ってもそのままにしないように。
    出典 :生後6カ月までのうつぶせ寝には気をつけて
  • 生後6ヶ月までは赤ちゃんを一人にしない

     

    うつぶせ寝でも仰向けでも共通して言えることだと思います。