他人事ではない!身近な社会不適応症候群

社会不適応症候群とはどのようなこでしょうか。また、自分、あるいは身近な人がそうだった場合の対処法はどのようなことをすればいいのかまとめてみました。

  • kei 更新日:2014/02/13

view461

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 社会不適応症候群とは

  • 心の病では無いと主張する医師も多い。自分に自信が無い。即ち「自立」していない青年に多い、と言われている。但し、精神神経疾患としてマニュアル化されている症状もあり、医師の助けが必要な場合も多いそうです。

  • 社会不適応症候群

     

    非常に範囲の広い言葉で、学校や職場で強いストレスを感じ、長く続く。或いはその事を想像すると「胃腸の不全感」や「不安感」が出る。等のケースを総称してこう呼ぶ。雅子様で有名になった「適応障害」もこの中に入る。

  • その心は社会生活の中で病みついたものである、行動の中で傷ついたものであるとして、行動生活、社会生活の中で心も身体もとらえます。きっかけとしてアレルギー、感冒、過労、天候の影響で発作が出ますが、発作の出た生活が、その後どうなっていくのか、心や身体がどうなっていくのか、天と地がひっくりかえるようになる場合もあるでしょう。
    出典 :行動医学(6)
  • ハウスダスト、花粉、真菌、薬品や添加物、感染やストレス、あるいは入浴や天候不順までも発作の誘因とするならば、家庭での関係や職場、地域での人間関係も誘因となることがある故に喘息は「社会生活不適応症候群」の一つとも解釈されます。
    出典 :行動医学(6)
  • 社会不適応症候群に似た症状

  • 青い鳥症候群

     

    自分の適職はこれでは無いと夢見て転職を繰り返す症状

  • 出社拒否症候群

     

    職場のストレス等に依って、会社に行けなくなる症状。実際に出社時刻になると眩暈、吐き気、緊張感、下痢等が出る。

  • 燃え尽き症候群

     

    (Burnout Syndrome)大きな仕事や研究をやり終えた後に、虚脱感に襲われ、朝起きられない、会社または職場に行きたくない等の状況に陥る。「うつ」状態になる場合もある。1974年に米国で発見されたそうです

  • 脳の働かせ方で分かる社会不適応

  • 「そうじ」でも「洗濯」でも「食事」でも何でもいいのですが、このどれかのことを実行している最中に「嫌なことのイメージ」や「不安なことのイメージ」が頭に思い浮んで、おこなっている「実行」が中断したり、辛くなって止めたり、やりっぱなしにして後片付けをせずに放置する、ということがあれば「社会不適応」の脳の働き方
    出典 :「社会不適応」の人の脳の働かせ方とはこういうものです
  • 「社会不適応の人」の脳は、大脳新皮質は正常に働いていません。
    出典 :「社会不適応」の人の脳の働かせ方とはこういうものです
  • もし、社会的不適応症候群じゃないかと不安になったらカウンセリングを